予防の常識・非常識

皆さんこんにちは。中里デンタルクリニックアシスタントの石橋です。
季節の変わり目につき、どうぞお身体にはお気をつけください。
さて、今回は予防の常識・非常識についてです。虫歯や歯周病の予防について、ありがちな誤解をまとめてみました。
【常識1】歯周病は歯を失う怖い病気ではなく、セルフケアと歯科のサポートで歯は残せます。
「歯を失う怖い病気」というイメージが強い歯周病。ですが、テレビのCMなどでみられるように、短期間で歯がグラグラになって抜け落ちてしまうことは普通ありません。統計的には、歯周病になりにくい人が1割、残りの8割の人はゆっくり進行していきます。歯周病を予防するには、セルフケアだけでなく、歯周病の早期発見が重要です。早く異常がわかれば、その分早く手が打てます。そのためには、歯科医院で定期的に検診を受けることが大切です。もし歯周病になっていて治療を受けたのなら、治療が終わった時がスタート地点です。再発を予防するために検診に通いましょう!

~check~タバコで歯周病が10年早く進行する!
タバコは歯周病の進行を早めます。約4800人の初診患者さんの喫煙状況と歯周病の進行度を比較したところ、中等度・重度歯周病の方の割合が、30代の喫煙患者さんと、40代非喫煙患者さんでは同じくらいとなりました。また、40代の喫煙患者さんと50代の非喫煙患者さん、50代の喫煙患者さんと60代の非喫煙患者さんでも同じような割合でした。つまり、「タバコを吸っている人は、吸わない人より10年歯周病の進行が早くなる」と言えます。歯周病の予防のため、タバコを止めることをお勧めします(加熱式タバコも同様です)。

【常識2】歯周ポケットには歯ブラシだけでは落とし切れない汚れがあります。
歯茎の溝の中はプラーク(細菌の塊)が溜まりやすい場所で、溜まったプラークは歯周病の原因になります。そのため、この部分を歯ブラシで注意して磨いている方も多いことでしょう。ですが、歯ブラシでは溝の中のプラークは完全には取り切れません。しかも、溝の中に無理に歯ブラシの毛先を入れて磨くことを続けると、歯茎が傷つきやせ、虫歯になりやすい歯の根面が露出してしまいます。歯茎を傷つけずに綺麗にプラークを取り除く磨き方を、歯科医院で教えてもらいましょう。歯茎の深い溝や歯周ポケットの中のお掃除もお任せください。歯と歯の間をデンタルフロスや歯間ブラシで磨くことと、虫歯予防のためにフッ素入り歯磨き剤を使うこともお忘れなく。

【常識3】虫歯になるのは甘いものを沢山食べているからではなく、食べ方が問題です。
甘いものを控えているはずなのに、虫歯になってしまう。それは甘いものの「食べ方」に問題があるのかもしれません。飲食後、お口の中では、細菌の生み出す酸や、飲食物の酸により歯の成分が溶け出し(脱灰)、その後、時間をかけて唾液が成分を歯に戻していきます(再石灰化)。溶かす力が戻す力を上回る状態が長時間続くと、虫歯になっていきます。この時、甘いものの「量」以上に、食べる「頻度や時間」が問題となります。ひっきりなしに甘いものがお口の中にあると、唾液が歯を修復する時間が取れません。ですから、のど飴を絶えず舐めていたり、ドリンクをちびちび飲んでいたりすると、虫歯になりやすいのです。野菜ジュースやスポーツドリンクなど、ヘルシーなイメージのものにも意外に砂糖は入っていますので注意が必要です。

歯科医院では、皆さんのお口の状態や生活習慣に合った予防の方法をご提案しています。毎日のセルフケアにお役立てくださいね。