中里デンタルクリニック.のお知らせ

お口を清潔にして、感染症対策!!

みなさま、こんにちは!!中里デンタルクリニックです!!
少しずつ、日が長くなってきましたね。少しずつ春が近づいてきました!!
もう雪が降りませんように!!

 

今週は『お口と感染症』についてお話しさせていただきます。
みなさんは、ご自分のお口の中にたくさんの細菌が棲んでいるってご存知ですか?実はこの菌たちは、とても凶悪でむし歯や歯周病を引き起こすだけでなく、風邪やインフルエンザが体に入り込む手助けまでしていることがわかってきました。ヤツらに好き放題させないためには、いったいどうしたら良いのか…、お口の細菌の正体と、ヤツらへの対処法を知ってこの時期を乗り切りましょう!!

 

お口の中には細菌が100億個!!
誰だって、「お口の中に細菌がウジャウジャいる」なんて想像するのは、気持ち悪くて嫌ですよね。でも本当のことを言わせていただくと、お口のなかは細菌の巣窟。いつも歯磨きをていねいにしている人でも、歯や舌、粘膜などにいる細菌を合計すると100億個にも達します。歯磨きを怠っている人の場合、なんと1000億個もの細菌がお口の中にいるのです。
こうした細菌たちがむし歯や歯周病の原因だということは、多くの人がご存知だと思います。ところがこの細菌たちは、お口のなか以外にも、とんでもない悪さをしていることが明らかになってきています。
お口の細菌は、誤って肺に入ると誤嚥性肺炎を起こします。歯ぐきの炎症から血流に入り込むと、動脈を詰まらせて動脈硬化の原因になります。そのうえ糖尿病や腎臓病の引き金になっていることもわかっています。こんなふうに、お口のなかの細菌は気道や血流に入り込んでは、命を奪うほどの重大な病気の原因を作っているのです。
そしてさらに研究を進めるなかで、実はお口のなかの細菌が、風邪やインフルエンザのウイルスを手伝って、感染しやすいようにサポートしてことまでわかってきました。どうやら細菌の出す毒素や酵素が、恐ろしいウイルスの誘導役をしているようなのです。

 

 

日頃から知っておきたいウイルス感染への「予防策」は、みなさんご存知の『手洗い・うがい・栄養バランスの良い食事・十分な睡眠』、ここまではおなじみの方法ですね。
これにもう一つ追加したいのが、『ていねいな歯磨き』です。お口の中をきれいにして細菌を減らすと、ウイルス感染のリスクが減ることがわかってきました。逆に、歯磨きをサボってお口のなかに細菌がたくさんいると、細菌が風邪やインフルエンザウイルスなどの感染をサポートする毒素をたっぷりと出してノド粘膜に悪影響を与えてしまい、その結果ウイルスの感染が促進されてしまいます。ていねいな歯磨きでお口の中から細菌を追い出すこと、また歯科医院で定的にクリーニングを受けることが大事です。

 

 

元気なからだは、清潔なお口から。お口のなかに凶悪な細菌たちを増やさないようにしっかりとケアして病気を予防し、元気に乗り切りましょう!!

お役に立ちます‼スポーツマウスガード

皆さんこんにちは‼中里デンタルクリニックです。

今回はスポーツマウスガードについてのお話です。

 

皆さんはスポーツマウスガードとは何かご存じですか?

スポーツマウスガードとは衝撃吸収性の高い材料で歯を覆うことでスポーツによる外傷を防いでくれるものです。

また、マウスガードを入れることで噛み合わせの面積が広がって安定するため、グッと強く噛むことができます。その結果、首がしっかりと固定されやすくなって脳震盪の軽減に役立ちます。

まだ永久歯列が完成しておらず、大人に比べて噛む力が弱いお子さんには特におすすめなものと言えます。

 

加えて、もしも歯のケガをしてしまった場合の対処法をいくつかご紹介します。

・ケガをして歯が抜けてしまった‼

抜けてしまった歯はサッと洗います。根っこについた薄ピンクの組織がとても重要なので気を付けて洗いましょう。

乾燥させてしまうと再植できなくなってしまうため、口に含むか保存液、牛乳に浸けて保存します。

短時間なほど再植できる可能性が高いため、できるだけ早く歯科医院を受診しましょう。

 

・顎を骨折したかも‼

総合病院や大学病院の口腔外科を受診しましょう。

 

・ぶつけて唇が腫れた‼

一見何事もないように見える場合でも歯が軽く脱臼している場合があります。放っておくと神経が死んで変色したり、炎症が起きて歯を失う原因になることもあるので早めに歯科医院を受診しましょう。歯が欠けた場合は欠けた歯を探しましょう。最近は歯と歯を接着できる材料もあります。放っておくとばい菌が神経に入ってしまうことがあるので気を付けましょう。

 

さらにマウスガードをするとケガや脳震盪を減らせるだけでなく、運動能力もアップするってご存知ですか?

私たちには自分の身体のバランスを無意識に補正する能力が備わっています。そのため、歯並びが悪く噛み合わせが悪くても軸のブレに気づきもせず過ごしています。ただ、この補正能力にも限界があり、噛み合わせが悪ければ悪いほど余分な負担が身体にかかり、故障やケガをしやすくなってしまいます。

身体のバランスを改善すると起こるメリットとしては

①スタートの姿勢が安定し、瞬発力が増す。

②ダッシュする力が大きくなりスピードが速くなる。

③ピッチング、バッティングのコントロールが良くなる。

④ブレが少ないのでジャンプが高く、正確に飛べる。

⑤効率的に長く動き続けられる。

などが挙げられます。

 

スポーツマウスガードはケガから身を守ってくれるだけでなく、運動能力にも大きな影響を与えてくれるものなので、ぜひ知っておいて欲しいと思います。

ホワイトニングでアンチエイジング!

こんにちは中里デンタルクリニック.です。

今回はホワイトニングについてのお話です。

 

年齢と共に濃くなる歯の色、気になりますよね。おっしゃる通り、たしかに歯は年齢と共に黄色みを増していくものです。というのも、エナメル質は内側にある象牙質は、長年噛んで使っているうちに鍛えられ、分厚くなっていくからなんです。象牙質はもともとエナメル質よりも黄色みが強く、この厚みを増すことによって年齢と共に歯の色が黄色みを増していくのです。

 

歯が黄色くなるもう一つの原因としては、象牙質をおおっているエナメル質が、使っているうちにすり減って薄くなることがあげられます。エナメル質が薄くなると、象牙質の色が透けて見えやすく、歯が黄色っぽく見える原因になるのです。じつねんれをお聞きすると驚くほどお若いかたの歯にも、残念ながら年齢相応の変化は起きてしまいます。

 

歯を白くしたいけれど、削るのは嫌と思われている多くの方にとって、歯を傷めないで白くなることを期待できるホワイニングは、第一選択肢ではないでしょうか。しかもこれをきっかけに、歯をきれいに保ち、白さを長く維持したいという気持ちになるのも、ホワイニングのメリットです。定期的にメインテナンスを受け、セルフケアをていねいにすることによって、ホワイニングを受けた方の多くが、その後、歯のトラブルが減ったと喜んで下さるのです。

 

歯の色が気になるのなら、一度ホワイニングを受けてみませんか?現在のホワイトニング剤は、マイルドブリーチでしみにくく、歯に優しいものが主流になっています。当院では、大阪のボーテというデンタルエステ専門のクリニックのホワイトニング方法を取り入れています。飲食制限なく、確実に白くなると患者様から好評です。

まずはカウンセリングを受けてみましょう。中にはホワイトニングを避けた方がよいかた、ホワイトニングが困難なケースがあります。ご自身の歯が白くなる歯なのか精査する必要があります。

【ホワイトニングを避けた方がいいかた】

・重度の知覚過敏症のかた

・無カタラーゼ症のかた

・妊産婦や授乳中のかた

・お子さんや若年者

・重篤な呼吸器疾患のかた

・光線過敏症のかた

【ホワイトニングが困難なケースとは】

・エナメル質や象牙質が形成不全の母

・深い亀裂や虫歯の穴の開いた歯

・被せ物や詰め物には効きません

・金属により変色が起きている歯

 

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは歯科医院で行うホワイトニングです。薬剤を歯面に塗り、光を当てることによって白くしていきます。

メリットとしては歯科のプロか行うので安心、自分でしないのですむのでラク、少ない回数・短時間で効果が出る、知覚過敏に速やかに対応してもらえるということがあります。

デメリットとしては、チェアタイムが長い(当院では1回の来院で1時間)、色戻りが早いということがあります。

 

ホームホワイトニングは自宅で行っていただくホワイトニングです。ご自身専用のマウスピースにホワイトニングの薬剤を塗布し、一定時間マウスピースをはめて白くしていきます。

メリットとしては、チェアタイムが短くてすむ、通院回数が少ない、好きな時間にできる、色戻りのペースが遅いということがあります。

デメリットとしては、自分で管理しなければならない、効果が出るまで時間がかかる、知覚過敏の症状が出てもその場で診てもらえないということがあります。

 

効果の高いホワイトニング方法としてデュアルホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングをしながらホームホワイトニングも行うということです。短期間で白くすることができ、色持ちもよいとたくさんの患者さんがこの方法を選択されています。

 

ホワイトニングを受けることによって患者さんの意識が変わり、クリーニングを目的として歯科医院に定期的に通って下さる方が増えたと感じています。ホワイトニングを通じて、歯科との距離がグッと近くなり、痛くなってからではなく、美しくしたいから、そして美しさを維持したいから通って下さるようになる。これは私たちにとって、とても嬉しいことです。みなさんも、ホワイトニングをきっかけに、歯医者さんとの付き合いかたを変えてみませんか?

先天性欠如歯のお話

こんにちは!中里デンタルクリニックです。

また雪が降りましたね!足元に十分お気をつけください。

 

今回のお話は、「先天性欠如歯」についてです。

聞いた事はありますか?

本来であれば永久歯は28本生えてくるはずですが、実は10人に1人の確率で、生まれつき永久歯の本数が足りないお子さんがいるようです。

つまり、誰がなってもおかしくない疾患なのです。

 

ですが、ほとんどのケースでは原因が不明です。

歯がないことで噛み合わせが悪くなったり、見た目も良くなかったりと様々な問題が起こりがちなので注意が必要です。

 

生えてくるはずの歯が生えてこない「先天性欠如歯」ですが、

人間の退化現象の一種と考えられているようです。

感染、放射線の照射、薬剤、栄養障害、遺伝などが原因として指摘されていますが、実際のところ原因は不明です。

1本だけ生えてこないという方もいれば、ほとんどの歯が生えてこないという方、左右どちらかに偏っている方など、様々あるようです。

先天性欠如歯の方の中で、生えない歯の本数が1〜2本なのが80%で、5本以上の方が8.6%になるそうです。

 

永久歯の赤ちゃん「歯胚」があるかないかは、パノラマX線写真で見ることができます。中里デンタルクリニックでもレントゲン写真の撮影ができますので、お声がけください!

先天性欠如歯は、早期に発見できるとその後の治療に有利なので、

小学校入学前に一度レントゲン写真を撮り、確認してもらうことをお勧めします。

 

先天性欠如歯の治療では、早期発見はとても大きなポイントになります。

この疾患では、乳歯の虫歯予防がとても重要だからです。

永久歯がないと、乳歯は抜けずに残ります。

となると、メンテナンスをしっかり行って大事に使っていけば、30代や40代になってもこの乳歯を使い続けられるかもしれません。

 

さて、ここからは先天性欠如歯の対処法をご紹介します。

 

①そのまま乳歯を残す

乳歯がある状態で歯並びに異常がなければ、そのまま残せます!

歯が溶けた場合でも、乳歯のおかげでスペースが確保されていることがありインプラントもスムーズに進む可能性があります。

 

②歯列矯正で治す

乳歯が抜けて空いている隙間を、矯正で治します。

 

③自家移植

足りない場所に、ご本人の歯を移植します。移植ができたら、レジンで形を整えたりできます。

 

 

お子さんに先天性欠如歯があるとわかると、保護者の方は大変驚くと思います。遺伝、妊娠中の栄養の取り方、うっかり飲んでしまったお薬など自分を責める方も少なくないと思います。しかし、10人に1人の確率ですし、誰がなっても全く不思議ではないので、悩む必要は全くないのです。

 

まずはレントゲン写真で確認することからですので、お気軽にご相談ください!

マウスピースはいかがでしょうか?

皆さまこんにちは!中里デンタルクリニック.です。ここ最近感染症などが流行っていて心配ですよね。手洗いうがいマスクの予防はしていますでしょうか?もし、歯医者の予約はしているけど体調が良くない方は無理をせず予約変更のご連絡をよろしくお願いします!
さて、ここからはマウスピースについてのお話をしていきますね。皆さまは朝起きたときあごが疲れていること、ありませんか?もしかすると就寝中に歯ぎしりや食いしばりをしているのかもしれません。
ギリギリという音で気づきやすい歯ぎしりに対してグーッと強く噛む食いしばりは、音がしないため意外に気づいていない方が多いのです。知らないうちに大切な歯が傷んでしまったり、治療したところが壊れたりしては大変です。
睡眠中に生まれる無意識の力とは、歯ぎしり・食いしばりなど眠っているとき、また起きているときに歯を強くギリギリとこすり合わせたり、グッと強く噛み込んだりする行動を言います。ストレスの発散のために行われているのではないかとも言われ、無意識に行われる点に特徴があります。
なかでも問題になりやすいのが睡眠中の歯ぎしり・食いしばりです。自覚さえすれば、止めることも可能な日中の行動に対し、睡眠中に無意識で行われる歯ぎしり・食いしばりは、自分で気づいて止めるということができません。
目が覚めているときに強い力で噛み込むと、その情報をセンサーかキャッチして、「これ以上強く噛むと痛くなるな」「破壊してしまうな」という制御が働きます。しかし睡眠中の場合、このセンサーは目が覚めているときほどは敏感に働きません。そのため睡眠中の歯ぎしり・食いしばりは、日中に行うものよりも、ずっと強い力になりがちです。強い歯ぎしり・食いしばりが毎晩続くと、被せ物を入れた歯が折れた、歯が欠けた・削れたといった問題が起きやすくなってしまうのです。
睡眠中の歯ぎしり・食いしばりは無意識て行われ、自覚的に減らすことができないのが悩みの種です。ストレスが原因だとしても、一朝一夕に原因を取り除くのは現実的に難しい場合も多々あります。そこで役に立つのがマウスピースの一種で、就寝中に使うナイトガードです。歯科医院で製作でき、装着して眠ると歯ぎしり・食いしばりの害を確実に減らせるとても良いものです。無意識の強い力から歯を守るためにナイトガードを使ってみてはいかがでしょうか!
当院でナイトガードを作ることもできます!一通りの検査などを終え、虫歯など治療をし健康的なお口の状態にしてからナイトカードを製作していきます。歯型をとって次のアポイントでお渡しすることが可能なので気になる方は是非、予約のご連絡お待ちしております。

月別アーカイブ