中里デンタルクリニック.のお知らせ

神経だけじゃない!痛みのセンサー

痛みは本来、「からだになにか異常事態が起きているよ」と教えてくれるありがたい警告です。痛みが起きることで、私たちは病気の存在に気づくことができます。そして、痛みを止めるため治療を早く受けなくては、と考えます。逆に痛みの出にくい病気の場合、かなり悪くなるまで気付かずに過ごしてしまうことも多いでしょう。

とはいえ、実際に痛みが起きれば、ありがたいどころか、私たちはたいへん苦しめられます。なかでも歯や、歯の周囲で起きる細菌感染による痛みはたいへんつらいもので、歯科医院には「一刻も早く痛みを止めて欲しい」という切実な悩みをかかえる患者さんがおいでになります。私たち歯科医師は、できるだけ早くその痛みを止めてさしあげたいと、毎日奮闘しています。

「歯の痛み」と聞いて、誰もがまず思い浮かべるのは、歯のなかの神経(歯髄)でしょう。痛みを伝える器官としてよく知られています。大きな虫歯の治療をするときに、「神経を抜いた」とか「神経を取った」などとよく言いますが、これは、細菌に感染して、もはや生き返ることのなくなった歯髄を取り除き、歯のなかをきれいに掃除して殺菌する治療のことです。

当然ながら、歯髄を取れば、歯のなかには痛みを感じる受容器がなくなります。そこで多くの方は「神経を取ったのだから、ピタリと痛みがなくなるはずだ」と考えがちです。また、治療が終わってすぐに違和感が消えないと、「治療が失敗したのでは?」と心配になってしまうかたもおられるかもしれません。

でもじつは、歯の内部だけではなく歯の周りにも、三叉神経につながった神経のネットワークが網の目のように広がっています。歯髄はそうした神経のネットワークのほんの一部にすぎません。歯髄を取り歯の内側の炎症を取り除く治療が成功していても、もしも歯の外側まで細菌感染が及んでいるのなら、その炎症がからだの免疫によって押さえ込まれるのでは、歯の外側にあるセンサーが警告を出し続けます。

歯科の病気の多くには、痛みはつきもの。しかし、その痛みの原因や症状はさまざまで奥が深く、なかには原因が取り除かれても続くような一筋縄ではいかないものもあります。

もっと大切なことは、痛みがひどくなるまで、歯のトラブルを放っておかないことです。治療が終わったら、今後はふだんから定期的に歯科医院のメンテナンスに通いましょう。当院では【痛くなってから受診するのではなく、痛くならないように、虫歯や歯周病を予防し、もし何かあっっても早期発見していこう】と呼びかけています。辛い痛みと今後さよならするために、定期的なメンテナンスに通って、歯の健康を守っていきましょう。

誤嚥…  飲みにくさ  気になりますか?

誤嚥を予防しお元気に!!

飲み込みにくさ、気になりますか⁉︎

 

「近ごろよくむせるようになった」

「飲み込みにくさを感じている」

というかたはおられませんか?飲み込む機能に影響を与える筋力の変化は。じつは、50〜60代からはじまってきます。そこで、元気で歯科医院に通える「今」から肺炎予防のために少しずつ気をつけ、飲み込む機能を維持していきましょう。「むせる力」が働いている今のうちから始めると効果的で、生活のなかで気軽に取り入れられるちょっとしたコツをご紹介します!!

 

 

『むせやすさ』は変化のアラームです!!

◉「むせ」はなぜ起きる?

「むせ」とは、気管に余分なものが入らないように働いている、体の防御機構です。気管に誤って食べ物や飲み物、唾液が入り込みそうになると、反射的に「ゴホン、ゴホン」とむせます。食べ物や唾液と一緒に気管へとばい菌が入らないように、気管から追い出し、守っているのです。私たちは生まれつき、体を守る本能である「むせる力」を持っています。

 

◉「むせやすい」ってどういうこと?

年齢とともに、舌やのどの筋肉が衰えたり、体の筋力が落ちて姿勢が悪くなると、唾液や食べ物、飲み物が気管の方へと入りやすくなります。そのたびに防御機構のむせが起きるので、「近ごろむせやすいな」と感じるようになるのです。

防御機構の働いている、ここまではまだ良いのですが、この状態がもっと進むと、問題が大きくなります。のどの筋力がさらに衰えて、むせる防御機構がうまく働かなくなり、食べ物と一緒にばい菌が気管から肺へスルリと入り込んでしまうのです。これが原因で起きる肺炎が『誤嚥性肺炎』。高齢者が寝たきりになってしまう一因として注目されている、とても怖い病気です。

 

 

大切なのは『のどの筋力』です!!のどボトケ、下がってませんか?

老後を元気に過ごすには、飲み込みの機能をうまく維持することが重要な鍵のひとつであることがわかっています。50〜60代からはじまる体の筋肉の老化。元気な老後のために少しずつ効果的なストレッチやエクササイズを始めましょう。

 

 

丸まった背中がむせの原因に!?

年齢とともに背中が丸くなると食道が圧迫されて飲み込みにくく、むせやすくなってしまいます。背中の丸みは、筋肉の線維が縮んで硬くなり伸ばしにくくなるのげ原因。脚のももの筋肉の衰えが発端となり、ひざから腰、背中、そしてのどへと連鎖的に悪影響を与えてしまうのです。歯科医院に通えるお元気なうちから、良い姿勢を心がけましょう!!

歯根の治療はなぜむずかしい?

みなさん、こんにちは。中里デンタルクリニック.です。気づけば6月に入り少しずつ梅雨に入っていきますね。温度差が激しい日々が続いていますので、体調には気をつけていきましょう!

 

今回は根っこの治療についてお話ししたいと思います。

 

「歯が痛い」とは、そもそもは「歯の内部やその周辺で異常事態が起きている」と感知した神経のアラームが「ON」になっている状態のこと。トラブルの発生を脳に伝え、教えてくれているわけですから、それ自体は悪いものではありません。むしろ、体内で起きている異常を知らせてくれる、ありがたい警報です。ただ、鳴りっぱなしではたまりません。なんとか止まってほしい。そこで必要とされるのが歯根の治療です。

 

技術的には大変細かく困難な治療で、しかも治療結果は患者さんご自身の治癒力や、全身の健康状態にも影響を受けるため、成功するケースばかりではありません。しかし、成功すれば歯を残すことができ、患者さんにとって多大なメリットがあります。困難な理由としては、神経の通る根管を探し当てること。そして、見つけ出した根管は、素直に一筋に伸びているとは限りません。曲がったり、分岐したり、網目状に広がったり、複雑な形をしていることのほうがむしろ多いのです。私たちの用いる器具は、こうした根管の一部にしか届きません。細菌によっては、しつこく強いものもいます。しかしここまでの行程でしっかり殺菌できると、あとは患者様のからだの抵抗力によって治癒へと進んでいくことができるのです。ここで大変重要になってくるのが、患者様の抵抗力です。細菌を可能な限り取り除いた歯を、最終的に治癒に導いていくのは、他でもない患者様ご自身の抵抗力だからです。

 

一度治療しても治りきらなった場合や、クラウンの縁などからあらたにむし歯が入り込み、歯根の内部が再び細菌感染してしまった場合は再治療が必要になります。ところが、最初の歯根の治療と2度目以降では、2度目以降の治療は格段に難易度が上がり、成功率が低くなってしまうこと、ご存知でしたか?というのも、歯の中にはすでにしっかりと詰め物をしてあり、このゴム状の詰め物は細かく枝分かれした根管にも入り込んでいます。隈なく全て取り除く、ということは難しいのです。詰め物の材料自体は、悪さをするものではありません。問題なのは、取りきれない詰め物が栓のようにピタリと塞いでいて、届かせたい場所に殺菌剤を届かせることができないということ。治療にとって非常に不利で、歯内療法の専門医がやっても再治療の成功率は落ちてしまいます。

 

治療を重ねるごとに技術的な難易度が高くなってしまう歯根の治療。神経をとった歯の場合、よほど進行しないと痛みが出ず、発見が遅れがちです。日頃から歯科医院でメインテナンスを受け、早期発見をこころがけていきましょう。

月別アーカイブ