中里デンタルクリニック.のお知らせ

痛くないってほんと!?歯科のレーザー治療

皆さんこんにちは、中里デンタルクリニックです。

本格的に寒くなって雪もちらつき始めましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて今回は「レーザー治療」について紹介したいと思います。

 

レーザー治療とは強いエネルギーを持った特殊な光を患部に照射して行うものです。組織に吸収された光が熱エネルギーに変わり、分子構造を破壊して患部に作用して効果をもたらします。

強いレーザー光線は患部をメスのように切ったり、蒸発させて取り除いたり、殺菌効果や切り開いた粘膜を瞬間的な熱効果で固める止血効果があります。術後の痛みが少なく、処置中の痛みを抑えてくれる効果もあるため患者さんの負担を減らす治療に大活躍しています。

 

「レーザー治療」と一言に言っても色々な使い道がありますので、いくつか紹介していきます。

①歯周病の治療

細菌による炎症でただれて汚れた歯周ポケットの粘膜を蒸発させて取り除くことができるのに加え、殺菌作用もあるので歯周ポケットの中を徹底的に掃除できます。通常、麻酔なしで治療ができて同時に止血もするため、治療後の違和感もほとんどありません。細胞も活性化するので歯茎の消炎と治るスピードが格段に速くなります。

 

②神経を取る治療

細くデリケートで細かな枝分かれも多い根の中を隅々まで殺菌するにはレーザーが大活躍します。気泡が発生して根の中をしっかり洗浄し、根の先まで確実に乾かして殺菌することができます。

 

③粘膜の手術や処置

メスで切ると出血が避けられない場面でもレーザーを使うと瞬間的な熱効果によって傷口が塞がるため、ほとんど出血しません。また同時に殺菌作用も働くため、治癒のスピードも速まります。

 

④虫歯の予防と治療

レーザーの熱作用がエナメル質の構造を変化させるので、歯が虫歯菌の出す酸に対して強くなります。また、虫歯を削ることのできるレーザーもあり、音や振動がないため小さいお子さんの治療にもオススメです。

 

いかがでしたでしょうか?

当院でも全てではありませんが、いくつかの治療でレーザーが活躍しています。痛みが少なく、殺菌や止血効果もあるレーザーですが、場合によっては自費治療となったり治療時間が長くかかったりするものもありますので、少しでも知っていただければと思います。

レーザー治療で患者さんの心と身体に優しい治療が少しづつ広まっていますので、かかりつけの歯科でお話を聞いてみるのもいいと思います!

削る治療を減らしたい!そんな時はメインテナンスがお役に立ちます!

みなさんこんにちは。中里デンタルクリニック.です。遂に八戸でも雪が降り始め、本格的に冬に突入です。インフルエンザも流行しています。体調には気をつけてくださいね!

 

今回はメインテナンスの力についてお話しします。

 

子供の頃に削って詰めた歯がいつしか傷んでクラウンになり、その後、噛む力で疲労して折れた…というような経験はありませんか?実は歯は、削って歯質が少なくなるほど、噛む力対する耐久性が弱くなっていき、治療のやり替えも増えてしまうのです。そうならないためには、まずは治療の連鎖の原因になりやすい『歯の詰め物』を減らすことが先決なんです。

 

一度削った歯はデス・スパイラルになりやすいです。デス・スパイラルとは治療の連鎖のことです。例えで紹介していきます

 

6歳:臼歯が生えてきて、生えたての歯は軟らかく無防備。虫歯になりやすいです。

10歳:汚れのたまりやすい場所に虫歯ができてしまいました。象牙質まで拡がったため、小さな詰め物が入りました。

その後、新たな虫歯が汚れての溜まりやすい場所に、大きく拡がりました。

16歳:象牙質まで大きく虫歯にが拡がったため、小さな詰め物では治せず、今度はインレーが入りました。

その後、詰めたところの周囲が、噛む力で傷んで欠けました。

32歳:欠たところから入った細菌に神経が感染。神経を取ってクラウンをかぶせることになりました。

その後クラウンを支えていた歯根に疲労が溜まり、ついに折れてしまいました。

48歳:折れた歯は抜歯に。ブリッジが入りました。

その後強く噛んだらブリッジの支柱にしていた歯が割れてしまいました。

56歳:割れた歯は抜歯に。インプラントや部分入れ歯が入りました。

 

メインテナンスを受けることで、そもそもの治療のきっかけの詰め物を減らすことができれば、将来にわかっての歯の苦労が減り、治療にかかる費用もグッと違ってきます。

 

具体的にメインテナンスとはどんなことをするのでしょうか。

 

当院では以下のことを行なっています

①問診

②主訴があればそこの確認

②お口の写真を撮る

③虫歯、歯周病の検査

④患者さんに説明

⑤歯磨き指導

⑥クリーニング

 

患者さんのお口の状態によって変わりますが、基本的にはこれを1日で行います。

 

では、メインテナンスの効果はどのくらいあるのでしょうか?とあるデータでは、子どもの頃から10年以上メインテナンスを受けたひとは、虫歯にで詰めた歯が、メインテナンスに通っていない人に比べて3分の1~4分の1ですんでいると言われています。また、治療した歯が多いと、治療のやり替えなど治療の回数が多くなるだけでなく、大きな治療が増えやすく、治療費の積算額もアップしがちです。治療した歯が11本以上の人は0~5本の人より10年間に払った治療費は約4.3倍多くなります。永久歯が生え始める頃からメインテナンスを定期的に受けていればら多くの方が永久歯に入る詰め物を格段に減らすことができます。虫歯に菌が多くハイリスクなお子さんでも、しっかり予防(毎日の歯磨きと食習慣の改善、フッ素、シーラント)をしていけば、歯を削らずに成人することは十分可能です。特に中高生は最も詰め物の増えやすい危険な時期。それは永久歯の奥歯が生えたてで成熟していない上、部活動や塾通いで忙しく帰宅は遅くなり、食事が不規則になる上、間食も自由になり、歯磨きもさぼりがちです。こうした変化が虫歯のリスクを大きくさせます。長期休みを上手に利用してメインテナンスをし、虫歯から守ることができれば歯で苦労しない人生を手に入れることができます。

 

虫歯を穴が開いてから見つけるのではなく、穴が開く前に白濁した初期虫歯を見つけ、予防処置をし、歯磨きや食習慣の指導をして詰めた歯を減らすのが歯科医院の役割。しかしこうした予防型の診療を実現するには定期的においでいただくことが大前提になります。穴が開く前に虫歯を止めて詰め物を減らすため、是非メインテナンスにおいでください。

あれ?唾液が減ってきたかも?

皆さんこんにちは!

今回のお話は『唾液の量』についてです。

 

皆さんは、「なんだかお口の中が乾いている」「お茶がないとパサパサで食べられない」なんてことは

ありませんか?それはもしかすると、唾液の分泌が減少しているのかもしれません。

 

私たちは唾液のことなんて普段意識せずに過ごしていますが、

実は唾液はたくさんの役割を持った働きものなのです。

噛む、飲む、味わう、話す、などは唾液があるおかげでスムーズにできますし、

虫歯から歯を守ってくれるのです。

 

【唾液が減っている?チェック】

①笑うと唇が前歯にくっつく  ②夜中になどが乾いて起きる

③飲み物がないと飲み込めない ④口臭が強くなった

⑤口内炎ができやすい     ⑥虫歯が増えた

⑦合っていたはずの入れ歯が落ちやすくなった

⑧味覚が変わった(特に酸っぱいものがしみる)

⑨喋るとクチャクチャ音がする ⑩口が粘ついている

などです。当てはまるものはありませんか?

 

ところで、唾液はどこから出ているのかご存知ですか?

「唾液腺」というところから出ていますが、3大唾液腺と呼ばれているのが耳の下あたりの「耳下腺」、

あごの下の「顎下腺」、舌の下の「舌下腺」です。

「耳下腺」で作られた唾液は上の奥歯の横、

「顎下線」と「舌下腺」で作られた唾液は舌の下から出てきます。

全てを合わせると1日に1〜1.5リットルにもなるそうです。

また、唾液には2種類あり、美味しそうな匂いを嗅いだり味わったりした時に出る「刺激時唾液」と、

起きていても寝ていても絶えず出ているのが「安静時唾液」です。

よく噛んで食べることは刺激時唾液の分泌に良い影響を与えますので

たくさん噛むように意識してみてください!

逆に噛まずにお茶などで流し込んでいると、噛む筋肉がやせてしまい

唾液の分泌が少なくなってしまうようです。

 

ところで、唾液が減る原因はなんなのでしょうか?

加齢とともにお口の渇きを感じるようになった方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

それは特に女性に多いようです。

閉経後にホルモンバランスが変わることと、個人差はありますが女性は男性よりも

唾液腺が小さいということも関係しているのかもしれません。

また、お薬の副作用や口呼吸の癖があるとお口の乾燥につながるようです。

ただ、お口の乾燥の原因は様々ありますので、お困りの方は我慢しすぎずに

まずは歯科医院で相談してみてください!

 

【潤いアップのために】

①よく噛む  ②じっくり歯磨き  ③水分をたくさん摂る

④禁煙する  ⑤お酒はほどほどに ⑥口呼吸を見直す

⑦マスクをして寝る  ⑧カフェインを控える

 

【唾液分泌エクササイズ】

①舌を唇と歯茎の間に入れ、ぐるりと回す(反対も同じように)

②舌で頬の内側を舐める

③舌を出し、思い切りグッと上に上げる

④イーウーとお口を大きく動かす

 

お口の渇きは「病気ではない」と思って我慢しがちですが、歯や粘膜のトラブルに

つながる恐れがありますのでお早めに歯科医院にご相談くださいね!

かかりつけの歯科院を持ち、定期的に歯科医院に受診して一緒に健康なお口を守りましょう!

舌の定位置は大丈夫でしょうか?

こんにちは!中里デンタルクリニック.です。最近はとても寒くなってきましたね。乾燥もしていて喉を痛めている方もいるのではないのでしょうか。インフルエンザも流行っているようなので皆さまお気をつけください。

 

 

さて、お口の話をしていきたいと思います。皆さまはお口を閉じているとき、舌の位置について考えたことはございますか?実は舌の位置は決まっているのです。舌の位置によっては歯並びも変わってくるので気をつけなければいけません。これから舌の位置について話していきます!

 

 

まず初めに舌がどんな仕事をしているのかというと、食事のときに食べ物を唾液と混ぜて効率よく歯の上に運んだり、唾液や食べ物などを喉のほうへと送って飲み込んだり、おしゃべりするときは舌の形で音を変化させたりして働いています。ふだんの舌はどこにあるのかというと、舌はボリュームがあるにもかかわらず、ふだんはグッと持ち上がって上あごの天井に張り付いた定位置におさまっています。舌を引き上げておくことで歯の邪魔をしないようにしています。よく常に口が開いている方を見たことはありませんか?この癖があると、重い舌が舌にだらっと下がって前歯にもたれかかります。飲み込む時にも前歯を押すので、歯並びが悪くなりやすいです!舌の筋力が足りなくて舌の姿勢が悪い状態だと、歯並びが悪くなるうえ矯正しても後戻りしてしまうってご存知でしたか?ときには舌の力によって歯が植わっているあごの形まで変えてしまうことがあるのです。

 

 

先ほどもお伝えしたように舌の定位置は上あごの天井にピタリと付いています。上あごのどこかというと前歯の裏側にプニプニとしたところがあるのはご存知でしょうか?目安はそのプニプニしたところに触れます!これがスポットポジションになります。舌癖の原因として考えられるのはいくつかございます。その中でお子様などに多く見られる指しゃぶりや、おしゃぶりもあります。この癖があると指で押してしまい上と下の前歯の間に隙間ができ、あごの骨も押して変形させ、開咬の原因になります。さらに開咬の穴に舌を突っ込む癖が始まって治りにくくなります。様々な原因はございますが長くなってしまいますので、次は対処法についてお伝えしていきます。舌の癖を直すには筋トレをお勧めします。

 

 

簡単な筋トレ方法はまず、舌のスライドです。スライド方法は舌を上あごに貼り付けたら、口を大きく開けたまま舌全体を後ろにゆっくりとずらしていきます。下におりきるまで貼り付けたままです!別のものでは舌を上あごにつけて、舌をタン!タン!と鳴らす方法です。この2つは普段でもできる方法ではないでしょうか。下の位置がきになる方はこの機会に舌の定位置を覚えていただき、定位置にない方は日頃意識をしてみてはいかがでしょうか。

月別アーカイブ