中里デンタルクリニック.のお知らせ

エナメル質形成不全症とは?

皆さんはエナメル質形成不全症って聞いたことはありますでしょうか?

エナメル質形成不全症とは、前歯と6歳臼歯に発症する先天的なエナメル質の形成障害のことです。見た目の特徴としては、初期虫歯の白濁とは少し違ったマット感のある色、そして黄色っぽい変色があげられます。

こうなる原因は不明なのですが、歯がアゴの骨の中で育っているとき、エナメル質が十分に成熟しないことによって起きると考えられています。たとえば永久歯の前歯と6歳臼歯はほぼ同じ時期にアゴの骨の中で育つので、その時期に記録が歯に刻まれて生えてくるというわけです。

前歯の場合、通常エナメル質に強い力がかからず、歯面もくちびるや舌と絶えずこすれてプラーク(歯垢)が溜まりにくいこともあって、欠けや虫歯といったトラブルが起きることは稀です。ただ、変色が気になるかもしれませんね。

一方、問題が起きやすいのは奥歯です。6歳臼歯など、噛んだときの強い力を受け止める歯がエナメル質形成不全症だと、噛み合っている歯とぶつかっているうちに、歯が崩れたりして、そこにプラークがたまると虫歯が発生します。

しかもその虫歯は、「あれ?こんなところに?」というような場所にもできます。奥歯の虫歯は、噛み合わせの溝や、歯と歯の間など、通常プラークのたまりやすい場所からはじまるものです。ところがエナメル質形成不全症と原因とする虫歯は、歯の山(咬頭)、つまりつねに食べ物や歯とこすれていてプラークがたまりにくい場所(つまり力がかかって崩れやすい場所)にできることが多いのです。

虫歯が多かった頃は、それにまぎれて気づかれていなかったエナメル質形成不全症を原因とする虫歯ですが、子供たちの虫歯が激減した結果、「なぜこんなところに?」「この子はなぜ虫歯が多い?」と本当の理由が浮かび上がるようになってきました。

しかも、大規模調査の結果、10人に1人はこうしたお子さんがいたというのですから、ことは重大です。「虫歯予防は親の責任だ!」という社会的なプレッシャーのなか、努力しても効果が上がらずに悩んでいるご家庭が相当数あるということだからです。

この先天的な原因によって起きる問題は、お子さんの歯磨きのせいでも、お母さんの仕上げ磨きが悪いからでもありません。早期発見することができれば、的確な処置を受け、その後の治療の見通しがわかりホッとできるのはないでしょうか?

痛くなった時だけ応急的に治療を受けていては発見は難しいので、定期的にメンテナンスを受け、早期の対応を受けられるようにしていきましょう。

フッ素が歯を丈夫にするワケ

みなさま、こんにちは!!
中里デンタルクリニックです。1月ももう半ばですね。足元も悪くなっておりますので、お気をつけくださいね!!

 

今回は、『フッ素が歯を丈夫にするワケ』についてです。
現在国内で販売されている歯磨き剤の9割以上にフッ素(フッ化物)が配合されていることを、皆さんご存知でしたか!?実はフッ素のむし歯予防効果の恩恵を当たり前のように私たちは受けています。でも、フッ素がどんな風に作用するのか、フッ素を配合した製品をどう使えば予防効果を十分引き出せるのかについて、あまり知られていないのでは!?

 

★フッ素(フッ化物)ってどんな成分?
フッ素(フッ化物)がむし歯を予防し、その進行を抑えること、そしてフッ素配合の歯磨き剤の使用が世界中で推奨されていることは、現在よく知られています。フッ素とは、土の中や海水、食べ物やお茶、そして私たちの体にも含まれている天然のミネラル成分です。海水には約1.3ppm、川の水には約0.1ppmのフッ素が含まれています。実は、私たちにとってとっても身近な成分なんです。

 

★低濃度でよく効きます
現在国内で販売されているほとんどの歯磨き剤には、むし歯予防を目的に、薬事法で定められた1000ppm以下のフッ素が配合されています。とはいえいつも唾液に洗い流されている口の中。歯磨きのあとには、ごく微量のフッ素しか残りません。ところがフッ素は、微量が口の中に長く留まることによって効き目を発揮します。どれくらいで効果があるかというと、およそ0.05ppm〜1ppm。Ppmとは百万分の1と言う意味ですので、つまり0.000005〜0.0001%という低濃度です。これくらいのわずかなフッ素が口の中にあると、むし歯予防に働いてくれます。

 

★どんなふうに働いている?
歯の結晶は、カルシウムイオンと水酸化物イオン、リン酸イオンという3つのイオンが結合してできています。この結晶は、虫歯菌の出す酸に触れるとバラけてイオンに戻り、唾液の中に溶け出します (脱灰)。一方、唾液の中に溶け込んだ歯のイオンは、再び結合して結晶になり歯に戻ります(再石灰化)。出たり入ったりのバランスによって、歯の健康は保たれています。フッ素は唾液の中のイオンが結晶になるのを促進して、スピードを上げてくれます。すると歯がよく修復されるので、むし歯が」できにくく、進行もしにくくなります。
※脱灰…むし歯の出す酸で歯の結晶が崩れる現象のこと。
※再石灰化…唾液に過飽和で溶けているカルシウムイオンやリン酸イオンが歯の奥に浸み込み、脱灰のために小さくなった結晶に沈着して大きくなったスカスカだった密度を回復させること。

 

フッ素をできるだけ口に残すには!?
①たっぷり使う
②うがいを少なく
③寝る前に磨く
④フッ素洗口液をプラスする
⑤歯科医院で定期的にフッ素塗布する
子供から高齢者まで、すべての世代にむし歯予防は重要です。効果的にフッ素を使い、歯を守っていきましょう。

あなたの強い味方「部分入れ歯」

皆さんこんにちは!中里デンタルクリニックです。

ゆっくりできるお正月が終わり、また忙しい日常が戻ってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

 

さて今回は、部分入れ歯についてのお話をしていきたいと思います。

 

部分入れ歯は、歯を一本だけ失ったお口から一本だけ歯が残っているお口まで様々な患者様のお役に立つものです。

ブリッジ(繋がった被せ物)のように歯を大きく削る必要がなく、費用もそこまで高額ではないので身近で選択しやすい治療法と言えます。

 

ただ、ある調査報告では作ってから5年後には60%ほどが使われなくなってしまっているというデータが明らかになっています。

部分入れ歯は選択しやすい治療法であるだけに「とりあえずこれにしようかな…」と深く考えずに作ってしまいがちな面もあるのかもしれません。

 

しかし、使い始めの違和感を乗り越えて慣れることができれば部分入れ歯は毎日の生活の「強い味方」になってくれます!

 

部分入れ歯にもいくつか種類があり、保険内で作れるものと自費になるものがあります。

 

保険内での代表は大部分がレジンでできた部分入れ歯です。

安価で、もし壊れてしまっても修理がしやすくなっています。

しかし、設計や使える材料に制限があって完璧にぴったりにすることが難しいことやレジンの部分の厚みで違和感を感じやすいことなどの欠点もあります。

 

自費の代表は、上あごや歯ぐきの部分に金属を使った部分入れ歯です。

別々のパーツを組み合わせて作る保険のものとは違い、繋がった金属で作っているので設計の自由度が大きく、ぴったりに作ることができます。

また、レジンに比べて薄く作ることができるので違和感が少なく、食べ物の温度をしっかり感じることができます。

しかし、価格がやや高価なことやもし壊れてしまった時に修理がしにくいことなどの欠点もあります。

 

そして「強い味方」になってくれる部分入れ歯を見つけ、長く付き合っていくために必要なことは毎日のケアです。

バネがかかる支えの歯がダメになったら部分入れ歯は使えなくなってしまうので、残った歯は毎日念入りに歯磨きしましょう。

また、部分入れ歯は入れ歯専用の洗剤とブラシで丁寧に洗って洗浄剤に浸けるようにします。その際、歪みの原因になるので熱湯には浸けずにお水の中で保管するようにしてください。

当院でも部分入れ歯の毎日のケアに使える商品を多数ご用意していますので、お気軽に声を掛けてくださいね!

 

長く部分入れ歯と付き合っていけるように正しいケアをして、おいしくお食事をできるようにしていきましょう!

これでバッチリ!歯周病対策

明けましておめでとうございます。中里デンタルクリニック.です。昨年は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い致します!

2020年最初の投稿は歯周病についてです。
『歯周病は、いつの間にか歯が抜けぬ怖い病気だって』よく言われますよね。でも歯周病は本来、そんなに怖い病気ではありません。多くの場合、症状の進行は緩やかですし、早めに病気に気づくことができれば予防も治療も、ちっとも難しくないのです。それなのに、歯周病で困っている人が多いのは病状の悪化を見過ごしてしまった『手遅れ症例』があとを絶たないからなのです。

 

歯周炎という言葉は耳慣れないかもしれませんね。実は私たちは、歯周病と総称されている病気のことを、病状の進行程度によって、歯肉炎と歯周炎に分けてとらえています。

 

まず歯肉炎ですが、これは歯周病の初期症状。歯茎の腫れだけですんでいる状態です。歯を支えている骨は破壊されず、歯と歯茎をピタッと付着させている組織も失われていません。そのため、歯磨きと歯石取りで炎症を止めれば、すっかりものと健康な状態に戻ります。

 

一方歯周炎ら、歯を支えている歯周組織がすでに破壊されはじめている状態をいいます。歯磨きと歯石取りで炎症を治し、病気の進行を止めますが、残念ながら失われた付着も骨は元通りにはなりません。ただし、早期に気づいて炎症を止め、再発を防いで維持すれば、歯をしっかり守っていくことができます。歯肉炎か歯周炎かは、見た目ではなかなか判断がつきません。エックス線を撮って調べるとよくわかります。まずは歯周病の検査を受けてみましょう!

 

歯周病検査では、歯科医師がお口のなかの診察をし、デンタルエックス線撮影検査を行って歯茎におおわれた骨が減っていないかを調べます。エックス線写真では、歯周ポケットの中に隠れた歯石も見ることができます。また、プロービングという検査では、先の細いプローブという器具を歯周ポケットのなかに挿入し、炎症でポケットが深くなっていないか、出血しやすくなっている箇所はないかを調べます。こうした検査をすることによって、歯肉炎なのか歯周病になっているのかなど正確な診断がつき、必要とされる治療内容も明確になります。

 

歯肉炎の治療は基本的に患者さん自身の歯磨きと歯科医院での歯石取りになります。プラークを取り除くと炎症がスッキリとおさまり、歯茎の付着も元通りに戻ります。歯茎が腫れている間少し深くなっていた歯肉溝も、元の浅さに戻り、掃除も楽になります。歯肉炎の患者さんの多くは、歯を磨いているつもりでも、十分なプラークコントロールができていません。そこで歯科衛生士がブラッシング指導をして、効率よくプラークコントロールができる歯ブラシの当て方、動かし方、そしてフロスの使い方などを習得していただきます。

 

歯周炎の治療は、丁寧な歯磨きにプラスして、歯にこびり付いた歯石とプラークの除去が必須。歯石はご自分では取れない上、時には歯茎の中にまで歯石が入り込んでいることもありますので、歯科医院でしっかり除去する必要があります。炎症が治っても、いったん深くなった歯周ポケットはなかなか浅くなりません。これを奥までしっかり掃除するのは難しいので、定期的に歯科医院に通い、きれいにしてもらいましょう!

 

全て治療が終わった後は、予防へのスタートが始まります。一度治した歯周病もまた放っておくと歯肉炎・歯周炎共に再発する恐れがあります。一度治したからもう大丈夫!と油断すると治療が一からやり直しになってしまいます。そうならないためにも定期検診に歯科医院においでください。ご自身では取りきれていないプラーク、歯石をプロのクリーニングによって除去してもらいましょう。私たちはそのお手伝いを全力でさせていただきます!

月別アーカイブ