中里デンタルクリニック.のお知らせ

インプラントの構造やケアって!?

みなさま、こんにちは!!中里デンタルクリニックです!!
日も短く、寒くなってきましたね…。暖房器具が恋しい季節になりましたね!!市内では、インフルエンザも流行ってきているようですので、体調管理には十分お気を付けください!!

 

今週はインプラントについてですが、『インプラントって聞いたことがあるけど、どんなの!?』という方もいらっしゃると思うので、まずは簡単にご紹介いたします。
まずは、インプラントの構造をご紹介します。インプラントは上部構造をセメントで留める場合とネジで留める場合があります。
①上部構造
②アバットメント
③インプラント体
④顎の骨
まずは、
①上部構造
いわゆる「歯(歯冠)」の代わりをする部分です。セラミックやジルコニア、レジンなどでできています。もっとも消耗しやすいパーツで、磨耗したり欠けた時は、補修したり交換することができます。アバットメントにネジや接着剤で留めてあります。
②アバットメント
上部構造の土台であり、インプラント体(人工歯根)との連結パーツです。インプラント体にネジ留めしてあります。歯ぐきの溝に接していてプラーク(歯垢、細菌のかたまり)や歯石(細菌の巣)が付きやすい要注意箇所です。ネジが緩むとパーツに隙間ができて細菌の温床になりますので、定期的にチェックを受けて、クリーニングしてもらいましょう。
③インプラント体
チタン製の人工歯根で、インプラント治療の要となります。患者さんの顎の骨(歯槽骨)に埋め込むと、骨とガッチリと結合して、天然歯の歯根のように噛む力を受け止めることができます。肝心の骨が炎症で溶けてしまうと、せっかくの治療が台無しになってしまいます。
④顎の骨
インプラントが天然歯のように丈夫に機能するのは、歯槽骨がチタン製のインプラント体と結合するおかげです。ただし、プラークの中の細菌によって炎症が起きると、歯周病と同じように溶けてしまうので、十分なお手入れをする必要があります。
(上部構造をネジ留めしている場合は、噛み合わせが悪く偏った力がかかり続けると、ネジが緩みパーツがゆがむことがありますので、定期的に歯科医院で噛み合わせをチェックしてもらいましょう!!)

 

インプラントは天然歯とどう違うのか。一番の大きな違いは、天然歯の歯ぐきには存在する太くて厚みのある線維(歯肉線維)がなくなることです。天然歯では、セメント質から伸びた強い歯肉線維が、歯ぐきの中を「水平方向」に走っています。この線維により、外敵(細菌や刺激)から歯や歯槽骨を守っています。また、歯根膜は天然歯と歯槽骨を結びつけている丈夫な線維で、クッションの役目も果たして、歯から受ける力のダメージから歯槽骨を守っています。
ところが残念なことに、この重要な歯肉線維や歯根膜は、歯が抜け流と失われてしまいます。つまり、インプラントが入った時点では、歯槽骨を細菌や力のダメージから守る防御機構が、グッと弱くなってしまっているということになります。

 

インプラントを、快適に使い続けるためのお手入れのコツ。強い歯肉線維がない分、私たち自身が手と知恵を使って、余分な力が加わっていないか定期的に歯科でのチェックを受けて守っていく必要があります。
メインテナンス(定期検診)をしっかり受けて、快適なインプラント生活を過ごしましょう!!

酸蝕歯にご用心!!!

皆さんは「酸蝕歯」という言葉を聞いたことがありますか?酸蝕歯とは、酸によって病的に溶けてしまった歯のことです。

少し前まで日本では、酸蝕歯というと、工場の酸性ガスになかで働くかたの職業性、または歯が胃酸に触れる逆流性食道炎など、限られた人に起きる病気だと考えられてきました。

いっぽう欧米ではかなり前から飲食による酸蝕歯の問題が広く認知され、コーラなどの酸性度強い飲料への警鐘が鳴らされてきました。

というのも欧米では朝食にオレンジジュースをよく飲み、サラダにドレッシング、グレープフルーツなどもよく食べます。肉や魚はレモンを添え、コーラやレモネードを愛飲しワインやカクテルを飲む具合に、もともと酸性度の強い飲食物を日常的によく摂るからなのでしょう。

かたや和食で酸性度の強い日常食といえば酢の物くらい。歯が強い酸に触れる機会は比較的少なかったのです。醤油も味噌も酸性度は緩やか。そして食後には一杯のお茶を。これまで酸蝕歯への注目度が日本で低かったのは、こうした和食文化によって私たちの歯が守られていたからなのでしょう。

ただ、現在は少し様相が違ってきています。欧米型の食生活が世代を超えて定着し、また、酸性度の強い炭酸飲料やスポーツドリンクがいつでも手に入るようになりました。ペットボトルが普及してからは、外出中も持ち歩きやすくなり、ことに熱中症対策が必須となる夏は、スポーツドリンクをこまめに飲む方も多いでしょう。

それに加えて、今や大人から子供まで、酸っぱいものの魅力に取り憑かれている感があります。コンビニの入り口には「酸っぱい刺激」が売りのグミや梅干しがズラリと並んでいます。焼き魚にも肉にもポン酢をかけることが流行し、お酒もチューハイが人気です。酸っぱいものはほんとうに「美味しい」ですよね。

酸性度の強い飲食物の消費にさらに拍車をかけているのが、健康志向を背景とする習慣です。ビタミンc入りのドリンク剤、そして黒酢を飲む方もいます。トクホの酸性度の強い炭酸飲料を継続的に飲んでいる方もおられるでしょう。継続的な習慣こそ酸蝕歯の最大のリスクです。

食の欧米化文化、そして清涼飲料水の普及に加え、ポン酢、梅干し、黒酢などを積極的にとる健康法が浸透している日本でも、そろそろ本格的に酸蝕歯に注目し、警鐘を鳴らすべき時がきています。いくらおいしくてからだによくても、歯がボロボロになってしまっては食べる楽しみも健康の喜びも十分には味わえません。

ぜひ生活習慣としての「酸蝕歯」に注目していきましょう!!!

がん治療と歯科の口腔ケアの関係

皆様こんにちは!! 中里デンタルクリニックです。最近寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は「がん治療と歯科の口腔ケアの関係」について紹介します。

 

今やがんは2人に1人がかかる病気と言われていますが、検査による早期発見、治療の目覚ましい進歩によって治る病気になりました。しかし、治療方法が進歩し強くなるにつれて合併症に悩む方も増えてきました。

①手術では?

全身麻酔で気管に管を入れる際、歯周病で歯がグラグラしていると歯を痛めたり、抜けてしまうことがあります。

また口の細菌が唾液と一緒に管から肺に入ると誤嚥性肺炎の原因にもなります。

術後はお口の中のケアが疎かになりがちなうえ、体力が落ちると元々あった虫歯や歯周病が悪化して食事にも差し支えが出たりと、回復に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

 

②抗がん剤治療では?

抗がん剤での治療はがん細胞を徹底的にやっつけることができる反面、健康な細胞も傷つけてしまうため、細菌への抵抗力が落ちます。そのため、口内炎がとてもできやすい状態になります。

口内炎や歯周病の炎症から細菌が血管に入り込んで全身に広がると高熱が出る場合もあります。

 

③放射線治療では?

頭部周辺の放射線治療では、放射線の当たった箇所がやけどのようになります。

唾液を出す腺がダメージを受けると唾液が出にくく、虫歯になりやすくなります。

また、放射線に当たった顎の骨は治療終了後も細菌に感染しやすく、抜歯が困難になる場合もあります。

 

では、実際に口腔ケアはどれくらい効果があるのでしょうか?

頭部周辺の放射線治療をする前に口腔ケアを行わなかった方の合併症発症率が65%に対し、口腔ケアを行った方の合併症発症率は15%という結果になりました。

また、白血病の治療は80%の方に口内炎ができると言われていますが、定期的に口腔ケアを行うことで口内炎の発症率は20%にも抑えることができます。

 

私たち歯科ががんの患者さんにできることは直接がんを直すことではありません。

しかし、副作用に苦しみ、治療後の回復が思うようにならない患者さんを助けることができます。

「せっかく治療を受けるのなら、やれることは何だってやって病気を治していただきたい。」

私たちはこんな思いで取り組んでいます。

 

いかがでしたでしょうか?

つらい後遺症を少しでも軽くできるように歯科も様々なケアをしていますのでご安心ください。

オールセラミックの治療を知りたい!

みなさんこんにちは。中里デンタルクリニック.です。すっかり秋になりましたね。

 

先月はたくさんの患者様に自費の被せ物・詰め物を選んでいただき、満足の治療へのお手伝いをさせていただきました。その中でもセラミックの良さをもっと知ってもらいたい!ということで、今回はセラミック治療についてお話しします。

 

金属を使った古い被せ物。黒い変色気になっていませんか?実は経年変化による黒ずみと無縁で耐久性も高いオールセラミッククラウンが普及しています。そもそもなぜ古いクラウン(被せ物)になぜ黒い線が出てくるのでようか?理由は大きく分けて3つに分かれます。

①金属の影響で黒い

歯周病やオーバーブラッシングで歯茎が退縮。そのクラウンと歯茎の隙間から、クラウンの継ぎ目の金属や、金属イオンが溶け出し黒くなった歯が見えてしまいます。

②歯根の変色で黒い

時間とともに神経を取った歯の中のコラーゲンが変色して色が濃くなり、歯周病やオーバーブラッシングで歯茎が退縮した隙間から見えてしまいます。

③クラウンの下に虫歯が!

クラウンの継ぎ目にプラークが溜まり続けると、接合部分にからは歯根から虫歯が入り混みます。クラウンに隠れて広がり、神経をとってあると痛みも出ず発見が遅れがちです。

 

このように例え自費治療である金属フレームにセラミックを焼き付けたメタルボンドクラウンでも、入れた当初は満足していたのに、時間が経つにつれてクラウンと歯根の継ぎ目に黒いラインが見えてきた、という患者さんは案外多いです。しかし現在では、審美性と耐久性を兼ね備えた新素材のオールセラミッククラウンが誕生し、それにつれ、治療のやり替えに積極的な患者さんも増えています。

 

きれいに被せ物を入れるためには前準備として、是非歯周病の改善にも力を入れていただきたいです。歯茎が腫れたり血が出ていると、お口の型取りが正確にできず、患者さんのお口に合う精密なクラウンが作れません。また、クラウンの縁が歯茎の溝の中に隠れるようにセットする際に、ピタっときれいに合わせることができません。そこでまず、歯磨き指導、クリーニングと歯周ポケットの歯石除去で、歯周病を改善しましょう。

 

綺麗に作られたクラウンをセットしたら、綺麗に長持ちさせたいですよね。セルフセアのポイントは歯茎の際の丁寧な歯磨き。というのも、ここにプラークが溜まって歯周病の炎症が進行すると、歯を支える骨が失われ、その分歯茎が痩せてしまいます。するとピタッと合わせてあるクラウンの継ぎ目が見えてしまうのです。本物の歯が生えているかのように、せっかくピタッと合わせてあるのですから、ていねいにケアしてきれいな状態を長く保っていきましょう。

ただし、歯ブラシで毎日ゴシゴシ強く磨いていると、それだけ歯茎が痩せてきてしまうことがあります。そこでおすすめしたいのがタフトブラシです。プラークが溜まりやすく、磨き残しやすい歯茎の溝には、軟らかいタフトブラシを使いましょう。やさしく効率的にお掃除でき、歯周病を予防するだけでなく、歯根へとむし歯が入り込むのを防ぐことができます。なお、噛む力が強いから、食いしばりや歯ぎしりの癖があるかたは、クラウンのチップを防ぎ、クラウンと噛み合わせている歯を傷つけないために、力のコントロールが必須です。歯科医院でマウスガードを作り、必ず就寝前に装着するようにしましょう。

 

セルフケアの他にもうひとつ、私たちがお願いしていることがあります。それは「メインテナンスを受けに今後も定期的に来院してください」ということです。セルフケアというのは意外に難しく、ていねいに続けていても磨き残しはどうしても出るものです。また、歯石が溜まってしまうと、硬くてご自身で取ることはできません。セルフケアでは見逃してしまうこうしたお口の汚れを、プロフェッショナルケアでしっかりと綺麗にするために、定期的に受診していただきたいのです。お口の中を清潔にすることによって、クラウンの周りの歯茎の健康を維持でき、クラウンの美しさを保つことができます。それだけではなく、プロフェッショナルケアを受けてお口全体が健康になれば、治療の繰り返しが止まり、現状のままお口を長く保つことができます。治療が終わったからといって、私たち歯科医師や歯科衛生士との付き合いまで終わらせないでください。今後も一緒に、きれいなクラウンと、お口の健康を守っていきましょう。

 

歯ぎしりから歯を守る!

皆さまこんにちは!

今回のお話は『歯ぎしり』についてです。

 

無意識のうちに歯をギリギリと擦り合わせたり、

強く噛んでしまったりする噛みしめなどの歯ぎしりのことを、『ブラキシズム』といいます。

5〜15%の人が、寝ているときにブラキシズムをしてしまっていると言われています。

 

ここで、簡単にブラキシズムチェックをしてみましょう!

①歯がすり減って光沢(ツヤツヤ)がある

②朝起きると顎が疲れている

③夜よりも朝の方が、知覚過敏が強い

④歯が欠けたり割れたりしやすい

⑤家族に指摘されたことがある

⑥被せ物が壊れやすい

心当たりがあれば、お早めにご相談ください!

 

長年歯ぎしりが繰り返されることで、歯の1番外側の硬いエナメル質がどんどんすり減っていきます。

すると内側の柔らかい象牙質がむき出し状態になり、

しみやすくなったり虫歯のリスクも高まってしまいます。

ひどい時には歯が折れてしまうこともあるそうです。

また、せっかく通って治したはずの被せ物も

ブラキシズムによって壊れてしまうことがあります。

インプラントの金属まで折れてしまう事例もあるようです。

 

歯だけでなく、歯周病が進行する原因の1つになることもあります。

過剰な力が歯の周囲の組織を壊し、歯ぐきを支える歯槽骨が失われてしまうのです。

歯ぎしりがあると、歯周病の治療も回復が遅れてしまうことがあるようです。

 

現在、ブラキシズムの原因は解明されていません。

ただ、「眠りが浅い時に起きる」ということが明らかになっています。

しかし、睡眠時のブラキシズム自体を止める有効な方法はまだ見つかっていません。

そこで重要になるのが次善の策です!

 

そのひとつが、眠りの質を改善すること。

そのためにできることはこちらです!

①いびきの治療をする

②寝酒を止める

③タバコをやめる

④ストレスをなるべく減らす

⑤逆流性食道炎を治す

 

もうひとつが、スプリントの使用で力の被害を最小限に抑えるという方法です。

寝ている間、お口にスプリントをはめることでブラキシズムによって発生する力を

分散させて被害から守ります。

スポーツ用の柔らかいマウスピースとは違って硬めで、

噛み合う面もフラットになっているので力を入れて噛めないようにしてあります。

もし壊れてしまっても、修理は簡単にできますのでまずはご相談ください!

 

睡眠時ブラキシズムの被害を食い止めるために最も重要なのは

患者様本人の気づきです。患者様がブラキシズムを認識し、

納得してくださることが、スプリントを使って確実に被害を

減らす第一歩となります。

 

月別アーカイブ