中里デンタルクリニック.のお知らせ

お口の健康を守るには

こんにちは!中里デンタルクリニック.です。

 

いまはコロナの影響が大きく、皆さま大変な時期だと思います。今できることといえば外出を避けたり、手洗いうがいを心がけたりすることが感染防止や拡大を防ぎますので将来のためにお互いに頑張っていきましょう!また、当院では感染予防でスタッフ全員毎日検温を行っております。診療中もゴークル、マスクをつけ空気中に飛び散るものを吸うバキュームも常に使用しています。滅菌も徹底して行っております。通っていただいている患者さまにも手洗い消毒をしていただいたりしています。少しでも体調がすぐれない場合は予約が入っていても無理なさらずに、お電話での予約変更をお願いいたします。

 

 

さて、今回はなぜ歯医者は定期健診を強くおすすめするのかについてお話しいていきたいと思います。当院でも、全ての治療が終了した患者さまには定期健診をおすすめしています。なぜおすすめするのかというところですが、それは病気を早期発見できるからです。虫歯や歯周病はいつどうなるかはわかりません。ただ初期の状態で見つけることができれば、歯科指導を受け、生活習慣を改善して虫歯の進行を止めることもできますし、歯周病も改善することができます。削らずに済む段階で虫歯を見つけるため定期的に歯医者で診てもらいましょうということです。

 

 

生活習慣の改善による虫歯の進行コントロールで、最も患者様にメリットが大きいのは、何と言っても初期虫歯(虫歯の予備軍)の段階です。歯に穴が少しでもあいてしまうと歯の外形が崩れていますし、崩れてしまった部分は戻ることはありません。しかし、初期虫歯の段階で見つけられれば、元通りのきれいな歯に戻せる可能性があります。初期虫歯の治療も虫歯の予防も、口の中をきれいにして間食を減らすところから始まります。お口の中が酸性の状態が続くと虫歯菌が活発になります。酸性の状態になる時は何かを食べている時になりますのでダラダラ食べは避けましょう。初期虫歯=虫歯の予防は、歯だけではなく、体の健康管理にも役立ちますので、ぜひ始めてみてください。

 

 

ただ、食べることを減らしたかといって虫歯にならないわけではないです。毎日の歯磨きも十分な予防方法になりますので、しっかり行うことが必要です。しっかり行ったうえで定期健診にお越しいただいて虫歯や歯周病になっていないかを確認していきますので健康なお口を守りたい方は是非定期健診にお越しください。その時には歯科衛生士がしっかりとブラッシング指導も行いますので、よりきれいに歯磨きをできるようになりますよ!

スプリントについて

皆さんこんにちは、中里デンタルクリニック勤務医の小松です。最近コロナの影響で慌ただしい日々になってしまっているかと思います。

歯科医院は感染リスクが高いなどの話もあるかと思いますが、実際は口腔環境が不潔のままであれば感染リスクは高まってしまいます。なので少しでも清潔にするために治療とメンテナンスや自身での歯磨きを頑張ってください

今日はマウスピースについてお話しいたします。マウスピースは別名スプリントやナイトガードなどとも呼ばれており大きく言えば全て同じです。

しかし用途や目的によって異なります。

当院で作っているのは治療用のスプリントです。

皆さん夜寝ているときに歯軋りしていたり日中に食いしばりを感じることはありませんか?また噛んで歯が痛くなったり、朝起きたら頬っぺたがいたい、顎の関節が痛くて口が開けられないという症状はありませんか?

歯の治療をしているにあたって原因でわけると大きく3つに分けることができます。

1つは虫歯による被せ物や詰め物、根の治療

2つ目は歯周病による歯茎の治療

3つめが強い噛みしめによる歯周組織に痛みがでることへの治療

数としては少ないですが虫歯や歯周病でもない場合は噛み合わせが原因と考えられることが多いです。

人の噛む力はおよそ体重分の力がかかると言われています。70キロの成人男性だとすると食事時だけでなく必要以上に噛んでしまうと毎回70キロの力が歯と歯周組織にかかります。

言い換えれば毎回、歯に70キロのハンマーで叩かれているイメージです。そうなると歯は段々と擦り減ってしまい、痛くなってしまうだけでなく歯を支えている骨や歯茎も下がってしまい動くようになり進行してしまうと抜かなければいけない状況になってしまいます。

痛い症状だけを取るのであれば簡単です。神経を抜くことです。しかし神経を抜いてしまった歯の寿命は長くありません。神経を抜くのはよほどのことでない限りは行いません

歯を削らずに歯の痛みを抑える方法はあります。それがスプリントです。

スプリントは着脱式の透明な硬いプラスチックでできています。違和感こそ大きくあると思いますがこれをつけることで人の噛む力を代用してくれて、痛みや深い症状、歯が動いてくるのを防止することができるでしょう。

市販のスプリントも売っていますが当院では上顎の型取りをとってから作ります。そうすることで一人一人異なる歯並びに即した自分1人だけのオリジナルスプリントが作ることができます。

噛んでいたい方や歯軋りを感じている方、今症状がなくても悪くなるリスクを少しでも減らすために気になるようでしたら一度ご相談ください

縁の下の力持ち「ファイバーポスト」

皆さんこんにちは、中里デンタルクリニックです。

今回は「ファイバーポスト」についてご説明します。

 

皆さんのお口のなかに、差し歯ってありますか?

その差し歯が、どんな構造でできていてどんな材料が使われているか、ご存じですか?

差し歯は、患者さんご自身の歯根を大切に残し、そこに土台を立てて上から被せ物を

被せてある築造物です。

つい見た目にばかり気を取られがちですが、その耐久性の鍵を握るのは、

やはり「土台」。

今回は、差し歯の耐久性アップに貢献している「縁の下の力持ち」の芯棒をご紹介し

ましょう!

 

 

ファイバーポストとは、繊維(ファイバー)でできた芯棒(ポスト)のこと。

差し歯の治療で被せ物(クラウン)をかぶせるとき、その土台(コア、支台歯)を丈夫

にするために使われているグラスファイバーの芯棒です。

大きなむし歯ができたとき、ばい菌が入って腐敗した神経をきれいに掃除し、歯の

下半分を残してそこに被せ物をかぶせ、「もう一遍使って行こう」というのが、

差し歯の治療です。歯質を失って弱くなった歯は、再び噛む力に耐えられるように

補強をしなければなりません。それが差し歯の土台作りで、家の基礎を作るとき、

コンクリートのなかに鉄骨を入れるのと同様、強度が必要なときに芯棒を

使うわけです。

 

 

従来、歯の土台作りの材料には、まさに建物の鉄骨のように、おもに金属が使われて

きました。金属のポストやコアは、丈夫で信頼性の高い材料として評価され、

現在も多くの治療で使われています。一方、あらたに登場したファイバーポストは、

天然の象牙質と同程度の硬さを持ち、曲げ強さもあって天然歯と親和性が高く、

歯の破折のリスクが下がること、そして差し歯の色に影響を与えないことから、

まず審美治療を中心に広く普及しました。現在、メンタルフリー治療の広がりの一翼

を担って、シェアを急速に拡大させています。

 

 

これまでファイバーポストを使う治療は、すべて自費治療の扱いでした。

しかし今年から金属の芯棒のほかに、ファイバーポストの保険の差し歯の芯棒として

使えるようになりました。前歯では1本まで、小臼歯と大臼歯では2本までなどの

制限はありますが、メタルフリー治療の普及への新たな一歩となっています。

 

とくに、ファイバーポストを土台に使うメリットとして、前歯の審美治療をご希望の

患者さんにとってとくに魅力的なのが、仕上がりがグッと自然に見えることです。

もうひとつ、審美面で有利なのは、歯ぐきに起きがちな黒っぽいメタル色の

にじみを避けられる点です。土台に金属が使われていると、時間がたつにつれて

メタルタトゥーと呼ばれる歯ぐきの変色を心配せずに治療ができるようになって

います。

 

 

月別アーカイブ