笑顔の印象変わります! 初めてのホワイトニング

 こんにちは。中里デンタルクリニック.アシスタントの荒谷です。11月の半ばに入り、とうとう八戸でも初雪が降りましたね。寒さも一段と厳しくなりましたので、体調の管理等、気をつけてお過ごしくださいませ。

「ホワイトニングって一度はしてみたいけど、しみるって聞くし、歯に悪いんじゃない?」なんて、思われている方が多いかもしれません。しかし、そんな心配は無用です。ホワイトニングの薬剤には、むし歯菌や歯周病菌を減らす殺菌作用がある上、ホワイトニング直後の歯を適切にケアすると、むしろむし歯に強い丈夫な歯にすることができるのです。ホワイトニングにトライしてみたい方へ、知ってびっくりな最新情報をお届けします。

【⒈ ホワイトニングは歯質強化のチャンス!】
 日本のメーカーが開発したホワイトニング剤は、日本の患者様のニーズにこたえて、独自の開発がされています。漂白成分を低濃度に抑える一方、基材を工夫して、より高い漂白効果と低刺激性を両立したホワイトニング剤へと進化しているのです。こうした薬剤の進歩に加え、さらに耳寄りな情報もあります。実は、ホワイトニングの薬剤はオキシドールの仲間で、殺菌作用があるので、唾液に浮遊しているむし歯菌や歯周病菌を減らす効果が期待できるのです。もう一つ、最近注目されているのが、ホワイトニング直後に起きている歯質の強化です。ホワイトニングをすると、歯を覆っている透明な膜「ペリクル」がはがれるのですが、この膜がなくなることで、唾液のカルシウムなどの成分が邪魔されずに歯に戻り、歯質が硬く丈夫になっていることが様々な研究によって明らかにされています。

【⒉ なぜホワイトニングは歯医者で行うべき?】
 日本で現在、厚生労働省に認可されている歯のホワイトニング剤は、歯科医師が処方するもののみです。最近は日本でも、海外の薬剤がネットで手軽に入手できるようになりました。そんな中気になるのが、自己流ホワイトニングの弊害です。むし歯に気づかず薬剤を使って歯髄炎が起きたり、薬剤の使い過ぎで歯茎を傷めてしまう事例が少なくないのです。実はホワイトニングは、歯周病で歯茎が腫れた状態で行うと、薬剤が歯茎から染み出る血液ばかりに反応してしまい、肝心の歯に十分に働きません。また、効果が上がらないからと長時間薬剤を使うと、殺菌作用で歯周病の症状は改善するものの、ただれや知覚過敏が悪化するなどのトラブルが起きがちなのです。日本では、日本特有の事情から、ホワイトニングは歯科医師の処方で行われています。

 以上、簡単に説明しました。それでも気になることはたくさんあると思います。自己流で行わず、まずはお口の健康診断も兼ねて、ぜひ中里デンタルクリニック.にきて、お気軽にご相談ください!