中里デンタルクリニック.のお知らせ

昔詰めた材料はかけたりしていませんか?

こんにちは!中里デンタルクリニック.です。

暑かった日が過ぎて今は寒くなりましたね。季節の変わり目は体調が崩れやすのでお気をつけください。

 

 

寒い時期になると冷たい風や甘いものがしみる方はいませんか?もしかするとそれは虫歯による痛みか詰めていた材料が欠けてしまっている可能性があります。皆さまはお口の中に詰め物などは入っていませんか。一度見てみるのもいいのかもしれません!銀の詰め物や白いものなどは入ってはいませんか?お口の状態や治療によっては入るものが違う場合がございます。今回は歯科の治療で使われているコンポジットレジン修復についてお話ししていきます。

 

 

白い詰め物の治療で知られるコンポジットレジン修復は、歯科治療において必要不可欠な治療法になっています。患者様にとって嬉しいメリットは、色が目立たないということです。しかもその日のうちに治療が終わります。コンポジットレジンを使う治療では、材料を直接歯に詰めたり盛ったりして修復します。そのため金属やセラミックの詰め物のように、型を取って製作する必要がありません。(ただ、むし歯が大きいと対応できない可能性もあります)

型取り後、装着のために再度来院せずにすみ、白い治療がその場で済むことはコンポジットレジン修復の魅力ですね!

 

 

コンポジットレジンも年数とともに耐久性や丈夫さも急速に進歩を遂げてきました。ただそうとは言っても、修復物はお口の中で毎日機能し、食事のたびに強い力を受け止めています。どんな修復物も時間が経てば消耗しますが、特にコンポジットレジンは、丈夫になったとはいえ樹脂の一種なので、銀歯に使う金銀パラジウム合金のような硬度は持ち合わせてはいません。修復範囲が大きくなればなるほど摩耗しやすく、また強い力がかかるとかけることもあります。

 

 

ことに噛む力による摩耗は、上顎の第一大臼歯の摩耗を1とすると、下あごの第一大臼歯、第二大臼歯ではおよそ5倍ほどになると言われています。下あごの奥歯の詰め物には強い力がかかるため、使って5〜6年も経つと個人差はありますが少しずつ摩耗していきます。それはコンポジットレジン修復の弱点ではありますが、むしろ利点ととらえることもできます。噛み合う天然歯にとっては優しい材料だからです。そして摩耗したり欠けたりした時には治すことも可能です。(状況によっては難しい場合もございます)

 

 

欠けたのか、摩耗したのかわからない方もいらっしゃると思います。そういう方はメンテナンスで定期的に検査をしていくことによって判断することは可能ですので、気になる方は是非定期健診をお勧めします。

 

こんなお薬服用していませんか?

みなさんこんにちは!!今回は特病の薬と歯科治療についてお話していきたいと思います。

みなさんは特病に欠かせない大切な薬が、「歯科治療の邪魔をする時がある」ってご存知でしたか?お口と体の病気は、最近までそれほど「関係がない」と思われがちでした。でも実際にはお口とからだはつながっていて、特病の治療の影響をお口も受けています。そして薬によっては、歯科治療を受ける際に副作用を生んでしまう事があるのです。

 

 

今は超高齢社会です。65歳以上の高齢者が25%を越え、今後10年程で3割を越えると言われています。子供の虫歯が減る中、歯科医院においでになる患者さんの多くは中高年層です。なかでも高齢者の患者さんは人口動態の変化とともに増え続けています。

そしてその多くの方は特病を持ち、他科で処方された薬を常用しています。統計では65歳以上の高齢者の約6割が循環系の問題を抱え、多くの患者さんが血液が詰まらないように血液サラサラの薬を飲んでいるということです。

そんな患者さんの歯を、止血のための配慮無しに抜いてしまったら大変です。血がなかなか止まらず困ったことになってしまいます。

また、骨粗鬆症のお薬を飲んでいる場合ですと、抜歯などの傷をきっかけに、ビスフォスネート製材(BP剤)を継続的に使う患者さんの顎の骨が細菌に感染し壊死してしまう事があります。

糖尿病の患者さんは細菌感染を起こしやすくなっています。抗菌薬を事前にお飲みいただくなど必要な感染対策をしていきますので、歯科医師に必ずお伝えください。血糖値が高すぎると歯科治療を延期せざるを得ないこともあります。血糖値のコントロールをお願いします。

特病のある患者さんの歯科治療は、全身状態の影響を避けては通れません。

そこで抜歯などの大きな治療を減らすためにセルフケアと定期検診で予防していきましょう。自分だけでお口の健康を守ろうとするのではなく、歯が痛くなくても定期的にお口の健康チェックや、クリーニングを受診していただきたいです。お口が清潔になることによって肺炎予防や、血糖値の改善や血栓予防まで体に良い事がたくさんあります。

年齢とともに細菌への抵抗力が低下し、特病もあってリスクの高い患者さんが、病気をコントロールしつつすこやかに暮らしていくには、予防型のお付き合いが重要になります。

 

中里デンタルクリニックでは、その方に合った定期検診のスパンでご案内させていただいております。 このお話を聞いて、そろそろ行こうかな?と思った方は是非ご連絡をお待ちしております。

みなさま、こんにちは!!

中里デンタルクリニックです。少しずつ、肌寒くなってきましたね…。風邪をひかないように、気をつけましょう!!

 

 

今回は、赤ちゃんの小さな歯を守るためのお話です。赤ちゃんの虫歯予防、実際に始めてみると、仕上げ磨きにつまずいたり、歯磨き剤の使い方に迷ったり、理想とのギャップに戸惑いも多いのではないでしょうか!?そこで、乳幼児の発達段階に応じた実践的な予防のコツをお話します。

 

 

赤ちゃんの虫歯予防の3大ポイントは、

①虫歯菌の感染を減らす

生まれてきた赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌はいません。虫歯は、周囲の人からもらったむし歯菌によって起きるのです。成長するなかで誰しも感染はしますが、感染をなるべく少なく抑えていくと、むし歯のコントロールがその後、とてもラクになります。

 

 

②歯磨きで虫歯菌を追い出す

はじめて下の前歯が生えはじめたら、寝かせた姿勢でお口のなかをそっと覗いたり、お口の周りに触れたりして、歯磨きのための口慣らしをはじめましょう!!上の前歯が生えてきたら、仕上げ磨きをはじめます。ママ・パパも小さなお口の歯磨きに慣れていきましょう!!

 

 

③歯をフッ素で丈夫にする

多かれ少なかれ、むし歯菌は赤ちゃんのお口に感染するものです。そこで、フッ素を使って赤ちゃんの歯を固くて丈夫な歯にしてあげましょう!!フッ素には、歯の再石灰化を促進する(溶けかかった歯を補修する)働きもあります。歯が生えたらすぐに使いはじめましょう!!

 

 

上記にて、『むし歯菌は周囲の人から感染する』ことがお分かりいただけたところで、ここで問題発生です!!赤ちゃんに一番近い、ママ・パパのお口は大丈夫なのか?!ということです!!

お口が清潔で穏やかむし歯菌を持っている人から少量もらうのか、それとも凶悪なむし歯菌がいてむし歯で苦労している方から大量にもらうのか、これによって将来むし歯になりにくくなったり、そうでなかったりするのです。

 

むし歯菌の感染源はその約75%が母親、そして15%が父親、そして残りの10%が祖母や保育所の保育士さんだということが分かっています。ただ、先ほどもお話ししたように、むし歯菌は誰もが持つごく一般的な常在菌で、唾液も手やお口の周りなどいろんな所についています。スプーンの共用を避けるなどの必要最低限のことはしっかり守るとしても、徹底的に防ごうとすると、あれをしてはダメ、これをしてもダメと大変な努力が必要になります。それでは子育ての喜びが半減してしまいますし、日常生活にだって支障が出てしまいます。

 

 

ここで提案したいのが、感染源であるママ・パパの口腔環境を改善する『ご両親の口腔ケア』です。つまり、対症療法的に頑張ってストレスを増やすのではなく、お子さんとのスキンシップを心配しないですむように、その原因を改善しましょう。赤ちゃんのむし歯を心配するなら、まずご両親のお口のメインテナンスから!!遠回りのようでいて、いちばん効果が高い方法ですよ!!

どうして?治療後の痛みや違和感

皆さんこんにちは!!中里デンタルクリニックです。

今回は治療後に出ることのある痛みや違和感についてのお話です。

 

「やっと治療が終わった!!」とほっとしたのに痛みや違和感が残って気になったことはありませんか?

歯周病が痛みのないまま進行することはよく知られていますが、実は虫歯は無自覚で進行してしまいます。

硬いエナメル質に穴が開くまでにはだいぶ時間がかかり、その間は全く痛くありません。ついに穴が開いても最初は「ちょっとしみるかな…」程度にしか感じない方がほとんどです。神経が細菌に感染しかけていても気づかずに過ごしてしまうことも多く、痛みを感じた時にはすでに神経を取らなければならない状況になってしまいます。

 

歯科の治療は、小さな詰め物も神経を取る治療も生体を削ったり切ったりする外科的な処置を伴います。早期に発見できず感染が広がれば、その分取り除かなければならない部分も大きくなります。

また、いくら感染した箇所をしっかり殺菌したとしても最終的には感染や取り除いたことによってダメージを受けた組織が回復するのを待たなければなりません。

患者様の辛い症状を一刻も早く改善するために歯科医師が精一杯いい治療をするのは大前提です。しかし、治療が大きくなるほど改善したと実感していただけるまでには多少のタイムラグがあることもご理解いただければと思います。

 

次は項目ごとに痛みや違和感についてご説明していきます。

 

Q.先日削って詰めた歯が時々しみる。歯医者さんに相談したら「様子を見ましょう」とのことだったが、放っておいて平気?

A.削った歯をしっかりと殺菌し、正しいやり方で詰めてもしみるということは少なからずあります。

確かにしみなくするための一番効率的な方法は神経を取ってしまうことです。

しかし、神経を残せる可能性があり、いくらかしみる程度で生活に大きな支障がなければ様子を見ることをおすすめしています。それほど神経は歯にとって大切なものなのです。

歯の寿命は大きな治療をすればするほど短くなっていきます。詰め物や被せ物をして使い続けることはできますが、要である神経を失った歯は健康な歯のように一生涯使い続けることはできません。

「様子を見ましょう」の一言には「これからも私たちが責任をもって経過を診ていきます」「将来にわたってあなたの歯を大切に守っていきたいと思っています」という歯科医師の気持ちが込められていることを知っていただければと思います。

 

Q.治療する前はそこまで痛くなかったのに、神経を取る治療を始めたら猛烈な痛みと腫れが起きた。治療に失敗したの?

A.安心してください!!一時的な炎症で治療が失敗したわけでは全くありません。

実は歯根の治療の専門医でも3%程度の患者さんに起きる偶発的な症状で、残念なことにしっかりとした治療をする歯科医師ほど遭遇しやすく、頭の痛い問題となっています。

感染した神経を取り除き、詰め物をして歯を使い続けるには歯根の先までしっかりと器具を通して掃除する必要があります。そのことは同時に炎症箇所を刺激することになり、器具を通すことによって新鮮な酸素を根の先に送り込むことになります。

根の先で炎症を慢性化させ静かにしていた細菌は、器具の刺激と酸素によって一気に活気づきます。増殖し、膿とガスを出して周囲を圧迫するため激しい痛みと腫れを引き起こすのです。

こうした時は抗生剤を飲んでいただき、治療途中の仮のふたを外して膿を出すなどの応急処置をします。急激な痛みで驚かれるでしょうが、しっかりと対応いたしますので安心してください。

 

いかがでしたでしょうか?急な痛みで心配になることもあると思いますが、痛みや違和感の原因を少しでも理解していただければと思います!!

 

月別アーカイブ