中里デンタルクリニック.のお知らせ

知らないのはモッタイナイ !!歯科の訪問診療

みなさま、こんにちは!!
中里 デンタルクリニック.の受付の下舘です。

 

 

今回のテーマは『訪問診療』です。残念ながら、当院ではまだ導入されておりませんが、知らないのはモッタイナイ!!ので、在宅ライフを健やかに快適に過ごしてもらうために、ご自宅や施設をお伺いし、お口の健康をサポートする『訪問診療』をご紹介いたします。

 

 

介護を受けられている方の健康状態には、お口の健康が大きく影響します。例えば、お口の細菌が肺に入って起きる誤嚥性肺炎や、インフルエンザなどの感染症。また、「入れ歯が合わない」「ムセがひどい」などがあるとうまく食事ができず、栄養も十分に摂れなくなるおそれがあります。そして、栄養が摂れないと抵抗力が落ち、肺炎や感染症にもかかりやすくなってしまいます。ただ、介護する方がお口を清潔に保ち、栄養を摂るためのコンディションを整えることは、ご家族のお力だけでは難しいこともあります。そんな時に、お口のプロフェッショナルである歯科の訪問診療をご利用いただければと思います。

 

 

往診と訪問診療は、どちらもお医者さんが患者さんのところに来てくれるものなので、一見同じに見えます。ですが、この二つには明確な違いがあって、患者さんから連絡を受けて“その都度”訪れるのが「往診」で、“定期的かつ計画的に”お医者さんが訪れるのが「訪問診療」です。困った時だけの往診とは異なり、訪問診療では患者さんの健康を継続的に管理していきます。
「口は命の入り口」と言いますが、「病の入り口」でもあります。歯科医師や歯科衛生士に定期的にお口の中を診てもらうことは、全身の健康の維持にもつながります。大切な人、あるいは介護者自身の“快適在宅ライフ”のために、ぜひ歯科の訪問診療をお役立てください。
介護を受けている方にこんな気がかり、ありませんか?
なんだか、痩せたような…
入れ歯が合ってないみたい…
食事が大変そう…
①食べこぼしが増えた
②飲み込むのがつらそう
③食事中や食後にムセる
④食事にかかる時間が長くなった(目安は40分以上)など
一例ではありますが、こんな気がかりがある場合は放置せず、ぜひかかりつけの歯科医院にご相談ください。

 

 

口腔ケアはシゲキが肝心です。お口の中やまわりをシゲキすることで、舌やくちびるの動きがよくなったり、だ液の分泌が促進されることが分かっています。また、認知機能にも良い影響を与えます。(口腔ケアそのものが体の負担にならないように、ケアを受ける方の体調を見ながら進めます)

 

 

訪問診療をしている歯医者さんを探すには…
★在宅の場合
・かかりつけの歯科医に相談
・地域包括支援センターに相談
・ケアマネに相談
・地域の歯科医師会などに相談
★施設の場合
・相談員に相談

 

 

介護を受けられている方にとって、毎日の食事は大事な楽しみのひとつ。お元気なうちから、「しっかり噛んで食べられる」お口を維持しておきましょう。

お口に効く‼︎プロバイオティクス

皆さんこんにちは‼︎ 中里デンタルクリニック、歯科助手の山内です。

今回はプロバイオティクスについてお話しします。

 

そもそも「プロバイオティクス」が何かご存知ですか?

プロバイオティクスとは、腸などの細菌のバランスを改善して私たちの身体に良い効果をもたらす生きた細菌のことです。ヨーグルトやキムチ、ぬか漬け、納豆などの発酵食品に多く含まれています。

 

プロバイオティクスの効果として「腸の細菌の群れのバランスの改善」はよく知られていますが、お口の中にはどんな良い効果があるのでしょう?

進められた研究によって、腸と同じくお口の中でもプロバイオティクスの効果が見込めることが明らかになってきています。

お口の中には約1000億個の細菌が住み着いていて、問題を起こす虫歯菌や歯周病菌は普段は大人しい菌なので、プロバイオティクスによってバランスを改善できればその活動を抑え込むことができます。

 

ただし、どんなプロバイオティクスでもお口の中で効くわけではありません。整腸作用のあるヨーグルトを食べても虫歯や歯周病を防げるわけではないのでそこは誤解しないでください。

というのも善玉菌といっても様々な種類があり、それぞれ少しずつ特徴も効果も異なります。整腸作用に優れたプロバイオティクスがお口にとどまって働いてくれるとは限りません。

そこでお口にはお口に効きやすいプロバイオティクス、つまりお口にとどまって良い作用をすると確認された善玉菌の中から、特に優れた菌株が選ばれています。お口に使われるプロバイオティクスは主に乳酸桿菌とビフィズス菌族で、そこから選りすぐりの菌を使ってお口向けのプロバイオティクス製品も販売されていますので、ぜひ探してみてください。

 

また、なぜプロバイオティクスは歯周病の改善に効くのでしょうか?

そもそも歯周病は歯周病菌がお口の中で引き起こす感染症のことです。

歯周病を治療するにはプラークと呼ばれる磨き残しと歯石を取って菌を減らすとともに歯周病菌の活動を抑え込む免疫力の活性化が重要になってきます。

実は、お口と腸の免疫機能は普段から協働していて、プロバイオティクスにより腸の環境が改善されるとお口の中の免疫力がアップするだけでなく、腸の免疫物質が歯ぐきにも届いてサポートをするので治療がよりスムーズになることがわかっています。

矯正中のお悩み解決ガイド!

こんにちは!中里デンタルクリニックの歯科衛生士木村です。コロナで自粛ムードではありますが、お口の健康管理は感染症対策になります。当院でも来院してくださる患者さんに対して、誠心誠意対応させて頂いております。ご自宅でのブラッシングは感染対策、むし歯予防、歯周病予防、どの面からもとても重要になってきますので大切にしていきたいですね!

 

本日は矯正をしている方のお悩み解決ガイドという内容でお伝えしていきたいと思います。当院では直接矯正治療はしていませんが、矯正治療をしたいという患者さんにはご紹介という形で、他院さんへの紹介状をお渡ししています。

 

矯正治療をはじめたいけれど、お口にワイヤーやブラケットがつくと『歯磨き大変なんだろうな』と心配なかたが多いのではないでしょうか?実は矯正中の歯のケアは治療成功のカギを握る大切なポイントです。

 

矯正中のお口は、装置を使う分、食べかすやプラークがつきやすいうえ、掃除もしにくくなります。プラークをしっかり取り除かないと、むし歯や歯周病の原因に。むし歯の場合、治療をするにはいったん矯正を中断せざるを得ません。また、歯を移動させるため歯槽骨に負荷をかけている最中に歯周病が起き、歯槽骨に炎症が及ぶと、普段よりも歯槽骨が壊れやすく、歯を動かすどころかグラグラになってしまうことがあります。せっかくの矯正治療を水の泡にしないためにも、より丁寧なケアか大変重要なのです。

 

そこでご提案したいのが、『1日1回リセット』です。細菌の塊であるプラークが、成熟して害を成すようになるまでには、およそ18時間かかると言われています。つまり、18時間以内にお口の中のプラークを除去できればセーフということ。そこで、1日の中で、ゆっくり時間がとれる時に、少なくとも1日1回は、徹底的にお掃除をして頂きたいのです。唾液が減り、むし歯が増えやすいのは就寝中ですので、就寝前のリセットがとくに重要です。ただ、どうしても忙しくて夜の時間がゆっくりと取れないという時は、朝食後か昼食後にじっくり磨いてリセットしていただいてもよいでしょう。

 

効率的に磨けるよう、汚れのたまりやすい場所のお掃除のコツをお伝えします。

①バンドのかかった奥歯のまわり

バンドから上の部分は、毛先を届かせるように歯ブラシの先のほうで磨きましょう。バンドのラインにそってタフトブラシも使うとよいでしょう。バンドの下の部分は歯ブラシや細部磨きが得意なタフトブラシで汚れをかき出しましょう。バンドと隣の歯とのあいだは、2~3日に一度、歯間ブラシで汚れをかき出します。磨きすぎると歯茎を痛めてしまうので、2ストロークくらいを目安にするとよいでしょう。

 

②ブラケットのまわり

毛先が歯面にしっかり当たるよう、ブラシは寝かさず斜め45度に当てます。つま先やかかとの部分も使い、ブラケットの周りの汚れを毛先でかき落とします。ブラケットの左右の歯面は、歯ブラシを立てるようにして当てます。歯ブラシの毛先が入りにくい人はタフトブラシを使いましょう。

 

③ワイヤーと歯の間

タフトブラシであれば、毛先を上からワイヤーと歯のあいだへ入り込ませます。同じように下からも入り込ませてみがきます。

歯間ブラシであれば、水筒を細長いブラシで洗うようなイメージで、ワイヤーと歯の間に歯間ブラシを入れて掃除します。歯面を傷つけないよう、針金がコーディングされている歯間ブラシがオススメです。

フロスであれば、フロスわや動かしワイヤー部分の汚れをこすり落とします。太めのフロスがおすすめです。

 

私たちのお口やからだの健康には日々の生活習慣が大きく影響します。むし歯や歯周病のせいでせっかくの矯正治療を中断することになってしまわないように、徹底的はプラーク除去を、少なくとも1日1回はするよう心がけていきましょう。

 

歯と入れ歯と長生き

こんにちは。中里デンタルクリニック.です!

 

いよいよゴールデンウィークですね。

外出を控えておうち時間が増えたと思いますが、何をしてお過ごしですか?

手洗いやうがい、歯磨きも忘れずに、感染症対策をしっかり行いましょう!

 

 

さて今回は、『歯と入れ歯』についてのお話です。

「歯がある人は年齢を重ねても元気」というイメージはありませんか?

実はそのイメージは間違いではなく、自分の歯で噛めている方や、

しっかり治療を受けて入れ歯を使って噛めている方は、体力の衰えが

なだらかという研究結果があるのです。

老後の元気な生活のために、歯科医院が役に立つのです!

 

日本人の「平均寿命」は男性が約80歳、女性が約87歳くらいです。

では、「健康寿命」は何歳でしょうか。

男性では71歳、女性は74歳にとどまっているのです。

男女共に、「平均寿命」と「健康寿命」の差が10年ほどあります。

つまり、多くの方が要介護期間を経て亡くなっているということです。

 

そんななか、高齢者の寝たきり予防を支える土台として、

歯科医療が大きな役割を果たすということがわかってきました。

自分の歯をなるべく残すか、あるいは入れ歯でかめるようにする

ということはとても大切なことで、認知症予防につながったり、

寝たきりの原因の一つである転倒のリスクを下げたりすることができます。

 

 

「噛み合わせがよい人ほど長生きで、噛み合わせがよくない人ほど生存率が低い」という研究結果があるのですが、歯がなくても入れ歯で噛んでいる人と、治療せずに噛み合わせがない人では大きな差があることがわかりました。

自分の歯があることがもちろんですが、入れ歯を使って噛み合わせを維持できていれば長生きできるのだそうです。

 

入れ歯が使えるようになるまでには、歯科医院での調整や、慣れる努力も必要で、患者さんとしては大変かもしれません。しかし、老後に慣れた入れ歯があることがとても大事なことなのです。

 

また、「噛み合わせがよい人は転倒しにくい」というデータがあります。

それはなぜなのでしょうか。

歯の根っこを包み、歯を支えている歯根膜という器官は、

感覚を受け取る器官で、体の位置感覚を司ると言われていますが、

その情報のおかげで脳がバランスを取りやすくなると

考えられます。

また、認知症の方に入れ歯を入れていただくと、

前年よりも転倒がすくなくなったという結果が出ているようです。

 

 

よく噛む方は、「意欲」「想像」「実行」などを司る前頭前野が活発に動いているようです。

さらに、よく噛めるということは低栄養になりにくくなります。

 

 

歯を失って食べにくくなったら、かかりつけの歯科医院にまずはご相談ください!

月別アーカイブ