中里デンタルクリニック.のお知らせ

新型コロナとお口の関係

みなさんこんにちは!中里デンタルクリニック.歯科衛生士の木村です。
長かった冬が終わり、暖かい春がもうすぐそこですね。コロナでまだまだ不安が多い日々ですが、春の風の匂いで気持ちだけでも明るくなれる気がしますよね。今回はそんな新型コロナとお口の関係についてお話します。

 

現在、世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス。国内でも少しづつワクチン接種が始まりましたが、変異種などが発見され、収束までにはまだ時間がかかりそうですね。そんな中、感染症対策として注目されているのが「歯磨き」なんです。実は現在の研究では、危険なウイルスが体内に入り込む際に「歯周病菌がその手引きをしている」ことが明らかになってきています。お口のプラークをていねいに除去し、歯周病予防することが「感染症対策になる」ことがわかってきました。

 

お口なかで歯周病菌が増える原因はお手入れ不足です。歯磨きを怠ってプラークが溜まったり、歯周病の巣になった歯石を放置していると、歯周病が起きてしまいます。歯磨きのポイントは、歯ブラシの毛先が的確な場所にきちんと当たっているかを意識しながら歯磨きをすること。また、普段から歯科医院に通って歯石を取り、クリーニングを受けたり歯磨き指導を行っていると、いざというときに違いが出ます。
さらなるアドバイスとしては、殺菌作用のある薬剤の入った歯磨き剤を使って、歯磨きの効果を上げることです。薬用歯磨き剤に含まれているCHXやCPCは、歯につくプラークの表面にしみついて、長い時間抗菌性を発揮します。また、IPMPはプラーク内への浸透力があり、比較的短時間で殺菌作用を発揮します。

 

人類はこれまでスペイン風邪をはじめ、次々に変異したウイルスに襲われてきました。ワクチンや特効薬がなく、病いの正体すら不明ななかでも克服できたのは、感染しても発病しなかったり、重篤にならずにすんだ人がいたから。つまりからだの防御力のおかげです。防御力の低下はさまざまな要因で起きますが、歯周病でも起きます。コロナウイルスは、もともとは風邪ウイルスとして知られ、ほとんどの人が5歳頃までに感染し鼻風邪や喉の風邪を引き起こす程度で、世界中にパンデミックを起こすような恐ろしいウイルスではありませんでした。しかし、新型コロナウイルスは、コロナウイルスの強毒版。近年までたいした敵ではなかっただけに、私たちは特効薬とワクチンなしの素手で、立ち向かわなければなりません。
こうした時に重要になるのは、基本に忠実な予防策です。ウイルスとの接触を最小限にすること、接触したことを想定して洗浄を怠らないこと、そして防御力を低下させないため、お口の清潔と体調管理を心がけることです。ただ、歯磨きを丁寧にといっても、自己流ではなかなかきれいに磨けないもの。ましてフロスや歯間ブラシの使い方になると、プロの指導が欠かせません。また歯石は歯磨きでは取れず、歯周病菌の巣になってしまうため、ふだんから歯科医院に通って除去してもらっておく必要があります。
今後ウイルスの勢いが下火になっても油断せず、次の大波に備えて、歯科医院で歯周病を治し、予防指導を受けて、ウイルスへの防御力をあげていきましょう!

顎が痛いことありませんか?!

皆さん、こんにちは。中里デンタルクリニック.アシスタントの畑中です。3月も後半に入り、少しずつ暖かくなってきました!新学期に向けて準備をしている方もいれば、花粉に悩まされている方もいるのではないのでしょうか?今日は顎についてお話ししていこうと思います。

 皆さんは顎に痛みが出る、開かなくなる、口を開けるときに音がするということはありませんか?その場合顎関節症の可能性があります。こうした症状が起こる理由は、顎関節のどこに何が起きているかによって異なります。そしてそのタイプは1つ目は筋肉痛、2つ目捻挫、3つ目クッションのずれ、4つ目骨の変形の4つに分けられるのです。ご自分の顎関節症がどういうタイプであるかを確認してみていただければと思います。

①筋肉痛タイプ
症状としては、口を開けたときに痛みがある。頬がだるい、重い。顔がゆがむことがあります。症状の改善には、筋肉をほぐすのが効果的ですので、筋肉マッサージや開口ストレッチを繰り返ししていただくのが効果的です。慢性的な方の筋肉のこりが治りにくいように、顎の筋肉も慢性的になると、治りにくくなります。症状が出て数日から数週間は筋肉痛レベルだったものでも、何ヶ月も放置されると筋肉がこりかたまって、マッサージの効果も出にくくなるため早期に対応した方が治りが早いことが多いです。

②ねんざタイプ
症状としては、口を開けたときに痛みが出ます。改善には安静後、痛みが引いいたらストレッチをしましょう。炎症が起きている状態ですので症状の改善には安静にすることが大切です。負担がかかるほど炎症が悪化するので、「痛い」と思うような顎の動きは避けましょう。

③クッションのずれタイプ
症状としては、2つあります。1つ目は口を開けるときにカクッとかポキッと音がしたり、口を開けようとしても、引っかかったように開かない。2つ目は、大きく口を開けようとすると痛みがあるなどがあります。1つ目の症状の場合は、痛みがなく音がきになるだけであれば治療の必要はなく、経過観察をさせていただくことが多いです。2つ目の症状の場合は、顎関節の内部の変化に伴い、次にあげる項目の骨の変形タイプに移行することがありますので、定期的な検査が大切になります。

④骨の変形タイプ
症状として、口を開けようとすると痛みがある。引っかかるような感じがする。顎の関節からザラザラと擦れるような音がするということが起こります。クッションのずれタイプを長い期間放置して悪化すると、骨の変形タイプに移行することが多いです。注射治療が必要な場合もあれば骨の変形に要する期間は長いので、経過観察も大切です。

 顎のお痛みといっても様々なタイプがあります。当院では注射治療などは行なっていないため、マウスピースなどを作り経過観察になる場合もあります。注射治療は行なっていませんので処置が難しい場合は紹介状を出す可能性もあります。そのため顎に痛みがある場合は我慢せず、歯科に受診をおすすめします。

テーラーメイドの予防 一人一人にあった予防

皆さんこんばんは。中里デンタルクリニックの歯科医師の小松です。本日は予防についてお話しします。
皆さんは定期検診を受けられていますか?歯医者に定期検診に行くたびに新しい虫歯が見つかったりまた治療を繰り返してしまう方はいませんか?
自分では気をつけており一日3回歯磨きをして甘いものも控えているのに虫歯になってしまう方はいるのではないでしょうか?
実は虫歯になるリスクは一人一人異なります。原因やリスクも異なるのでそれに見合った予防法も一人一人異なります。
虫歯はそもそも多因子疾患です。虫歯になる原因はたくさんあり複雑ということです。そのためこれさえすれば大丈夫というのは全くありません
原因を探るためにも虫歯の経験の有無、フッ素を使っているか、唾液の量と質の検査、中和力、食事習慣、間食の有無、回数などプラークの付着具合、歯磨きの回数、歯間ブラシ、フロスの使用、虫歯菌の性状、数など今あげた以外にもこれだけ原因があります。
そのため歯医者では問診や唾液検査、定期的な検査などが必要となってきます。原因がはっきりとせずあれやこれやも注意して生活すると必ずどこかで爆発してしまいます。なので最近ではこういったパーソナルデータを調べてそれに見合った効率の良い予防法をピンポイントで提供することができる歯科医院が増えています。
中里デンタルでも今唾液検査をしようと話しあい皆さんに質の良い医療を提供しようと検討しているところですので今しばらくお待ちください
歯科医院は今は痛くなったら行くところから痛くなる前に予防する方向に進んでいます。その予防の主役となるのは患者さん本人です。我々にできるのは正しい方法と現状の把握の指導しかできません。予防の8割は患者さん本人が行い我々は2割の補助しかできません。
しかし虫歯になってしまったり歯を抜かなければいけないレベルになってしまうとそれを修復しようとするとより時間とお金がかかってしまいます。
入れ歯になってしまった多くの患者さんはもっと歯磨きをするべきだったと皆さん言っています。
またお子さんがいらっしゃる親の皆さん。子供の虫歯が多いのは子供の責任ではありません。はっきりいって親の責任です。
昔言われたことがあります「先生この子にいってください、全然歯磨きしないんですよ」と。
私は思いました。このお母さんの口の中は銀歯だらけの治療した歯ばかりなんだろうなと。
両親、家族の生活習慣はそのまま子供にいってしまいます。子供の虫歯の治療や予防をしたいのであればまずは両親が予防を意識することが最も重要で大きな近道です。そのため是非歯科医院に通い、検査を重ね一人一人にあった予防、歯の人間ドックを受けてみませんか。

「舌痛症」について

 こんにちは。中里デンタルクリニック.アシスタントの荒谷です。あっという間に2月も終わり、だんだん春が近づいてきてワクワクしますね。コロナのワクチン接種が順調に進み、皆さんが早く日常を取り戻せますように…。

 さて、今回は歯ではなく舌のお話です。皆さんは「舌痛症」って聞いたことはありますか。「口腔灼熱症候群」の一種で、いくら調べても原因が見つからないのに、舌がヒリヒリ、ピリピリと慢性的に痛むという、とても辛い病気です。発生頻度は100人に1~3人程と言われ、患者さんの大半は中高年の女性です。舌痛症の特徴について、以下にまとめました。

【舌痛症の特徴】

・中高年の女性に多い。

・原因不明の舌のヒリヒリ感が慢性的に続く。

・舌が何かに触れなくてもヒリヒリ感がある。

・歯科治療を受けた頃から始まることもあるが、誤って噛んだキズや口内炎のほか、きっかけが見当たらないケースも多い。

・痛みは多くの場合、起きている間だけで、就寝中はない。

・食事中は悪化せず、痛みを感じないこともある。

・何かに集中しているときは痛みが減り、考え事をしているときに痛みが増す。

・朝よりも夕方にかけて痛みが増しやすい。

・時間帯や日によって、痛みの程度や場所が変動する。

・ロキソニンやボルタレンなどの鎮痛剤が効かない。

 舌痛症の診断では、はじめに「舌に触れる歯や入れ歯に、キズつけるような問題があるか」を確認する必要があるため、歯科受診が必要です。そして、特に異常が見つからない場合、舌痛症の診療を行っている口腔外科や口腔内科、歯科心身症の専門外来などを紹介してもらうと良いでしょう。舌痛症は、原因も治療法も十分にはわかっていませんが、少なくとも、心身両面からの対応が必要な病気であることは確かです。

 舌痛症の診断を受け、その発症に心理面が関わっていると知ると、ショックを受ける患者さんが多いです。舌痛症だからと言って、その方がストレスに弱いというわけではありません。もともとストレスに強い方でも、過剰にストレスを受ければ、限界を超えてしまうからです。もしかしたら舌痛症は、患者さんの心が、「そろそろ休みませんか」「のんびりしませんか」と発しているシグナルなのかもしれません。原因がわからないだけに、ピンポイントの治療が進められなく、痛みの改善は一進一退しながらゆっくりと進んでいきます。治療結果に100%を求めず、「生活に支障のない範囲なら良し」と、痛みと付き合っていくような気持ちで進めていきたいですね。

デンタルフロス&歯間ブラシの使い方

みなさま、こんにちは。

中里デンタルクリニック、受付の下舘です。

3月になりました。卒業式の時期ですね♬記念写真はぜひ笑顔で歯を見せて撮影してくださいね!!

 

 

今週は、「デンタルフロス&歯間ブラシの使い方」についてです。

 

 

みなさんは歯磨きにどんな道具を使っていますか?歯ブラシだけを使っている『歯ブラシ一刀流』の方も多いと思います。ですが、むし歯や歯周病の予防は、どんなにしっかり磨ける方でも歯ブラシ1本だけでは不可能です。日常のオーラルケアに、ぜひデンタルフロスや歯間ブラシも使いましょう。ただ、どちらも誤った動かしかたをすると、歯や歯ぐきを傷つけることがあります。使い方のコツを少しご紹介いたしますので、お役立てください。

 

 

歯磨きは1日2回、または3回以上している方も増えてきました。ですが、デンタルフロス(以下フロス)や歯間ブラシを日常的に利用している方は少数派です。厚生労働省やライオンさんの調査によれば、3割程度です。

ですが、どんなに丁寧で上手に歯磨きできるかたでも、歯ブラシ1本でお口を清潔に保つことは不可能です。むし歯や歯周病は、歯の表面に付着したプラーク(歯垢、細菌のかたまり)が原因で起きますが、歯ブラシだけではほぼ絶対に磨ききれないところがあります。そこに日常的にプラークが溜まっていると、定期的に歯科医院にチェックとクリーニングに通っていても、そこからむし歯や歯周病になってしまいます。

 

 

【歯ブラシの通らない「コンタクトポイント」】

歯ブラシでは磨ききれない場所1つ目は、歯と歯の接する「コンタクトポイント」(専門的には「接触点」といいます)」。2本の歯がぴったりくっついて生えているとき、歯がぶつかっているところです。

このすき間には歯ブラシの毛先は物理的に入りません。ここに溜まったプラークは、フロスでないと取り除けません。

【歯ブラシが当たりにくい「歯の根元まわり」】

2つ目、歯が隣り合ったところの「歯の根元まわり」(専門的には「隣接面歯頚部」といいます)。根元まわりには歯ブラシが当たりにくく、溜まったプラークは時間とともに病原性増して、歯周病の原因になります。根元まわりに沿うように当ててから、磨く必要があります。

 

 

コンタクトポイントの清掃は、単純にフロスを歯と歯の間に通せばOKです。ワックス付きのフロスが通しやすいです。

歯の根元まわりを清掃するには、フロスならば、コンタクトポイントに通したあとにそのまま根元まわりまでフロスを持っていき、歯ぐきの溝に糸をやさしく少しだけ入れ込んでから、歯の根元から歯の先端へと繰り返しフロスを動かします。

また、歯間ブラシは歯と歯のあいだに挿し込んだあと、歯の根元の表面にブラシの毛先が当たるように傾けてから動かします。ただ、誤った使い方は、歯ぐきを傷つける恐れがあります。このとき気を付けていただきたいのが、歯と歯のあいだにある「歯間乳頭」(「乳頭」とは突起の意)を傷つけないようにすることです。フロスや歯間ブラシを通すことで、このへこみのプラークはある程度落ちるのですが、盛り上がった歯肉にフロスや歯間ブラシが直接当たるのが繰り返されると、歯肉が傷ついて歯と歯のあいだに目立ったすき間(ブラックトライアングル)が生じてしまいます。

 

 

使い始めは、歯科医院でプロの指導を受けましょう。また、お口の状態によっては、フロスや歯間ブラシの使用を避けていただきたいこともあります。患者さんのお口の状態をいちばんわかっているのは、かかりつけの歯科医院です。フロスや歯間ブラシを使おうと思ったときは、ぜひ相談してください。歯間ブラシは使っていただきたいサイズがその方によって違いますので、お気軽にスタッフまでお声がけください♬

月別アーカイブ