中里デンタルクリニック.のお知らせ

むし歯は黒いとは限らない!?

皆さんこんにちは!中里デンタルクリニック.歯科衛生士の堀内です。いよいよ年末が近づいてきて1年が終わろうとしていますね。何かと忙しい時期だと思いますので、くれぐれも体調には気をつけてお過ごしください!

 

さて、今回の話題は「初期むし歯」についてです。皆さんは「初期むし歯」と聞いてどのようなイメージが浮かんできますか?むし歯というと「黒い」とか「穴が開いている」などのイメージがあると思いますが、それらが見られないむし歯もあります!それがむし歯のできはじめの段階である「初期むし歯」です。

 

「初期むし歯」になると健康な歯が持つ透明感や光沢が失われて、白く濁った見かけになります。しかし、健康な歯と同じようにツルツルしていて、しみたり、痛んだりする自覚症状もまずありません。ここから進行していって、黒い穴が開いた痛いむし歯になってしまうと、詰め物や被せ物で補うことが必要になってきますが、「初期むし歯」は2つの方法で元通りに治すことが可能なのです!

 

1つ目は、プラーク(歯の表面に付着している細菌のかたまり)を取り除くことです。歯磨きの仕方や食生活を改善して、お口に長時間プラークがたまらないように気をつけましょう。

 

2つ目は、フッ素の力を利用することです。フッ素が配合されている歯磨き剤は、歯の修復のスピードを高めるのに効果的です。

 

ここまで「初期むし歯」について説明してきましたが、そもそも「初期むし歯」にならないように予防できるのであれば、それに越したことはないとは思いませんか?そこで4つの予防ポイントを皆さんにお知らせします!基本はむし歯予防と同じです。

 

ポイント1は「歯磨きを見直すこと」です。特に夜の歯磨きはとても大事です。就寝中は、お口の中の細菌の活動を抑えたり、歯を修復してくれる唾液の量が極端に低下します。歯磨きせずに寝てしまうということは、朝までむし歯菌に好き勝手されてしまうということです。忘れずに磨きましょう!

 

ポイント2は「食生活を見直すこと」です。「ちょっぴりしばしば」はよくありません!間食の量を減らして、お口の環境を整えましょう。

 

ポイント3は「歯磨き剤を見直すこと」です。歯磨き剤のフッ素は、濃度が高いほど修復を促進する効果があります。高濃度フッ素(1450ppm)配合の歯磨き剤を使うことをオススメします!

 

ポイント4は「メインテナンスに通うこと」です。むし歯のできはじめをを見つけるのは、歯科医院でしかできません!定期検診をぜひ続けてください。痛いむし歯になってからでは遅いです!そうならないようなサポートは私たち中里デンタルクリニック.にお任せください!!!

アスリートの歯を守ろう!!

皆さんこんにちは!!中里デンタルクリニック歯科助手の山内です。
雪がたくさん積もるようになって本格的な冬を感じるようになりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか??

さて、皆さんもアスリートほどではなくても運動をする機会があったり、お子様が部活動で運動をしている方も多くいらっしゃると思います。

実はアスリートは虫歯になりやすいと言われているのです!!

それはなぜかというと、運動中は無意識のうちに口で呼吸するため、お口の中がカラカラに乾いた状態になります。
唾液には本来、虫歯になりかかった歯を修復してくれる「再石灰化作用」があるのですが、唾液が乾いてしまうとこの作用が働きにくくなるために虫歯のリスクが高くなってしまうのです。
その他にも疲れと空腹感で糖分を摂りがちというのも原因に挙げられます。
飲み物を含んだ間食が1日3回以上になってしまうと虫歯のリスクはかなり高くなってしまうため、注意が必要です。

また、普通の方に比べ、アスリートの方は歯茎も腫れやすいと言われています。

アスリートは体が丈夫だというイメージがありますよね。
確かに強靭で鍛え上げられた体をお持ちの方がほとんどですが、その一方で厳しいトレーニングを積んでいる分、実は感染症にかかりやすいという面もあるのです。

トレーニングによって体力が奪われ、免疫力が低下することが原因だろうと考えられています。

感染症というと風邪やインフルエンザなどを思い浮かべますが、歯茎が腫れる歯周病も細菌が炎症を引き起こす感染症です。

お口はもちろん体の一部なので、炎症のある状態がアスリートの体にとって良いわけがありません。

トレーニングで体力を消耗するアスリートは歯周病についてもしっかりと予防する必要があります。

ご自身の歯を大切にすることで、楽しく運動することができます。
歯医者には定期的に通い、虫歯を予防、早期発見していきましょう!!

歯周病の予防、治療!

こんにちは!歯科助手の目時です。
雪が降ることもだんだんと増えてきました。体調を崩さないように皆さんお気をつけください。

さて、今回のお話は「歯周病」のお話です。
歯周病と聞いてどのようなイメージがありますか?
ご年配の方特有というイメージがある方もいるかもしれません。
しかし、実は20代、30代の方でも歯周病の症状がみられる方もkいます。
誰でもなりうる「歯周病」の治療や予防についてお話していきます!

皆さんは「プラーク」という言葉をご存知ですか?
プラークとは、細菌の塊で排水溝のネバネバのようなものです。
歯周ポケットの奥深くや、カチコチの歯石の中まで入ってしまうものなのです!怖いですね!
このプラークをどれだけ除去できるかが、歯周病の予防や治療につながります。

実は、日本の大人の方の8割以上が歯周病と言われています。
皆さんきっと、歯磨きをしているはずですよね。それなのになぜ歯周病になってしまうのでしょうか。
それは、プラークのありかを磨けていないからだと思われます。
プラークは歯と歯茎の境目に溜まると歯周病になってしまうのです。

歯周病の特徴としては、よほど酷くならない限り痛みという症状が出にくいということです。
そのため、気づいたときには重症です!ということも少なくありません。

プラークは毎日溜まっていくので、歯科医院でプラークを取り除いたとしても次の日にはまた溜まり始めます。毎日のプラークを取り除けるのは、
歯科医院ではなく患者様ご自身なので、「歯周病を予防するぞ!治すぞ!」と自ら取り組んでいただく必要があるのです。とても厄介ですよね。

では、歯科医院での治療はどのように行われるのでしょうか。
初めに必ず歯磨き指導があります。先ほどお伝えしたように、毎日の歯磨きでいかにプラークを落とすかが歯周病のリスクに関わってきます。 
加えて、腫れたまま歯石除去をするのは出血があったり痛みが出たりします。腫れを落ち着かせるためにも、まずは歯磨き指導から始まります。

その後は歯科医院で歯石除去を行います。歯磨きでは落としきれない歯石をスケーラーで除去していきます。
プラークが石のようになったのが歯石ですが、歯石の中にまたプラークが入り込んでいきます。プラークの住処となっている歯石を専門技術で除去します。

ここで歯周病が改善したとします。しかしそのままにしておくと再発しやすいのが歯周病の怖いところなのです。
その綺麗な状態を保つためには、定期的にメンテナンスに通っていただくことをお勧めします。

当院でも歯周病治療を行なっておりますので、お気軽にご相談ください!

歯の痛みは虫歯だけではないことも…

皆さんこんにちは。中里デンタルクリニック.アシスタントの畑中です。2020年もあと少しになってきました!雪が降ったりインフルエンザも流行る時期にもなってきましたので、手洗いうがいなど予防対策をし気をつけ2021年を元気に過ごせるようにしていきましょう!  

さて、今日は虫歯以外にもしみる症状がでることについて話していきたいと思います。冷たい飲み物や甘いものを口にしたときにキーンとしみる歯はありませんか?歯がしみる原因はさまざまあります。歯の神経が何かを訴えているサインかもしれません。歯のしみる原因と対処法に迫っていきたいと思います。  

歯がしみる原因はもしかすると知覚過敏かもしれません。知覚過敏という言葉を皆さんも聞いたことはありますか?知覚過敏とは、冷たい飲食物や甘味、酸味などから生じる歯の神経の一過性の痛みで、虫歯や歯の神経の炎症などがない場合にみられる症状をいいます。悪化をすると、歯ブラシの毛先が触れたり風に当たっただけでも、しみることがあります。  知覚過敏がある場合、まずそのしみる原因を探ることが大切です。なかには知覚過敏だと思って歯科医院を受診したら、実は虫歯だったということもあります…。  

知覚過敏は主に歯の象牙質が露出したところから歯の神経に刺激が伝わることで起こります。象牙質が露出する原因は、
①歯周病で歯茎が下がる ②歯茎を傷めるような歯磨きで歯茎が下がる
③力の入れすぎ、硬すぎる歯ブラシや研磨作用の強い歯磨き粉の使用などで歯の表面がすり減る ④歯ぎしりなどで歯の表面が速いスピードですり減る ⑤酢や炭酸飲料、柑橘類など酸性の飲食物で歯の表面が溶け出すなどです。

知覚過敏が歯ブラシを当てられないほどひどい場合は、はやめに歯医者で処置を受けましょう!刺激がなくなったあともしばらく続く痛みは、知覚過敏の状態を超えて神経学炎症を起こしていますから、この場合もぜひ受診をしてみてください。また、歯磨き粉は、知覚過敏を緩和する薬用成分が配合されているものを使用するとすぐに効果が出るとは言えませんが、長期間使用することで症状が落ち着くこともあります。  歯みがきをするときに力を入れすぎる癖があるかたは、研磨剤無配合のジェルタイプの歯磨き剤で象牙質を優しく労りましょう。また知覚過敏の原因に思い当たることがない場合は、歯医者で原因を探ってもらい、対策を立ててもらうことが大切です!知覚過敏を虫歯ではないからとそのままにしていると、歯の神経を抜かなければいけないことになったりすることもあるので思い当たるところが多い方はぜひ受診をお願いします。

月別アーカイブ