お口に効く‼︎プロバイオティクス

皆さんこんにちは‼︎ 中里デンタルクリニック、歯科助手の山内です。

今回はプロバイオティクスについてお話しします。

 

そもそも「プロバイオティクス」が何かご存知ですか?

プロバイオティクスとは、腸などの細菌のバランスを改善して私たちの身体に良い効果をもたらす生きた細菌のことです。ヨーグルトやキムチ、ぬか漬け、納豆などの発酵食品に多く含まれています。

 

プロバイオティクスの効果として「腸の細菌の群れのバランスの改善」はよく知られていますが、お口の中にはどんな良い効果があるのでしょう?

進められた研究によって、腸と同じくお口の中でもプロバイオティクスの効果が見込めることが明らかになってきています。

お口の中には約1000億個の細菌が住み着いていて、問題を起こす虫歯菌や歯周病菌は普段は大人しい菌なので、プロバイオティクスによってバランスを改善できればその活動を抑え込むことができます。

 

ただし、どんなプロバイオティクスでもお口の中で効くわけではありません。整腸作用のあるヨーグルトを食べても虫歯や歯周病を防げるわけではないのでそこは誤解しないでください。

というのも善玉菌といっても様々な種類があり、それぞれ少しずつ特徴も効果も異なります。整腸作用に優れたプロバイオティクスがお口にとどまって働いてくれるとは限りません。

そこでお口にはお口に効きやすいプロバイオティクス、つまりお口にとどまって良い作用をすると確認された善玉菌の中から、特に優れた菌株が選ばれています。お口に使われるプロバイオティクスは主に乳酸桿菌とビフィズス菌族で、そこから選りすぐりの菌を使ってお口向けのプロバイオティクス製品も販売されていますので、ぜひ探してみてください。

 

また、なぜプロバイオティクスは歯周病の改善に効くのでしょうか?

そもそも歯周病は歯周病菌がお口の中で引き起こす感染症のことです。

歯周病を治療するにはプラークと呼ばれる磨き残しと歯石を取って菌を減らすとともに歯周病菌の活動を抑え込む免疫力の活性化が重要になってきます。

実は、お口と腸の免疫機能は普段から協働していて、プロバイオティクスにより腸の環境が改善されるとお口の中の免疫力がアップするだけでなく、腸の免疫物質が歯ぐきにも届いてサポートをするので治療がよりスムーズになることがわかっています。