中里デンタルクリニック.のお知らせ

歯科での麻酔のお話

皆さんこんにちは!中里デンタルクリニック.歯科衛生士の堀内です。2月もそろそろ終わりますね。段々と春が近づいて来たのか、暖かいと感じる日がここ最近増えて来ましたね。早く暖かい日が続く毎日がくると良いですね。

 

さて、今回の話題は「麻酔」です。皆さんの中にも治療の際に麻酔したことがある方もいらっしゃると思いますが、どうしても「痛い」「怖い」イメージがありますよね。今回はそんな「麻酔」のお話を詳しくお伝えしたいと思います。

 

歯科で行う麻酔には、いくつかバリエーションがありますが、なかでも患者様の多くの方が経験しているのが、「浸潤麻酔」という麻酔注射でしょう。「浸潤麻酔」とは、歯を削る時、神経を取る時、歯を抜く時などさまざまな治療で用いられている局所麻酔(部分麻酔)です。麻酔を効かせたい場所の近くに麻酔薬を注入し、歯を支える骨へと浸み込ませ(浸潤させ)て神経に届かせます。大きな奥歯や、麻酔が効きにくい場合には、何本か注射することもあります。浸潤麻酔の場合、その痛みには大きく分けて3種類があります。

①針を歯ぐきに刺すときのチクリとする痛み。

②刺した針をさらに奥に進める痛み。

③麻酔薬をグーっと注入する痛み。

 

そして、ある程度の強い圧をかけないと麻酔薬を歯ぐきになかに注入できないのだけど、この3つの痛みを最小限に抑えたい!という改善策として開発されたものが実はあります。それは「電動注射器」です。初めて麻酔をされる方だとピストルのような大きい機械に見えるので、びっくりされる方も多いのですが、自動制御で麻酔薬をゆっくりと一定の速度で注入できるため、圧迫痛の軽減にたいへん役立つ優れものです。

 

また、細かな配慮で痛みを少なくしようという取り組みとして、歯科の麻酔注射の前処置として広く使用されているのが「表面麻酔」です。歯ぐきの表面に麻酔を効かせる方法で、針を刺すときのチクッとする痛みに効き、針を進める痛みも多少緩和します。歯ぐきに塗布して数分すると効いてきます。グラグラの乳歯を抜いたり、歯石を取ったりするときにも使われることがあります。

 

中里デンタルクリニック.では、「麻酔をします」となったときは、必ず、「表面麻酔」をしてから行います。そして、「電動注射器」を使用して麻酔して行きます。歯科治療といえば、「痛い」「怖い」が浮かんでくるとは思いますが、できるだけ患者様への負担を少なくするように日々、試行錯誤を重ねております。もし、歯のことでお困りのことがありましたら、いつでもご連絡お待ちしております!

意外と知らない? 被せ物長持ちナビ

皆さんこんにちは! 中里デンタルクリニックアシスタントの山内です。

暖かくなったり寒くなったりを繰り返していますが、体調を崩してはいませんか?

 

さて今回は、皆さん一度は入れたことのある方も多いと思います、「被せ物」についてお話ししていきます。

 

虫歯の治療が終わった後、「被せ物は作り物の歯だから、これでしばらく安心!」だなんて油断してはいませんか?

上からかぶせた被せ物は確かに人工の歯ですが、その被せ物を支えている土台は実は患者さんの天然の歯なんです。

虫歯にも歯周病にもなる可能性は十分にあります。

土台の歯をしっかり守って、被せ物を長持ちさせていきましょう!

 

被せ物の治療は、虫歯ができたり歯をケガしてしまったりした時に、そのままでは食事やおしゃべり、見た目に差し支えが出るため、元の歯の機能と形を人工的に復元しようという治療です。

被せ物の治療というと、普段見えているところにばかり目が行きがちですが、実はその耐久性を決めているのは歯茎の下に隠れている「患者さんご自身の歯の根っこ」なんです。

普段の食事や噛み合わせで、被せ物の下の見えないところで患者さんご自身の歯が大きな役割を担っています。

被せ物の治療とは、細菌に感染した部分を取り除き、かろうじて残った患者さんの歯を土台にして、初めて可能になる治療法です。

もちろん被せ物自体は一定の耐久性を備えてはいますが、それを支える土台の歯はケアを怠ると虫歯や歯周病になるリスクがあります。

 

被せ物と土台の歯のつなぎ目は、もちろん少しの段差もできないようにぴったり合わせるのが歯科医師の腕です。

しかし、このつなぎ目のある場所は、ちょうど歯茎の溝の中に隠れる位置にあります。

歯茎の溝といえば、プラークがたまりやすい場所の代表格ともいえます。

油断をして、歯茎と被せ物の境目のあたりを丁寧に歯磨きをしていないと、たちまちプラークが溜まり、虫歯の温床となってしまいます。

大変困るのは、虫歯が土台の歯の方に入り込んでいても、被せ物に隠れて広がるので外からは見えにくい点です。

その上、神経を取って被せ物をかぶせてある歯の場合、内側で虫歯が始まっていても異常を知らせるセンサーがないので痛みが出ません。

見た目にも分かりにくく、痛みを感じないとなると患者さんご自身が気づくことは非常に難しく、発見が遅れて歯を失ってしまうこともよくあります。

幸い発見できた場合もたまたま他の治療で歯科医院に受診した際、レントゲン検査を受けて偶然見つかったケースなどが多く、普段から歯科医院に通ってメインテナンスを受けていないと早期発見が非常に難しいのが現実です。

 

皆さんの歯を守るためにも、定期検診を受けて虫歯を早期発見していきましょう!!

歯周病で失った組織を助けたい!

こんにちは!歯科助手の目時です。

寒さはまだまだ続いていますね。春が待ち遠しいです!

 

さて、今回は『歯周組織再生療法』についてのお話です。

歯周組織というのは、顎の骨をはじめとした歯の周辺の組織のことで、歯を支える役割を担っています。

ということは、たくさん失われてしまうと歯の寿命にも影響が出てしまうのです。

 

まず、歯周病の原因を振り返ります。

「プラーク」は何度か出てきている名前ですが、わかりやすく言うと「細菌のかたまり」のことです。そのプラークの中の歯周病菌の感染によって、歯の周りの組織に炎症が起きていきます。

歯周ポケットの奥のプラークや歯石が除去されれば炎症は治るのですが、除去されるまでに歯の周りの組織がたくさん失われていれば治療も難しくなっていきます。

 

歯周病が進行すると、プラークからでた歯周病菌が毒素や酸をつくり、歯を支えている組織を壊しながら体内に侵入していきます。

すると、体は免疫反応を起こして歯ぐきから血がでたり腫れたりします。

体は、体の本体を守ることを優先するため、感染を起こさないように、骨やコラーゲンを溶かす物質を出して自ら組織を破壊してしまうのです。

これは、感染源から一定の距離を保つためです。

それにより、顎の骨が溶けて歯周ポケットが深くなってしまいます。

 

一度失われた組織は、二度と戻らないのでしょうか。いいえ!その組織を再生させるための治療があります。それが『歯周組織再生療法』です。

歯周基本治療(スケーリングと歯磨き指導)の後、歯周外科治療を行います。特殊な再生材料や骨移植等を使い、歯を支える組織の再生を促していきます。

 

 

では、『歯周組織再生療法』の流れの例を紹介します。

❶再生材料を塗布:歯茎を切ってめくり、再生材料を露出した歯の根に塗ります。

❷縫合する:切った歯茎を元通りに縫合します。その後ほどなく血餅(けっぺい)ができます。この血餅がのちに歯を支える組織になっていきます。

❸再生:再生材料の作用でもともと残っていた細胞が刺激され、歯を支える組織に変化していきます。

抜糸までの2週間は、その周囲で噛まないようにすること。そして、治療した歯の歯磨きをしないことです。その代わりに歯科でクリーニングをしますので、週に2回は通ってください。

治療の結果がわかるのは8〜9ヶ月後です。健康だった頃の状態までとはいきませんが回復していき、2〜3年かけて成熟します。

 

【治療後にしてはいけないこと3箇条】

・タバコ:煙に含まれる有害物質が、組織への栄養や酸素の供給を妨げます。加熱タバコも同じです!

 

・その歯で噛むこと:治療後はとてもデリケートです。強い力が加わることで、再生中の組織が壊れてしまうことがあります。

 

・その歯の歯磨き:絶対に避けてください。その代わりに、おうちでは洗口液でのうがいをしてください。

不快な口臭のお話

こんにちは、中里デンタルクリニック.歯科衛生士の木村です。今年は雪も多く寒い日々が続いていますが、体調は崩されていませんか?お口の中を綺麗にすることはコロナ予防にも繋がります。当院でもできる限りの対策を行なっていますので、安心してご来院していただければと思います。

 

さて、お口のお悩みの代表格に「口臭」があります。口臭は歯周病やむし歯、舌やお口の汚れがにおいの元となっていることが多いです。口臭ストップの近道は、歯科治療とお口のケアにあります。今日はお口のなかのにおいの元と対策についてお話しします。

 

口臭には生理的口臭と病的口臭があります。

生理的口臭とは、1日のなかで自然に増減する口臭のことです。朝起きてあくびとともに息を吐き出したとき、「あ、口がにおうな」と思ったことありますよね。でもその後、朝食を取ったり、歯磨きしたりするうちに、気にならなくなるはずです。その感覚です。

病的口臭とは、持続的に発する口臭のことで、においの原因がなくならない限り存在し続けます。原因には、歯周病などのお口の病気と、お口とつながっている耳鼻咽頭の病気、内臓などのからだの病気が考えられます。病的な口臭は、お口のなかににおいの原因があることが多いですが、その主犯はお口のなかの細菌といえます。細菌のうち、とくに歯周病菌などが、腐敗臭ひともなうにおい物質を生み出します。女性では、月経や妊娠などのホルモンバランスの変化によりお口のなかにいる歯周病菌が活発し、口臭が増加するという報告もあります。

 

また、細菌の活動きは、唾液と影響します。生理的口臭は1日の中で増減します。唾液には、細菌を洗い流したり、細菌の繁殖を抑えるはたらきがあります。起床時にいちばんにおいが強いのは、就寝中は唾液の分泌が減るので、寝てるあいだにお口のなかで細菌が繁殖するためです。唾液の分泌量は口臭に影響しますので、ドライマウスなどで唾液が減少すると、口臭も強まる傾向があります。

 

病的な口臭の元となるお口のトラブルをまとめますと…

・歯周病になっている歯周ポケット

・溜まったプラーク

・象牙質に及んだ多数の虫歯

・歯の根の先端の病変

・被せ物やブリッジと歯ぐきの境目

・舌の汚れ

 

歯科受診が口臭対策の早道です。歯周病などのお口の病気は、治療をしなくては解消されません。そうしあ病的口臭の原因が取り除かれないかぎり、においの元は残ったまま。歯科で歯のクリーニングを受けるのに加えて、磨き残しのにるところをチェックしてもらい、さらにあなたのお口に合った歯ブラシとデンタルフロスの使い方を教えてもらいましょう。

月別アーカイブ