中里デンタルクリニック.のお知らせ

みんな知りたい!歯磨きの科学!

みなさんこんにちは!中里デンタルクリニック.歯科衛生士の木村です。

今回は普段私が歯科衛生士としてよく質問されることについてお話ししていきたいと思います。

 

歯みがきのしかたって、本当のところ、どれが正解かのかな?と迷うことはありませんか?毎日みがいていたのに、なぜかむし歯になったり、みがきてるつもりなのに歯ぐき腫れたり。実際にたくさんの患者さんとお話ししていると、このような質問を受けることが多いです。ということで、今回は歯みがきについてお話ししていきます!

 

さて、歯みがきの目的はなんでしょう?

むし歯や歯周病の予防…たしかにそうですが、これだけでは歯みがきの具体的なターゲットが明確になりません。目的はズバリ、「悪さをする細菌を減らすこと」です。むし歯菌と歯周病菌では、性質もあばれる場所も大違いです。おのずと除去方法と使い分ける必要があります。

 

むし歯菌:歯面についたバイオフィルのじょうぶな膜をシェルターとし、なかにたてこもってヌクヌクと繁殖する。砂糖が大好きで、さかんに食べてはじゃんじゃん酸を排出するため、バイオフィルムのなかは酸でいっぱいに。この酸が歯を溶かしてむし歯ができる。

 

 

歯周病菌:歯の健康に大きな被害をもたらすのが、歯周ポケットのなかに潜む歯周病菌。歯周病菌の出す毒素が、歯ぐきや歯、支える骨に炎症を起こし、歯周病を引き起こす。ひと晩で約1000倍に増殖するので日々の除去は必須。空気が苦手で、奥へ奥へと隠れたがるため、除去はなかなかやっかい。

 

ではどこに何をすると歯みがき効果が上がるのでしょうか。

 

むし歯予防なら…

歯面にしつこくくっつくバイオフィルムの除去には、毛先がフラットなデッキブラシタイプの歯ブラシがおすすめ。バイオフィルムを取り除くにはこすり取るのがいちばん。デッキブラシタイプなら歯の表面を効率よくこすれます。

 

歯周病予防なら…

歯と歯ぐきの境目のミゾ、歯周ポケットのプラークの除去には、細く長くやわらかなテーパード毛タイプの歯ブラシがおすすめ。45度の角度でミゾのなかに差し込んで、やさしく動かしプラークを除去します。

 

次に歯ブラシの動かし方です

☆子どもの歯みがき

エナメル質がやわらかくむし歯になります。歯周病罹患率はとても低い。つまりターゲットは歯面です。

▼スクラビング法

歯面に歯ブラシを当てて小刻みに数ミリずつ動かします。力が入りすぎないよう、仕上げみがきをするときは鉛筆持ちで。

▼フォーンズ法

小さなお子さんの自分みがきや、かんたんに済ませたいときの仕上げみがきに。大雑把ながら、歯みがきのフッ素を歯に広げる効果はバッチリ。

 

 

☆大人の歯みがき

歯周病罹患率が8割超え。唾液に長年きたえられたエナメル質は硬く丈夫になる。歯周病の影響で歯ぐきがやせると、根もとの象牙質がむき出しなり、むしろむし歯になりやすくなる。持病の薬の副作用で、唾液による歯の修復作用が十分働かない人が増える。

つまりターゲットは歯面と歯周ポケットの両方。

▼スクラビング法

歯面に歯ブラシを当て、歯のあいだに毛先を入れてから、小刻みに数ミリずつ動かします。

▼バス法

プラークのたまる歯と歯ぐきのミゾ(歯周ポッケト)や歯のあいだに歯ブラシの先をやさしく差し込み、細かく動かします。

 

コツをつかんで、自分で自分の歯を守れるといいですね!当院でも歯みがき指導をしています。わかないこと、不安なことはもちろん、ここどうやって磨くの?という質問も是非してみてくださいね!

つらい…知覚過敏のズキッ!

こんにちは!歯科助手の目時です。

お天気は不安定な日が続いていますが、体調を崩さないように気をつけましょう!

 

さて、今回は「知覚過敏」についてのお話です。

 

冷たいものを食べた時などにキーンとしみることはありませんか?

その知覚過敏というものは、歯の外側にあるエナメル質が削れたりかけたりなどしたときや、歯茎が何らかの形で失われたときに起きる症状です。

虫歯がなくても何か問題が起きている可能性があります!

 

エナメル質が失われてしまうと、象牙質が剥き出しになってしまします。

その象牙質にはパイプ状の穴がたくさん開いています。

そこから外部の刺激が神経のほうに伝わってしまうのです。

 

象牙質の表面に層ができたり、唾液の成分が再石灰化したりすると、パイプが細くなったり塞がったりするため、象牙質がむきだしでも滲みない方もいます。

 

 

では、ご自分の知覚過敏リスクチェックをしてみましょう。

□あまり歯磨きをしていない

→歯垢のなかに酸が溜まり、歯を溶かしていきます。

□酸っぱいものが大好き

→酸味は体に良くても歯には悪いことがあります。

□スポーツドリンクをよく飲んでいる

→スポーツドリンクやビタミン飲料は歯が溶けやすいです。

□お口の中が乾いている

→唾液が減ってしまうと、歯の再石灰化(修復)が進みません。

□歯ぎしりや食いしばりがある

→歯のヒビや咬耗、欠けにつながります。

□歯磨きの力が強い

→歯がすり減ったり、歯茎が痩せてしまいます。

□毎日イオン飲料を飲んでいる

→意外と酸性度が強いそうです。

 

いかがでしょうか。当てはまる方は、知覚過敏のリスクがあります。

もし症状がある方はお気軽にご相談ください!

 

 

ここまでは主に、表面が削れてしまったことによる知覚過敏のお話でしたが、なんと表面に痛みがなくてもしみる場合もあるのです。

象牙質が見えているわけではなく、ヒビもなしという健康な歯なのに『内部』で炎症が起きていたということがまれにあるようです。

原因としては、歯ぎしりや食いしばりなどの圧迫によって神経に血が流れにくくなり、その後血流が元通りになったとき、歯の中に炎症が起き痛みに変わりやすくなるようです。

 

また、詰め物をして治した後しばらくしみたことはありませんか?

これは、削った刺激や虫歯の炎症で神経が敏感になり、落ち着くまで時間がかかるからです。自然なことですので心配は要りませんがあまりにも症状が強い場合はご相談ください!

 

 

中里デンタルクリニック.では、しみる症状に効果の期待できるペーストなども取り扱っておりますのでチェックしてみてください!

唾液の力はすごいです!

皆さまおはようございます!中里デンタルクリニック.アシスタントの畑中です。10月にも入り今年もあと3ヶ月で終わってしまいますね!これからはどんどん寒くもなってきますので、皆さま体調のほうお気をつけて下さい。手洗い、うがい大事にです!
さて、今日はどんなお話をするかと考えてみました。もちろんお口についてのことですが、皆さんは唾液について考えたことありますか?なかなか考えることありませんよね?今回は唾液の役割りなどをご紹介していきたいと思います!
唾液はとてもお口の健康を守るために常に活動をしています。たくさん役割はありますので4つ厳選してお伝えしますね。
①お口を清潔に保つ
食べかすや細菌を洗い流して、お口を清潔に保つ自浄作用があります。なので唾液が減ると、細菌が繁殖しやすくなるため虫歯や歯周病といったお口の病院になりやすくなってしまいます。
②粘膜を守ります
唾液のネバネバ成分であるムチンには潤滑脂として粘膜を保護する作用があります。唾液が減ると潤いが足りず傷ついて口内炎などになりやすくなります。
③歯を補修します
唾液中に溶け出した歯の成分は、時間をかけて唾液から歯に戻り、歯が補修されていきます。また、唾液中の糖タンパクは、歯の表面を保護する膜をつくります。
④味を感じさせます。
食べ物の成分が唾液に溶けることで、味を感じやすくなります。唾液が足りないと味が変わって感じられ、美味しく食べられません。
この4つだけでも唾液はすごく大事なものだとわかっていただけたでしょうか?皆さまは唾液の量はいかがでしょう。唾液が減ることによって唾液の役割が十分に発揮できなくなります。減ってきたな、もっと唾液を出したい方に唾液の量を増やすコツをお伝えします!
①水分をとりましょう
唾液は血液から作られます。血液のおおもとは水分になりますので、唾液を増やすには、水分をとりましょう。
②よく噛んで食べましょう
咀嚼をするほど唾液腺が刺激され、唾液が出てきます。食材を大きく切ったり、噛みごたえのある食べ物を選ぶなど、咀嚼回数を増やす食べ方の工夫も効果的です。
このほかにも顎の下や耳の下などをマッサージをすると唾液の分泌を促したりもします。前までは普通に唾液の量があったのに減ったと思った方はこれがもしかすると原因かもしれません。①脱水②持病のお薬など③加齢によるものなどあります。思い当たる方は先ほどあげたコツを意識してみてください。
このように唾液はすごいお口の健康を守るために働いてくれています!皆さまもお口の健康を守るために、歯磨きやお口の状態(虫歯や歯周病など)の確認がとても大事です。しばらく歯医者行っていない方、ぜひ中里デンタルクリニック.に定期検診お越し下さい。お電話でのご予約お待ちしております。

月別アーカイブ