中里デンタルクリニック.のお知らせ

歯の天敵 歯ぎしりにご用心

皆さんこんばんは。中里デンタルの勤務医の小松です。
世の中コロナがまた拡大しつつあるので引き続き気をつけていきましょう

今日は歯軋りについてお話しします
歯軋りはキリキリうるさいだけの悪い癖のように思われがちです。しかし最近の脳科学の研究によるとい忙しくストレスのかかりやすい時代に暮らす私たちにとって欠かすことのできない、とても大切な働きをしていることがわかってきています。
 それは「噛むこと」によるストレスのコントロール機能です。噛むことによって脳の高ぶりが落ち着きリラックスする効果が認められています。
 睡眠中にストレスを発散させ、脳と体を守ストレスマネジメント機能を担うのだろうと考えられています。
 歯軋り自体は悪いものではありませんが、悪い歯軋りという物が存在します。
 歯科で問題になるのがこの悪い歯軋りです。食事の際の噛む力は数kgから強くても30kg程度です。しかし睡眠中の歯軋りは無意識化で抑制が効かないので50−100kgを超える力がかかります。
 歯軋りは平均8時間の睡眠のなかで40分間も強い力で噛むと言われています。
 悪い歯軋りの際にこうした力と時間がかかります。その歯に虫歯や歯周病がある場合はそれだけで問題が起きやすいです。
 人の口の中の状況や噛み合わせは人それぞれ異なります。それゆえすべての歯がバランスよく噛んでいる方はそれほど問題ないですが噛み合わせが少しでも崩れている人は歯軋りによる悪影響がとても起きやすいです
  歯軋りによる症状はすり減り、ヒビ、歯と歯茎の境目にくさび状の欠け、多くは知覚過敏やしみたりするする原因になります。また噛みあわせが変わったり、骨が大きくなる外骨症になったりします。また、せっかく型取りした詰め物や被せ物が外れたりしてしまいます、その旅に歯科医院に電話してまた通わなければならない状況になってしまいます。
 歯軋りを繰り返すと顎が痛くなったりするリスクもあります。
 中里デンタルでも歯軋りで痛くなる患者さんが多く来院されます。虫歯や歯周病でもなく歯軋りが原因の際に予防方法として主に使うのがマウスピースと呼ばれるものです。歯科で使うマウスピースは患者さん一人一人の型とりを行い、その人専用のマウスピースが出来上がります。
 そのマウスピースは硬くて夜寝る際に使うものです。厚いスプリントを噛むことで歯や歯周組織を過剰な力から守ることができます
 メンテナンスのたびに持ってくれれば経過も見ることができます。
 ぜひ皆さんも歯軋りについて考えて聞いてみてください

笑顔の印象変わります! 初めてのホワイトニング

 こんにちは。中里デンタルクリニック.アシスタントの荒谷です。11月の半ばに入り、とうとう八戸でも初雪が降りましたね。寒さも一段と厳しくなりましたので、体調の管理等、気をつけてお過ごしくださいませ。

「ホワイトニングって一度はしてみたいけど、しみるって聞くし、歯に悪いんじゃない?」なんて、思われている方が多いかもしれません。しかし、そんな心配は無用です。ホワイトニングの薬剤には、むし歯菌や歯周病菌を減らす殺菌作用がある上、ホワイトニング直後の歯を適切にケアすると、むしろむし歯に強い丈夫な歯にすることができるのです。ホワイトニングにトライしてみたい方へ、知ってびっくりな最新情報をお届けします。

【⒈ ホワイトニングは歯質強化のチャンス!】
 日本のメーカーが開発したホワイトニング剤は、日本の患者様のニーズにこたえて、独自の開発がされています。漂白成分を低濃度に抑える一方、基材を工夫して、より高い漂白効果と低刺激性を両立したホワイトニング剤へと進化しているのです。こうした薬剤の進歩に加え、さらに耳寄りな情報もあります。実は、ホワイトニングの薬剤はオキシドールの仲間で、殺菌作用があるので、唾液に浮遊しているむし歯菌や歯周病菌を減らす効果が期待できるのです。もう一つ、最近注目されているのが、ホワイトニング直後に起きている歯質の強化です。ホワイトニングをすると、歯を覆っている透明な膜「ペリクル」がはがれるのですが、この膜がなくなることで、唾液のカルシウムなどの成分が邪魔されずに歯に戻り、歯質が硬く丈夫になっていることが様々な研究によって明らかにされています。

【⒉ なぜホワイトニングは歯医者で行うべき?】
 日本で現在、厚生労働省に認可されている歯のホワイトニング剤は、歯科医師が処方するもののみです。最近は日本でも、海外の薬剤がネットで手軽に入手できるようになりました。そんな中気になるのが、自己流ホワイトニングの弊害です。むし歯に気づかず薬剤を使って歯髄炎が起きたり、薬剤の使い過ぎで歯茎を傷めてしまう事例が少なくないのです。実はホワイトニングは、歯周病で歯茎が腫れた状態で行うと、薬剤が歯茎から染み出る血液ばかりに反応してしまい、肝心の歯に十分に働きません。また、効果が上がらないからと長時間薬剤を使うと、殺菌作用で歯周病の症状は改善するものの、ただれや知覚過敏が悪化するなどのトラブルが起きがちなのです。日本では、日本特有の事情から、ホワイトニングは歯科医師の処方で行われています。

 以上、簡単に説明しました。それでも気になることはたくさんあると思います。自己流で行わず、まずはお口の健康診断も兼ねて、ぜひ中里デンタルクリニック.にきて、お気軽にご相談ください!

セルフケアのための歯磨剤テクニック

みなさま、こんにちは。
中里デンタルクリニック、受付の下舘です。
今年も残り2ヶ月をきりました。今のうちにお口のメンテナンスを受けて、2020年を有意義に過ごしてみませんか!?

 

今週は、「セルフケアのための歯磨剤テクニック」についてです。

 

毎日使う歯磨き剤のチョイスは、お口の健康にとても大切です。ですが、様々な歯磨き剤があり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。自分のお口にぴったり合った歯磨き剤を選ぶためのヒントをいくつかご紹介します。

 

そもそも歯の着色はどうやって起こるのか、また落とすのか。白くてきれいな歯はとても魅力的ですよね。でも、「歯を毎日磨いているのに着色が付くのはなぜ?」と感じる方も多いのではないかと思います。歯の着色(ステイン)の原因や着色対策に効果的な歯磨き剤をご紹介します。歯の着色でお悩みの方は必見です!!

 

着色のメカニズムは、専門的には歯の表面のカルシウムに「ぺリクル」と呼ばれる唾液タンパクが付着し、その上に着色性の色素、タンパク、金属イオンなどが重なって少しずつ色が濃くなっていくと言われています。イオウが仲立ちをしている事もわかってきました。
では、歯の着色を招くものにはどんなものがあるのか。まず思いつくのが食品です。特にポリフェノールをたくさん含んだ食品はもっとも着色の原因になるとされています。
最近は健康志向の高い方も多く、抗酸化作用の高いポリフェノールを積極的に摂る傾向があります。お茶のカテキン、赤ワインのタンニン、コーヒーのクロロゲン酸、チョコレートのカカオマスポリフェノール、ブルーベリーのアントシアニンなどが有名です。炭酸飲料や酢、レモンなど、酸性のものや柑橘系のものをいっしょに摂ると、着色しやすくなるともいわれます。黒酢を飲む人が着色しやすいのはその例ですね。
食品以外では、ヤニの原因となるタバコのタールはもちろん、一部の医薬品、洗口剤、うがい薬なども着色の原因になることもあります。

 

では、どうやって着色を落とすのか…。ほとんどの人は、歯ブラシでこするのではないでしょうか。もちろん歯磨き剤をつければ清掃剤の(研磨剤)の効果で着色を落としやすくなります。でも、あまり毛の硬い歯ブラシや、研磨剤の強い歯ブラシでゴシゴシやるのはおすすめできません。硬い歯の表面も、傷付いたりすり減ったりするからです。
歯磨き剤の中には、着色汚れを落としやすくする成分が含まれているものもあります。当院では、「supersmile(スーパースマイル)」をおすすめしております。独自成分の「カルプロックス」は歯の着色汚れ(ステイン)を形成するタンパク質の膜(プロテインぺリクル)を特異的に分解します。従来の歯磨き剤は歯の汚れを削り取り、エナメル質まで傷つけてしまっていました。スーパースマイルの「カルプロックス」はエナメル質を傷つけることなく効果を発揮する、独自開発の成分です。また、フッ素も配合されています。
使い方は「歯ブラシを濡らさずにつけること」です。通常、歯磨き剤は歯ブラシを水で濡らしてから歯磨き剤をつけます。しかしスーパースマイルの場合は、乾いた歯ブラシにそのまま歯磨き剤をつけます。「カルプロックス」は、唾液と反応して「タンパク質」を分解しますので、乾いたままの状態で使用し、唾液とよく交わるようにします。ホワイトニング後のケアにもお使いいただけますので、手軽にホームケアできますね!!

 

当院では、着色を落とす「自費クリーニング」もございますので、お気軽にスタッフまでお声がけください♬

自分に合った歯みがき剤を選ぶコツ

皆さんこんにちは!

中里デンタルクリニックの歯科衛生士の堀内です。

今年もあっという間に寒い季節になりましたね。皆さん、体調には充分にお気をつけください。

 

さて、今日のお話は、歯を磨く時には欠かせない歯みがき剤についてのお話です。

皆さんはどのような歯みがき剤を使っていますか?

現在、市場にはたくさんの歯みがき剤がありますが、そのほとんどには「フッ素」が配合されています。

*よく耳にするフッ素とは?

実は、フッ素は自然界のさまざまなものに含まれていて、緑茶、野菜、肉、水産物などの食品にも含まれています。

そして、私たちのからだの歯や骨にも含まれています。

また、フッ素には、次の3つの働きがあります。

①歯から溶け出したカルシウムなどのミネラルが歯に戻る作用をスピードアップする。

②歯の結晶のなかに取り込まれ、むし歯になりにくい硬くて丈夫な歯をつくる。

③抗菌作用によってむし歯菌が増えるのを抑える。

*フッ素にはどんな種類があるの?

フッ素の具体的な成分として、「フッ化ナトリウム」と「モノフルオロリン酸ナトリウム」がほとんどを占めていて、これらが入っていれば「薬用」であり、よく聞く「医薬部外品」ということになります。

フッ化ナトリウムは、歯のもっとも表面ですばやく反応するといわれています。

一方、モノフルオロリン酸ナトリウムは、唾液と反応してフッ素を出しながら、歯の表面から深いところまでゆっくりと届いていくといわれています。

むし歯予防効果はどちらも同じくらいなので、他の成分との相性で、どちらを配合するか決められることが多いです。

*フッ素濃度の上限が1500ppmに!

これまで日本では、歯みがき剤のフッ素濃度は1000ppmが上限とされていましたが、2017年に厚生労働省より、1500ppmを上限にすることが認められました。

実際の製品では、上限である1500ppmを超えないように、少し少なめの1450ppmとして製造・販売されています。

濃度が上がったことで、大人のむし歯予防を意識した製品も登場しています。

大人のむし歯は、歯ぐきが下がって露出した歯の根の部分や、被せ物と自分の歯の境目から進行するので、より多くのフッ素が期待できる1450ppmの製品が予防効果が高くなります。

ですので、大人むし歯が気になる方は、1450ppmの製品をオススメします。

なお、お子さんへの使用に関しては安全性を重視し、「6歳未満には使用を控えるように」と国内では推奨されています。パッケージの注意書きにも記載されていますので、ご注意ください!

歯みがき剤をうまく選ぶためには、まず、お口の中の状況を理解することが大切になってきますので、一度、歯科医院で受診して頂くことをオススメします。中里デンタルクリニックでも、いつでもお待ちしております!

洗口液を使ってみよう!!

皆さんこんにちは!!

中里デンタルクリニックアシスタントの山内です。

11月になり、寒さがより一層厳しくなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は「洗口液」についてお話しします。

 

様々な製品が販売されている「洗口液」。

歯周病予防に使ってみたいけど、たくさんあってどれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いと思います。

お口の状況は人によって異なるため、基本的にはその人のお口に合ったものを歯科医院で選んでもらい、使い方を教えてもらうのが一番です。

とはいえ、洗口液とはどういうものなのか理解しておくことで、自信を持って使い続けられます。

 

液体タイプのオーラルケア製品を選ぶ時には、まずはそれが「洗口液」であるか、それとも「液体ハミガキ」であるかにも注意する必要があります。

洗口液も液体ハミガキも同じようなボトルに入っていて、ドラックストアなどでは同じ棚に並んでいるので、この2つを混同して使っている方は意外と多いです。

洗口液は基本的には「歯磨きをしてから使う」、液体ハミガキは「使ってから歯磨きをする」というように使う順番が全く逆です。

 

洗口液には、殺菌成分の他にも歯茎の炎症を抑えたり、バイオフィルムの形成を抑制したりする成分が入っているものがあります。

洗口液を選ぶ際には、「歯茎の腫れを抑えたい」「口臭対策がしたい」などご自身が何のために洗口液を使うのかをはっきり意識しておくと、ぴったりのものが選びやすくなります。

なお、洗口液が効果を発揮するには使用方法に記載されている時間だけ、すすがなくてはなりません。

ラベルには、「口に含み、20〜30秒ほどよくすすいでから吐き出してください」などと書かれています。

この時間は意外に長く、実際はかなり短い時間しかすすいでいない方も多いようです。

所定の時間分、しっかりすすぐことが大切です。

 

洗口液は「絶対に使用しないといけない」ものだとは言いませんが、歯磨きだけで細菌やバイオフィルムを十分に除去することは不可能で、細菌が残っているとそこから細菌の増殖が起こり、早期にお口の病気の元凶が再形成されてしまいます。

その意味で歯ブラシ後には洗口液を用いて、できるだけ細菌を除去することが良好な口腔環境を維持するために必要なことです。

ただし、ご自分の歯磨きだけではバイオフィルムが落とし切れない場所もあります。

ですので、歯科医院のメンテナンスに通って定期的にプロの手でフォローしてもらうことも忘れてはいけません。

 

月別アーカイブ