メインテナンスにおいでください

皆さんこんにちは中里デンタルクリニック勤務医の小松 洋介です。もしかして、こんな経験ありませんか。歯が痛くなって歯科医院を受診したら他にも悪い所が見つかって不安になったり、治療が終わって「もう大丈夫」と思っていたら、しばらくしてまた悪くなった経験はありませんか?

お口の環境を改善して病気のげんいんを減らさないと新たなトラブルと治療ぼいたちごっこになってしまいます。虫歯や歯周病になりにくいお口に変えるため、定期メインテナンスを始めましょう。定期メインテナンスとは、歯科医院でうけられるプロフェッショナルケアのことです。虫歯や歯周病の原因を調べ、対策を売って原因を減らして歯や治療した所を守り長持ちさせていきます。悪くなってからではなく、普段から定期的に歯科医院に受診していただけると、虫歯や歯周病の兆候をチェックし、早急に対策をうって、長期的にお口の健康を守っていくことが可能になります。

日本人の平均では40、50、60代で急に歯の喪失が急激に大きくなる。メインテナンスを受けてる40、50、60代の歯の喪失は大きくなく比較的残すことができます。メインテンスを受けてる患者さんであれば8020は達成することはそれほど難しいことではないです、まして10代20代のうちから定期的にメインテナンスを受けていればほとんど歯を失わずに80代を迎えられる可能性も大いにあります

虫歯と歯周病も知らないうちに少しずつ壊れていく病気である。壊れてから気づいて治療しても手遅れになってしまうこともあります。早めに気づいて対策を取るため定期的なメインテナンスを始めましょう。

歳をとっても入れ歯やインプラントと無縁でいられて歯の悩みを一生味わわずに済んだら、どんなに気が楽で晴れ晴れと過ごせるか、人生の最後まで肉もタコもイカも美味しく食べられ、しっかり栄養を摂って元気でいられたらどんなに楽しいか想像してみて下さい

治療の必要なところが次々にできて不安だ。治療が辛くて歯医者さんが苦手。痛い歯以外にも悪いところが見つかる。毎日歯磨きしてるのに虫歯や歯周病になってしまう。詰め物の下に虫歯が入り込んだことがある。治すたびに治療が大きくなって将来が不安。歯磨きすると歯茎から血が出る。以前より歯に物が詰まるようになった。若い頃より歯が長くなった気がする。口臭が気になる。これらの項目に当てはまる人ほど定期メインテナンスがオススメです。治療を受けるための歯科医院から気持ち良くて楽しい歯科医院へと歯医者さんとの新しい付き合いを始めませんか?