中里デンタルクリニック.のお知らせ

学校歯科健康診断の紙をもらったら?

みなさんこんにちは!中里デンタルクリニック.です。

少しずつ温かくなってき始めて、春がもうすぐそこという感じがしますね。

まだまだコロナウイルスは油断できませんが、1日でも早く穏やかな生活に戻れることを心から祈るばかりです。

 

春になると幼稚園〜高校生の皆さんは学校で健康診断が始まると思います。今回はその学校歯科健康診断についてお話しします。

 

学校歯科健康診断の結果のお知らせの紙を持ってお子さんを連れ歯科を受診したら、紙に書いてある結果と診断が違って「あれ?」と思ったことはありませんか?そうなんです。学校の歯科健康診断は、お口の健康を守り育てるためのスクリーニング。確定診断をし、病名を特定する歯科医院の検診とはチェックの基準や目的が少し異なるのです。今回は健康診断の結果をお子さんのお口の健康によりよく活かすヒントをお届けします。

 

学校歯科健康診断とは「学校保健安全法」に定められ、文部科学省の指導のもとで行われている児童や生徒のためのお口の健康チェック。一方歯科医院の歯科検診は、厚生労働省の管轄で行われ、精密な検査をしてお口のなかの病気を確定診断し問題を洗い出して、治療や経過観察するために行われています。

 

ところで、学校と歯科医院の検査結果には、多少の誤差が生じることがあるのをご存知でしょうか。学校の歯科健康診断は、視診のみで行う簡易的な検査なので、私たち学校歯科医がより精度の高い検査を目指すのはもちろんですが、おのずと限界があるのも確かです。むし歯(C)があるからと歯科医院で検査したら、さいわい初期むし歯(CO)だったり、逆にCO(要相談)の指摘でエックス線検査をしたら、むし歯(C)が隠れていたというケースも、少なからずあります。学校では確定診断はできませんが、怪しい場所やリスクの高さの指摘ができます。もしこの健康診断がなければ、児童や生徒のお口のトラブルは、その多くが見過ごされてしまうでしょう。自己管理や定期受診をはじめるきっかけに、学校歯科健康診断を活用して下さい。

 

では実際に学校では何を調べているのでしょうか?学校歯科健康診断の流れは以下の通りです。

・骨格の歪みがないか観察

・顎関節の確認

・歯並びや噛み合わせの確認

・歯垢の付着度の確認

・歯ぐきの状態の確認

・歯の状態の確認

 

学校歯科健康診断が終わると検査結果の通知がお子さんを通して親御さんの元へ届きます。そこで目にする歯科独特の言葉について解説していきます

 

・CO

要観察歯のことで、視診では明らかなむし歯の穴は確認で

きないけれど、初期むし歯の特徴(白濁、白斑、褐色斑)が

認められて、放置すると削る治療が必要になることもあり

ます。

 

・GO

軽度の歯周病で、歯磨きを丁寧にすれば治る歯茎の炎症で

す。いわゆる歯肉炎の状態です。

 

・エナメル質形成不全

生まれつきエナメル質が弱い歯で、むし歯のリスクが高

く、噛む力で欠けやすいなどの問題が起こりがち。かかり

つけの歯科医院で経過観察や治療を受け、大切に守ってい

きましょう。

 

・過剰歯

本来必要のない余分な歯が生えています。周りの歯の萌出

を邪魔したり、傷めてしまうことがあるので、早めに歯科

医院で検査を受けましょう

 

・中心結節

歯に円錐状の突起があります。折れやすいので、かかりつ

けの歯科医院で検査を受け、周りを樹脂で固めたり、少し

ずつ削り、フッ素塗布を受けて知覚過敏やむし歯から守っ

ていきましょう

 

・癒合歯

隣り合った歯が発育途中でくっついて生えたものです。生

え替わりの時期に影響したり、境目がむし歯になりやすい

ので、かかりつけの歯科医院で経過観察を受けましょう

 

・先天性欠如歯

本来は永久歯に生え変わるのですが、生まれつき永久歯が

足りないと、乳歯がそのまま残ります。エックス線を撮っ

てはじめて確定診断できるので、かかりつけの歯科医院で

調べてもらい、予防して残った乳歯を大事に守っていきま

しょう

 

・叢生

あごの骨に歯が並ぶスペースがなく、乱ぐいになっていま

す。前歯が永久歯に生え変わるころから急に目立ち、小学

校低学年の歯科健康診断で指摘されはじめます。骨格が完

成に近づく思春期成長期より前の治療が効果的。

 

・開咬

奥歯を噛んでも前歯が閉じず、飲み込みや発音に支障が出

やすくなります。舌を前にクセがあると成長とともに問題

が拡大ふるので、思春期成長期前の骨格誘導と舌のトレー

ニングが効果的。

 

・上顎前突

前歯が並びきらず前に迫り出す、あるいは上あごの骨格が

前に出過ぎる、または下あごの骨格が奥に引っ込みすぎる

ことが原因です。前歯が永久歯に生えかわるころから目立

ち、小学校低学年の歯科健康診断で指摘されはじめます。

骨格性の場合は、とくに思春期成長期前の治療が効果大。

 

・交叉咬合

上下の奥歯が、本来とは反対の噛み合わせになっていま

す。しっかりと噛めず、成長とともにあごの骨格の歪みが

拡大しがち。永久歯の交叉咬合は小学校低学年の歯科検診

で指摘されはじめます。低学年の早い時期からの治療が有

利。

 

・反対咬合

上あごの前に下あごのさが出た状態で、しっかりと噛むこ

とができません。下あごが上あごにかぶさって、上あごの

成長を邪魔するため、成長するとさらに目立っていきま

す。骨格が完成する思春期成長期の前ならば骨格の誘導で

改善されますが、できれば低学年の早い時期からの治療が

有利。

 

・正中離開

前歯のあいだに隙間ができています。歯ぐきとくちびるを

つなげている小帯や過剰歯の影響も考えられるので、まず

はかかりつけの歯科医院で検査を受けましょう。

 

ライフステージによって歯の病気のリスクは変化していきます。だからこそ子どもの頃から歯科の知識と歯を守る習慣を身につけて、対応していく必要があります。学校歯科健康診断の紙をもらったら是非一度歯科医院を受診することをオススメします!

歯周外科治療とは?

こんにちは。中里デンタルクリニック.です。

季節の変わり目で体調を崩しやすいですが、手洗いうがいでばい菌を

退治しましょう!

 

さて今回は、『歯周外科治療』についてのお話です。

 

自覚症状が出にくく、ジワジワと進行していく歯周病は、

気づいた時には重症になっていたということも多いようです。

しっかり治して歯を残すためには手術が必要になることもありますが、

最近では救うことのできる歯が増えてきています!

 

まず、歯周病とはどのような病気でしょうか。

お口の中の歯周病菌が炎症を引き起こす病気です。歯周病菌は普段

プラークの中に棲んでいて、歯石の中に入り込んだり歯周ポケットの中に

もぐり込んだりして悪さをします。

初めは歯茎が腫れるだけですが、だんだんと歯を支える歯槽骨を

溶かすので、歯がグラグラしたり、最悪の場合は抜けてしまったり

します。

軽度であれば歯石除去やブラッシングで処置できますが、重度とも

なると同じやり方では汚れを取りきれず、炎症をなくすことが難しく

なります。

 

そこで必要なのが『歯周外科治療』です。

歯茎を開き、残った汚れを確認します。そして汚れを徹底的に取り、

骨の形を整えます。必要であれば再生療法をし、歯茎を閉じて終了です。

 

再生治療というのは,失われた骨、セメント質、歯根膜を取り戻す

ことを目的とする治療です。ただ手術で汚れを落とすよりもさらに

多くの骨を増やすことができ、ポケットの減少が期待できます。

再生治療にはいくつか方法があり、患者様の病態にあわせて歯科医師が

選んで行います。

①GTR法:特殊な膜を骨の壁代わりにし、骨の再生力を引き出す。

②エムドゲイン法:骨を作る細胞を活性化するジェルを使って、

患者様ご自身の細胞に働きかけ、再生力を高める。

③骨移植:患者様自身の骨を移植する。

歯の周りの骨の一部がくぼむように欠損している場合は大きな効果を

もたらします。ただ残念ながら、骨が全体的になくなってしまった場合

にはあまり効果が期待できません。

術直後は、歯に力をかけないように安静に保ちつつ、再び細菌感染

しないように十分なプラークコントロールをしながら、再生した組織の

成熟を待ちます。

通常は1年程度で結果を評価しますが、2〜3年続く場合もあります。

 

また、インプラント治療を長持ちさせるためにもまずは歯周病の治療を

受け、炎症を止めましょう!そしてインプラントは、残った大切な歯を

過剰な力から守っってくれます。

 

時間はかかりますが、諦めずにぜひトライしていただきたいと思います!

 

原因不明の歯の痛み

皆さんこんにちは。中里デンタルクリニック.です。コロナの感染も増えてきています。まだ青森では感染の発表がないのですが、感染力は高いので手洗いうがいをしっかりしていきましょう。当院でもコロナ対策でスッタフはマスクを常につけさせていただいております。また予約を取られている方で咳が出ていたり、体調の変化がある方は無理をせず電話での予約変更をお願いいたします。

 

 

では、歯のことについてお話ししていきますね。皆さんは「非定型歯痛」とおいう言葉を聞いたことはありますか?はじめて聞く方も多いのではないのでしょうか。「非定型歯痛」というのは、つらい痛みが続くにも関わらずいくら詳しく歯科な度で検査をしても原因が見つからない歯の痛みを言います。

 

 

○「非定型歯痛」の症状

痛みとしては、持続性で、自発性の鈍い痛みがあげられます。よくあるのは歯や歯肉、抜歯した部位を中心としさらには上下の顎、さらには顔面にまで広がることもあります。なかには何ヶ月も続き、急激に症状が悪化することもあります。レントゲンでも何らかの治療をされていたり複雑な歯の構造による根幹自体の難しさなどがさらに鑑別を難しくさせます。

 

 

口は体のなかでも感覚が特別に敏感な器官でもありますので、歯科治療によるストレスは、情動に影響を与えやすいのです。疲れていたり、気苦労の多いところへ歯科治療のストレスが加わることによって、その人のストレスの許容量を超えてしまうと痛みの神経ネットワークのバランスが崩れて非定型歯痛が起きてしまうことがあります。なので歯科が苦手な方や不安なことがある方は、遠慮なくご相談いただければ笑気麻酔などを利用して不安を和らげることもできます。十分に話し合い、納得してから治療を受けることが、治療のストレスの軽減につながります。安心して治療をしていただくためにも、我慢はせずにご相談ください!

 

 

本当の原因の発見が遅れてしまうと痛みが慢性的なものへと変わって脳は小さな刺激にも敏感になってしまいます。歯痛はまれに、排外の原因でも起きることをこの機会に頭の隅に置いていただき、原因不明の歯痛が起きたときには早期に歯以外の可能性も検討し、専門外来[専門外来とは、日本口腔顔面痛学会に属する認定医・専門医・指導医が診療を行っていたり、大学病院などで歯科医師と精神科医が連携して診療にあたっている外来や診療歯科をいいます]にかかって診察を受けましょう。

タバコと歯の関係〜禁煙を進める理由〜

皆さんこんにちは中里デンタルクリニックの勤務医の小松です

今回は初めてブログをあげます。今回のテーマは禁煙についてです

タバコはガンになりやすいのは皆さん知っていると思いますが、実は歯科にも大きく関係しております。

患者さんの診療の中で歯がない人や歯を抜かなきゃならない人を見ると多くの人にタバコを吸っている人が多いです。

タバコは歯周病を悪化させます。そのほかにも治療をしても回復が遅く治りにくい。治療後一旦良くなっても再発しやすい。血管が収縮し血流が悪いため歯ぐきが腫れにくく、病気の発見が遅れやすい。タバコの刺激で歯ぐきが硬くなって出血しにくく、病気の発見が遅れやすい。歯と顎の骨を結びつける歯根膜がタバコで傷む。傷んだ歯根膜に炎症が及ぶと歯が抜けやすくなる。などなどあります

同じ歯周病の治療をしても喫煙者と禁煙者では治りの効果がまるで違います。喫煙者の歯周病の治療効果は40〜80%も劣ります。

また歯周病になるリスクは、ヘビースモーカーほど高く、毎日20本吸うと、吸わない人の4倍以上に歯周病になりやすいです

また実は歯周病だけでなく実は虫歯に対してもリスクがあります。タバコにより虫歯菌がパワーアップし歯を溶かす酸をジャンジャンとつくってしまったり、虫歯菌のすむプラークの外膜が丈夫になり虫歯菌の作る酸をタップリ溜め込んで濃度をあげてしまう。ヤニのベタベタにプラークが引っつき、歯ブラシで取り除きにくい。虫歯が大きくなりやすく根っこの治療のリスクが増える。根っこの治療をして歯の中をきれいに掃除しても修復機能が弱っているために治療後の回復に時間がかかり、痛みや違和感が続きやすい。根っこの治療の際、免疫細胞がすみやかに働かないための再発のリスクが増える。などのリスクもあります。

そしてさらにさらにご自身の問題だけでなく実は周りの人に対しても影響がでています。実は受動喫煙で子供の虫歯のリスクが上がります。受動喫煙している子供の虫歯のリスクは父親が喫煙しているとおよそしてない子供の1.5倍にあがります。母親に至っては2.3倍にあがります。およそ虫歯になりやすいリスクが倍以上に上がってしまいます。また子供のうちでも歯と歯茎の境目の溝の深さはこちらも1.5倍以上に上がってしまいます。

以上が喫煙のリスクです。さあ、禁煙を始めますか。手遅れだとは思わずに禁煙するだけの効果はあります。治療に対する歯茎の反応はよくなり、歯周病原菌の性質がグッと穏やかになり歯を失うリスクも各段に低下していきます。

日本は高齢化社会になり平均寿命は伸びていますが健康寿命はどうでしょうか?歳をとり気付いてからでは遅いのです、健康は食べること、口の中から始まります。健康で長生きするためにも今からでも禁煙を始め、歯を残していきましょう

月別アーカイブ