気になる口臭止めましょう

皆さんコロナがまだ慌ただしい中、きちんと歯科医院に通って下さってありがとうございます。中里デンタルクリニックの勤務医の小松洋介です。

皆さんは口臭の原因を「胃腸の不調が原因だ」なんて思っていませんか❓実は、口臭の原因の約9割はお口の中にあり、特に歯周病は、強烈な口臭の元凶なんです。爽やかなミントの香りでごまかしても、それはほんの一時しのぎ。くさい臭いを、歯科治療とセルフケアで元から断ちましょう

口臭がやっかいなのは、なかなか自分では気づけないことです。しかし周りの人が口臭について指摘するのは心苦しく、結果的に無頓着に過ごしている方も少なくありません。実際、国内外の口臭調査では、大体3人に1人くらいに口臭があることがわかっています。ただし、心配しすぎることはありません。ほとんどの口臭は、歯科の治療とセルフケアで治るからです。口臭についての誤解を解き、お口の健康と爽やかな息を取り戻しましょう。

実は口臭は多かれ少なかれ誰にでもあります。自分で気づくことは少ないですが、健康な人にも軽い口臭があり、これを私たちは「生理的口臭」と呼んでいます。例えば朝起きた時は誰でも軽く口が臭いますが、これは寝ている間に口腔の中の唾液が減って細菌が増えやすいからでこういう口臭は朝食を食べたりすれば人の鼻では感じないレベルに下がるのでほとんど問題になりません。また食物による臭いは一時的なものです。

その一方問題となるのは病的な口臭です。健康な人の口臭に比べ、ずっと攻撃的で不快感の強い臭いがします。胃が原因で口臭になるのはありますがその場合はかなり胃が大変な状況になっています。病的な口臭で圧倒的に多いのは実は歯周病が原因の口臭です。つまりほとんどの口臭は歯科治療とセルフケアで治せます。「しばらく歯石をとってない」「近頃歯ぐきが浮く感じがする」なんてことはありませんか?ぜひ歯科医院で口臭を「治療」しましょう

攻撃的な臭いの正体は細菌の出す「ガス」です。歯周病菌は強力な酵素を持ち盛んにタンパク質を分解しますが、この時の硫黄化合物ができ揮発するので強い臭いがするんです。

元から断つにはまず歯周病を治す。歯周病は歯周組織の溝のところに細菌が溜まって歯ぐきや骨を溶かしていきます。歯周病菌が揮発性のガスを出すことで臭いがします。歯周病も段階があり、歯肉炎、軽度歯周炎、中等度歯周炎、重度歯周炎と進行してしまいます。

ぜひ歯科医院に来て定期検診をしていくことで口臭も治していきましょう