中里デンタルクリニック.のお知らせ

生え替わりの時期の歯を守る!

みなさんこんにちは。中里デンタルクリニック.です。楽しかった夏休みも終わり、お子さんたちは新学期を迎えましたね。今年の夏もたくさんのお子さんたちが夏休みを利用して、当院に定期検診に来てくださいました。今回はそんなお子さんの歯並び・むし歯についてお話ししたいと思います。

 

乳歯から永久歯に生え変わる時期は実はお子さんのお口の健康にとって大変リスクの大きな時期です。

 

生えたての歯は軟らかくむし歯菌の出す酸に弱い上、生えかけの奥歯はかみ合わせの面が引っ込んでいます。グラグラする歯の周りには隙間ができ、プラークが溜まりやすく、歯茎はデリケートで歯磨きがとても難しくなります。生えたての永久歯をむし歯にしてしまうお子さんは珍しくありません。生えたばかりの奥歯には、深い溝があり、歯ブラシはどうしても届きません。混合歯列期ならではのリスクの高い場所にはシーラント、フロス、フッ素を積極的に使い上手に乗り切っていきましょう。ただし、困難なこの大変動期を超えれば、歯は徐々に硬く丈夫になっていきます。歯が生え揃えば、歯みがきもグッと楽になります。

 

また、この時期は、歯並びの問題も表面化しやすく、ご家庭だけではお子さんの歯の健康を管理するのはとても大変です。たとえば歯が大きい割に顎が小さく、歯が生えるスペースが足りないと、歯は混み合ってガタガタになってしまいます。乳歯列は、2歳半から3歳くらいで完成し、きれいに並びます。その後、5歳くらいになると、からだの成長とともに顎が大きく育ちます。すると乳歯の歯と歯の間の隙間ができてきます。歯と歯の間に隙間が空いた小学校入学前後の子ども達は、ちょっとユーモラスな独特の愛嬌がありますね。この隙間について「すきっぱになった」と心配する親御さんもおられますが、むしろ5歳前後では、隙間があるほうが正常な状態です。実はこの歯の隙間は、大きな永久歯が生えてきたときに、きれいに並ぶための大切なスペースになります。顎がしっかりと発育したお子さんには、このスペースがしっかりと確保されます。ところが近頃は、このスペースの備えのないまま、永久歯が生え替わる時期に突入するお子さんが目立ちます。歯の生え替わりはお子さんによって個性があり、早い遅いはまちまちです。生え替わりが早く進むお子さんもいれば、じっくりゆっくり進むお子さんもいます。永久歯への生え替わりがゆっくりだと心配かもしれませんが、実はゆっくりと生え替わっていくお子さんの方が、顎の成長する時間が長く確保でき、よい歯並びのためには有利です。

 

永久歯をむし歯から守り、歯並びの悪化を防ぐための対策を打つなら、6歳頃から始まる混合歯列期をどう過ごすかが重要になってきます。つまり、メインテナンスの開始時期は、とても大事です。できれば混合歯列期に突入する少し前の3〜4歳から、定期的なメインテナンスをはじめていただきたいと思います。歯科医院の手を借りて少しやり方を変えれば、むし歯のリスクコントロールを行うことができます。もし乳歯にむし歯ができても混合歯列期が始まるまでに口腔環境を完全できれば、生え替わった永久歯をむし歯ゼロで守っていくことも、十分可能です。乳歯列のころからお子さんの成長過程を見守らせていただくメリットは、ほかにもあります。お子さんの歯並びが将来大丈夫なのか、あるいは悪くなる兆候があるのか専門的な目で診て、問題がおき始める前に診断することができるからです。悪化が予測される場合は、成長過程を見ながらタイミングを見計らって咬合育成を開始でき、一生に一度のこの時期を、歯並びの悪化を防ぐために切り札にすることができるのです。

 

お子さんの成長は待ったなし。日頃から見守っていないと、せっかくのチャンスを逃してしまうケースも少なくありません。お子さんに「歯で苦労しない人生」をプレゼントしてあげましょう。

いろいろな口内炎

こんにちは!

お盆休みはゆっくりできましたでしょうか?

夏休み中の皆さんは、宿題進んでいますか?

丸付け部隊のお父さんお母さんも頑張ってください!

 

さて! 皆さんは、口内炎がお口にできて痛かったな

という体験をしたことはありますか?

何度も繰り返したり、なかなか治らなかったりという

方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

今回のお話はその『口内炎』についてです。

見ていきましょう!

 

一般に『口内炎』と呼ばれているものは、

白くて小さくて食事の時に痛むあのできものですよね。

これを、専門的には

「アフタ」といい、たくさんある口内炎のうちの

ほんの一部なのです。『口内炎』と呼ばれるものは

たくさんありますのでいくつか紹介します。

 

【アフタ】

繰り返しできる理由はまだ明らかになっていませんが

可能性としてはビタミンBの不足、鉄分不足、

体力の低下時などですが研究中だそうです。

栄養バランスに気をつけ、疲れを溜めないようにする

事が大切ですが、これ!という予防法が確立されて

いないため炎症を抑えて痛みを和らげる対症療法に

なります。

それでも一番注意して頂きたいのは、アフタが2週間

経っても治らない時にはまず歯科医院で診てもらい、

それでも治らなければ口腔外科で検査を受けるように

してください。

 

【口腔カンジダ症・ヘルペス性口内炎】

カビ、ウイルス、細菌による感染症の代表例です。

白くなったところを綿棒でこするとポロッと

剥がれます。もし剥がれない場合、前ガン症状の

白板症である可能性があります。

唾液の分泌が少ないとカンジダ菌が繁殖しやすく

なりますので入れ歯の方は要注意です!

私たちは元気な時にはこれらの菌たちと平和に

共存しているのですが、免疫が落ちることにより

症状が出てきます。

体力低下の原因を突き止め、しっかりと休んで

ください!

 

【全身症状の一部としての口内炎】

主な例を紹介します。

・アレルギー症状の一部   ・先天性のもの

・貧血など         ・自己免疫疾患

・腸の病気     などです。

 

【切り傷】

不安定な噛み合わせ、歯の被せ物が合わない、

入れ歯、欠けて鋭くなった歯などが原因でできて

しまう事があります。慢性的なキズはガンになり

やすくなるリスクも生じますので、なるべく

キズにならないように気をつけましょう。

 

【ニコチン性口内炎】

タバコをよく吸う方に多く見られます。通常痛みは

なく、たまにしみる程度です。禁煙すると数ヶ月で

改善されるようですが、長年のタバコで重大なダメージ

を与えている場合には、改善の後も粘膜の変化や

ガンの前兆がないか見ていく必要があります。

 

【前ガン病変】

これからガンになる可能性があるものです。通常は

痛みがないため見逃されやすいようです。アフタと

違い、2週間経ってもよくなりません。しこりや

ただれがあるときは検査を受けましょう。

 

 

どれも「お口の中のバイ菌に二次的に感染を起こし

やすい」という理由でそれらは見た目が似ている事が

多いです。粘膜は本来2週間ほどで綺麗に治るはず

ですので、それを過ぎても治らないようであれば

念の為に口腔外科で検査を受けてくださいね!

 

歯の色は何色ですか?

お盆が過ぎて8月も真ん中まで来ましたね。連休は楽しめましたか?

そして夏休みの皆さま宿題は進んでいますでしょうか?夏休みには関係はないのですが、長いお休み中歯を白くするためにホワイトニングを受けた方もいるのではないのでしょうか。そんなホワイトニングについて少しお話をしていきますね!

 

 

皆さまは歯医者でするホワイトニングとご自身で買ったものとでするものと何か違いがあるのかお分かりでしょうか?歯科医院では、ホワイトニングを歯科医療の一環として行ってもいます。虫歯や歯周病、被せ物のある方にも安全で、適切にホワイト人ができるよう診査・診断、前処置をして進めています。

 

 

最近では、ネットで海外のホワイトニング剤を買われている方をよくみます。ただお手軽ゆえに自己流で行ってしまいますとなかなか白くならなかったり、痛みが出てきてしまうこともあります。まず、痛みが出る原因としては虫歯や歯にヒビが入っている、知覚過敏があるなどです。虫歯に関しては、一見しただけではわからない歯と歯の間や、詰め物の下などに隠れて痛みのないまま広がっていることがあります。それを知らずにホワイトニング剤を塗布すると、虫歯に薬剤が入り込み激しくしみたり、最悪の場合は神経まで炎症が広がった歯髄炎になってしまうこともあります。歯の寿命に関わりますので、ホワイトニングは歯科医師の診査・診断を受けて行いましょう!また、歯茎が炎症していると薬剤が炎症に反応し薬剤本来の効果を果たすことができませんのでやはり歯茎の状態を良くしてから行いましょう。

 

 

そして、被せ物・詰め物が入っている方はいらっしゃいませんか?ホワイトニングは、自分の歯を白くすることはできますが、すでに入っている被せ物や詰め物の色まで白く変えることはできません。天然歯だけがホワイトニングされると、被せ物や詰め物の色がむしろ目立ってしまうことがあります。そういうときは天然歯に合わせて被せ物や詰め物を入れ直すことで、調和した口元にすることができますので歯科医院にご相談ください。

 

 

私もよくドラックストアなどに行くと歯磨き粉に「ホワイトニング効果」と書かれているものがたくさんあるのを目にします。ただ日本製の歯磨き粉には、漂白のための薬剤は入っていません。ホワイトニングの効果をうたう製品には、ステイン(表面の汚れ)の除去には優れていますが、歯本来の色を漂白する機能はありません。歯磨きの時にむやみに歯をこするのはやめましょう!エナメル質が薄くなると象牙質が透け、かえって黄色く見えるようにもなりホワイトニングを受ける時に知覚過敏も起こりやすくなります。ホワイトニングに興味のある方は一度近くに歯科医院に訪ねてみるのも良いかと思います。

そのいびき、中里デンタルクリニックで治せるかも!?

皆さんはご家族から「いびきがうるさい」と指摘されたことはありませんか?当院の患者様の中にも、「歯ぎしりはしないけど、いびきはしょっちゅうかきます」とお話ししてくださる方もいらっしゃいます。肥満や年とともに増えてくるいびき。うるさいならまだマシですが、じつはいびきは「ぐっすり眠れない!」と訴える、からだの悲鳴だということを知っていますか?

大きないびきをグッスリ寝ている証拠だと思ったら大間違いです!!慢性的に睡眠が足りてないからだの悲鳴です。

不眠症の全体の中の8割ほどの患者さん睡眠時の無呼吸症候群や低呼吸症候群になんらかの関連があると診断されることがわかっています。

この睡眠症候群は、「いびきをかいて寝ている」と思って聞いていると、突然喉が詰まったような「クッ」とか「カッ」とかいう音がして、そのあと「……」と呼吸が止まります。その後、息苦しそうに大きないびきを再開するという、気道の閉塞が原因の深刻な病気です。

呼吸が苦しく、眠りが浅くなるため、体は休息を必要としているにも関わらず、いくら寝ても休息にはなりません。放っておくと、いのちを縮めてしまうこともある、怖い病気なのです。

また、睡眠時の低呼吸症候群とは、つまり「いびき」のことです。いびきをかくことによって、呼吸がスムーズにできず、低呼吸におちいってしまっている状態をいいます。原因は無呼吸症候群と同じ、気道の閉塞です。低呼吸は無呼吸にくらべて深刻度はいくらかマシですが、慢性的な不眠症におちいって

しまうことには変わりはありません。

「いびきをかいて寝ている」というと、グッスリと眠っているイメージがあり放置しがちですが、現在はその逆。いびきは、眠りの邪魔をするやっかいなものです。

こうした不眠症は、眠れないからといって、いくら眠り薬などを処方してもらっても改善はしません。原因の根本は気道の閉塞、つまり気道が物理的に塞がれてしまうことが問題だからです。

横になったとき、ダラリと気道のほうへ下がってしまう舌や軟口蓋がトラブルのおおもとなら、それをなんとかしないかぎり、改善は望めません。お口の中の治療、といえば歯科治療の領域内ですよね。

というわけで、いびきが引き起こす不眠症の治療は、歯科で受けることができます。ただし、現在の健康保険制度の規定では、治療を保険診療で受けるための診断は医科で受けなければなりません。

もしかしたらと思う方は、一度ご相談ください。

月別アーカイブ