中里デンタルクリニック.のお知らせ

麻酔のお話

皆さんこんにちは!

今回のお話は『歯医者さんの麻酔』についてです。

 

皆さんは、歯科医院で麻酔を受けたことはありますか?

痛いかな?効くのかな?と心配される患者様もいらっしゃいますよね。

 

しかし最近では「思っていたよりも痛くなかった」「つらくなかった」などの感想を

持たれる患者様も多いようです。

現在、歯を削る機械などの性能がとても進歩したおかげで患者様のストレスが

大幅に軽減されてきていますが、それに加え麻酔の際も注射の前に表面麻酔を

塗ったりなどする歯科医院も増えてきています。

 

それにしても、「表面麻酔をしてからの麻酔というのは内科に比べて丁寧だな」と

思われた方もいらっしゃるかもしれません。

お口の中というのは、実は体の中でも特に敏感な場所です。

髪毛一本ではもちろん、毛糸の線維一本があるだけで気になってしまうほどです。

そのうえ、歯や粘膜や骨などさまざまな組織を含んだ複雑なところのため、

腕などの皮下麻酔とはまた異なるハードルを抱えているのです。

 

 

ここからは、歯科医院で使われている麻酔の種類を紹介していきます。

中里デンタルクリニックでも使っているものをご紹介します。

①表面麻酔:局所麻酔の一種で、歯茎に無理、その表面を麻痺させて痛みを消します。

歯自体の痛みを消すことはできませんが、注射の痛みを緩和します。

②浸潤麻酔:局所麻酔の一種で、効かせたい歯の一番近くの歯茎に注射します。

数分で歯の神経まで浸み込み、隣の歯までカバーできます。

お薬の液が入る際に圧迫痛が少し出ます。

③吸入鎮静法(笑気):不安や緊張が強い方に使用します。鼻から笑気ガスと酸素を

吸入します。すぐに運転もできます。

 

たまに、麻酔の注射が効きにくい方がいらっしゃいます。なぜでしょうか?

実は、効きやすいかどうかは「患者様の骨の質」次第なのです。

先ほど紹介した浸潤麻酔が効くためには、歯槽骨の中にお薬がしっかりと浸み込み、

神経に到達する必要があります。この歯槽骨が硬く、厚みがある患者様の場合、

お薬が浸み込みにくく麻酔が効きにくいということになってしまうのです。

ですが、歯槽骨が硬くガッチリしているということは麻酔が効きにくいということ以外とても良いことです。歯の健康にとっては喜ばしいことです!

 

 

もうひとつ考えられるのは、ひどい炎症が起きているという場合です。

いつもは効いていたのに!という方は炎症の場合が多いです。

 

麻酔は患者様の頼れる味方です!

痛みを減らすためになるべく小さな治療を心がけ、麻酔を使ってきめ細やかに

対応しているのは、歯医者嫌いを一人でも減らしたいという願いがあるからです。

もしもこれまでの治療で麻酔で気分が悪くなったことなどありましたら、

ご相談ください。

 

今年も一年間ありがとうございました。

来年もまたよろしくお願いいたします!

中里デンタルクリニック.

 

顎から音や痛みは出ていませんか?

皆さまおはようございます。今年もあと少しで終わってしまいますね!楽しいこと嬉しいことがたくさんあったのではないでしょうか?

 

さて、今回のお話は顎関節症についてです。
皆さまは「顎関節症」という病気を知っていますか?聞いたことがある方はたくさんいると思います。

 

顎関節症とは、顎関節やその周辺の筋肉などに問題が起きる病気の総称で、症状としては、「口が開かない」「開きにくい」また音がしたり、あごを動かすと痛みが出るなどがあります。時々音がする程度であれば、しいて治療をする必要はありませんが、口が開かないなどの機能障害や、つらい痛みがある場合は治療の対象になります。

 

顎関節症は「噛み合わせが悪いせい」「肩こり、腰痛、頭痛などの体調不良に関係が深い」というような取り上げられかたが盛んにされていた時期があり、現在でも顎関節症をとても怖い病気だと思っているかたも多いようです。しかし顎関節症は本来、大事にしているのに悪化していくような悪性の病気ではありません。さまざまな要因により加わっている顎への負担を取り除けば、多くの場合スムーズに治っていきます。

 

顎関節症の治療というのはどんな治療かというと、当院での流れを説明していきますね。
①問診
「どんな症状がありますか?」「いつ、どんなときに症状がでましたか?」など症状についての質問などをします。
②検査
口腔内の検査や顎全体のレントゲンを撮影をして顎関節症以外の病気の有無や、顎の骨が変形していないかを調べます。
③視診・口腔内の触診、診察
顎に歪みや腫れはないか、顎関節症と紛らわしいほかの病気はないか、かみ合わせ、歯ぎしり、くいしばりはしてないかなど診たりします。
④診断と治療説明
検査結果を伝え、顎関節症の治療についてご説明します。マウスピースが必要な方は状況によってはその日のうちに型取りをします。
⑤薬の処方
痛みがひどい方にはお薬を処方する場合もございます。
⑥マウスピースのお渡し
後日完成したマウスピースをお渡します。就寝中に使用していただきます。
簡単な治療の流れになりますが、クリーニングなどは必ず行うようにしていますのでお口の状態によっては歯の治療が必要な方などは形が変わってしまうこともあるので、先に治療を進めてからマウスピースの作成をすることもあります。

 

その後はメンテナンスなどにしていただき、お口の状態、マウスピースの洗浄など行っていきます。
顎の調子が良くない方などは一度検査をすることをおすすめいたします!

子供の矯正治療

みなさんこんにちは!!!中里デンタルクリニックです。

もうすぐお子さんたちは冬休みに入りますね。学校から検診カードが来ていた方は歯医者さんに受診はお済みでしょうか?

【不正咬合】にチェックがされていて、いつ受診しようか悩んでいるお父様お母様も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

小さい頃から受け口になり始めたり、永久歯が生えた途端に乱ぐいになったり・・・。お子さんの不正咬合、気になりますよね。

「矯正って小さい頃からはじめたほうが有利?」なんてつい焦ってしまいがちですが実は、子供の矯正のタイミングは、お子さんの不正咬合の様子によって様々なんです。歯の抜け替わりや成長の早さによっても治療のタイミングは違ってくるのですが、治療のタイミングを計るため、永久歯が生えはじめたら矯正専門医を受診しましょう。

☆矯正治療が大切なわけ

1、虫歯や歯周病の予防にも。

見た目がきれいになり、噛み合わせが良くなることで咀嚼しやすくなる治療として知られている矯正治療。でも、治療のメリットはそれだけではありません。実は虫歯や歯周予防にも効果があるんです。歯並びが悪いと、歯ブラシの届きにくい場所が多く、きれいに磨いているつもりでも、長いあいだには細菌による被害を受けやすくなります。そうしたリスクを軽減できるのも矯正治療なのです。

2、大切な歯を一生使うために。

歯並びが悪いと、特に歯周病のリスクは深刻です。プラーク(最近のかたまり)の溜まるでこぼこが多く、しかも歯ブラシが届きにくくて炎症が起きやすくなります。そのうえ歯根のあいだに歯の周りを支える歯槽骨が少ないため、ひとたび炎症が起きると、ただでさえ貴重な骨の支えが一気に減ってしまいやすく、歯並びの良い人にくらべて歯周病で歯を失いやすいのです。八重歯のお年寄りを見かけないのは、こうした事情が背景にあるのかもしれません。

3、お子さんへ一生もののプレゼント。

きれいな歯で人前で遠慮なく笑え、表情豊かに正しい発音で話して暮らすことができたら。食べ物をよく噛んで丈夫な体を持ち、歳を取っても歯を失わず、自分の歯でおいしく食べて元気に過ごせたら・・・。

歯の健康はすべての人にとっての健康の源。丈夫なからだや生き生きとした人生を支えるのは良い歯であり、良い歯並びであり、しっかり噛める良い噛み合わせです。

矯正治療は、見た目だけでなく、お子さんの人生そのものをよりよく変えるお手伝いができます。かかりつけの矯正歯科を見つけ、大切なお子さんへ、一生もののプレゼントをしませんか?

 

月別アーカイブ