中里デンタルクリニック.のお知らせ

お口の渇くかたご注意!

みなさま、こんにちは!中里デンタルクリニック.です!

早いもので5月もあと少しで終わってしまいますね。気温も上がったり下がったりしてみなさま体調の方はいかがでしょうか?暑くもなると喉が渇いてお口の中に水分が足りなくなりますよね。その中で暑くなくてもお口が乾く方ご注意です!

 

 

お口の中には唾液があります。唾液は通常1日に1リットル弱も分泌されるといいます。「そんなにですものかな」と驚きですが、唾液はそれと意識されずに分泌し続け、みなさまのお口の健康のお役に立っています。

それまで特に意識してこなかった唾液も、いざ減ってしまうといろいろと困ることが起きてきます。年配の女性が電車の中などで、飴を口に入れているのをよく見かけますが、あれはおそらく、唾液の分泌が減っているために口に何か入れて刺激し、唾液の分泌を補って口の渇きを癒しているのでしょう。食べているとき、おしゃべりするとき、口が渇いては、くちびるや舌が動きにくく、大変気になるものです。

 

 

こうした口の渇き感じ始めたかたに珍しくないのが、虫歯が一気に増えることです。唾液がお口に中を洗い流す自浄作用、そして再石灰化の作用が十分に働かなくなっているのです。まして、終始飴を舐めていて、その飴に砂糖がたっぷり入っていたらどうでしょうか?

 

 

熟年層に特に多いのが、歯の根元の虫歯です。歯周病で長くなった歯の根元は象牙質がむき出しで、特に虫歯になりやすい箇所です。こうしたところにワッと虫歯ができてしまうかたがおられます。

どうしても何か舐めるものが必要なら、ノンシュガーの飴やキシリトールタブレットをお勧めします。もっとお勧めなのがノンシュガーのガムです。噛むことで唾液腺が刺激され、唾液の分泌が促進されます。そして普段から意識してよく噛んで食べることと唾液腺のマッサージや舌の運動も効果的です。唾液の虫歯予防効果は、唾液がたっぷり出てこその効果です。「お口が渇きやすいな」と感じたら、なるべく早くかかりつけの歯科医院で、ブラッシング指導を受け、定期検診にも通って、虫歯の予防プログラムを毎日の生活の中に取り入れましょう。これまで唾液が働いて予防してくれていた分を補って、お口の健康を守っていくことが大切です。

 

 

唾液の虫歯予防効果は、たっぷり分泌されてこそのものです!持病のお薬の副作用で唾液が出にくくなることもありますので、そういった方は、副作用の出にくい薬に替えてもらえるか、主治医に相談をしてみましょう。渇きがちなお口のむし歯予防にはプロの助けが必須です!

 

歯科の天敵それはタバコ

皆さんは治療のために歯科医院を受診したとき、あるいはメンテナンスに通っているとき、全医の歯科医師さんから禁煙をすすめられたことはありませんでしたか?また、お口のクリーニングをしているとき、歯科衛生士から歯の裏のヤニを指摘されたことがあるのではないでしょうか?お口の医療を担う歯科のプロたちが、全身の健康を蝕む「タバコ」の問題に、なぜかくも熱心なのかなと思いなんですね?

もちろん、お口の健康は、ひいては全身の健康のためにあるものですから、歯科のプロが患者さんのお口だけでなく、からだのことを心配してもなんの不思議も本来的にはないのです。

ただ、タバコの害をめぐっては、歯科ならではの事情があることも事実。タバコは歯科にとって「天敵」なんです。

たとえば、現在日本人の成人の8割以上になんらかの症状のがあるという歯周病。タバコを吸っている方の場合、免疫機能が十分に働かないため、歯周病菌との戦いに負けやすく、症状の悪化が加速されるのです。

そしてまた、タバコは歯科の治療の「天敵」でもあります。じつはタバコを吸っていると、せっかく治療をしても、炎症が治りにくく傷口もふさがりにくいのです。そのため治療が長引いたり、思うような成果が上がらないなど、治療にたいへん不利なのです。再生治療が必要になることすらあり、すると通院回数も増えてしまいます。

デリケートで高度な治療(再生治療法など)になればなるほど、タバコを吸っているがために治療が不可能なケースが増えてきます。そうした場合、禁煙の努力をお願いすることになります。

歯科治療は、ともにするとその成果をすぐに求められる傾向が強く、タバコの害は歯科医師にとって切実な問題です。なかなか良い結果が出ないために、ときには患者さんとの信頼関係にほころびができてしまうことさえあります。

 

お口の中は、肺の中と違って直接診ることができ、タバコの害が分かりやすい場所です。医科の診療室よりもむしろ、歯科の診療の方が、禁煙誘導、禁煙支援に向いていると思っています。内科に行っても、熱があったりお腹が痛くてはとても話を聞く気にはならないでしょう。でも、歯科医院なら、定期検診や治療で何度か通院しているあいだに、お口のなかを患者さんご自身にも見ていただき、折にふれて禁煙の大切さについてお話しすることもできます。

また、治療のために禁煙が必要になれば、タバコをやめるチャンスをご提供できることになるわけです。

歯科医師や歯科衛生士が、「禁煙できるといいんですけどね」と折にふれてお話しするのには、こんなわけがあるのです。

いかがでしょう。そろそろ皆さんも、禁煙にトライしてみませんか?

『歯科治療中の やさしいごはん』

みなさま、こんにちは!!中里デンタルクリニック.です!!

10連休は、ご旅行などでゆっくり過ごされた方、たくさんいらっしゃったのでは!?

 

 

今回は、『歯科治療中のやさしいごはん』についてです。

「よく噛めば噛むほど、体や脳によい効果がある」というのは、歯やお口が比較的健康な時に限ったお話。よく噛んで食べるのは本来とても大切なことですが、頑張って噛んで鍛えようとすることが、治療の邪魔をしてしまうことも多々あります。

たとえば、歯ぐきを切るような外科処置を受けたときはもちろん(痛くて噛めませんよね)、被せ物の仮歯が入っていたり、入れ歯の調整中etc….には、先を急がず、無理をせず、むしろやわらかいものをソッと食べ、階段的にふつうの硬さへと進めていただくことで、治療経過がスムーズになり、よりよい治療結果がもたらされることも多いのです。

ありがちな影響として、早くから噛んで食べたことで、ふさがりかけた傷口が開いてしまったり、仮歯が割れてしまったり、まだ慣れていない入れ歯で歯ぐきを傷めてしまったりして、結果的に治療が遅れたり、中断を余儀なくされることもあります。

また、インプラント治療では「その日のうちに歯が入る」という手術も最近は増えていますが、手術後のデリケートな時期に遠慮なくどんどん噛んで食べ流と、埋めたばかりのインプラント体に強い力が加わってしまい、インプラント体が骨とうまく結合できずに、せっかくの治療が失敗してしまうことすらあるのです。

 

 

★こんな時はなるべく強く噛まないでください!!

・仮歯が入っている

クラウンやブリッジの仮歯は、治療途中の歯につけられ、必要な時に外して治療しやすいように、仮歯用の弱い接着剤が使われます。また、成形したり削って調整しやすいようにやわらかいレジン(プラスチック)でできています。そのため、仮歯に強い力がかかると取れたり、割れてしまいやすいので注意が必要です。とくに苦手とするのが、スルメ・フランスパン・焼き鳥などの引っ張ってかじる食品。それから、せんべい・飴などの硬いものも避けましょう。ガム・グミ・キャラメル・大福など、歯にくっつく食べ物も仮歯の取れる原因になります。

 

 

・外科治療を受けてしみる&腫れている

外科処置を受けたあと1週間ほどは、噛む力で傷口が開きやすいとき。力を加えると傷の回復も遅くなりがちです。手術がお口の片側だけなら、翌日ぐらいからクタクタに煮たうどんなどを反対側でそっと噛んで。手術範囲の広いかたは、噛まずに食べられるおかゆやスープなどを。生醤油、酸味、香辛料は強烈にしみるので避け、塩分控えめでとろみがあるものが食べやすいでしょう。アルコール類は控えます。1週間ほどで傷口はふさがってきますが、2週間くらいは腫れでいくらか口が開きにくいことも。具が小さく、スプーンで簡単につぶせるやわらかさがおすすめです。

 

 

・新しい入れ歯の調整中

新しい入れ歯に早く慣れようと、まだ調整の終わらないうちから、出来たばかりの入れ歯で無理をしてふつうの食事をするのはやめましょう。12〜週間は、おかゆやスプーンでつぶせる程度のおかずで。やわらかいものからはじめて、『少しずつ慣れる』ということが大切です。一足飛びに頑張りすぎると、歯ぐきを傷つけてしまい、痛みで使い続けられなくなって、調整も慣れることも中断してしまいます。まずはやわらかめのものを食べながら、入れ歯を支える頬の筋肉などの機能の回復を待ち、1ヶ月ほどかけてじっくりと慣れていきましょう。

 

 

・インプラント体が入ってから約2週間

インプラント体の埋入手術から2週間は、インプラント体と骨が結合しはじめる、とくにデリケートな時期。可能な限りそっとしておいきたいものです。現在は、即時荷重インプラントと言って、手術当日に歯も入る治療が増えています。でも、「歯が入ったから」と積極的に噛んで食べていると、噛む力がインプラント体と骨の結合の邪魔をしてしまうことが。「噛んで鍛えよう」「早く慣れよう」などと思わず、少なくとも2週間は慎重に、おかゆやスープなど噛まずに食べられるものからはじめて、クタクタに煮たうどん、舌でつぶせる煮物など、ほとんど噛まずにすむものをとっていただくと良いでしょう。

 

美味しいものを早く食べれるようになるためにも、我慢と辛抱が大切ですね!!

隣接面のケアはなぜ重要?

皆さんこんにちは、中里デンタルクリニック.です。

 

今日は歯と歯の間の隣接面とフロスのことについてお話していきます。

 

歯には、外から見える表側、舌が触っている裏側、そして上下の歯が噛み合うデコボコした噛み合わせ面の他に、隣の歯と接している面があります。この隣り合っている面のことを、私たちは「隣接面」と呼んでいます。簡単に言うと、歯と歯の間になって隠れている面のことです。とくに、奥歯の隣接面の面積は広く、両隣に歯がある奥歯の場合、5面ある歯面のうち2面が隣接面です。でも、隠れていて見えず、触れられない場所なので、その存在は忘れられがちです。

 

歯の表側や裏側は、活発に動く唇、頬の粘膜や舌と擦れることでおのずとある程度プラークが取り除かれます。また、唾液が豊富に流れることで、食べかすが洗い流されます。

一方隣接面は、通常くちびるや舌と接することがなく、狭い歯間には唾液も流れ込みにくいため、自浄作用はほとんど期待できません。また、歯ブラシの毛先が隣接面に隈なく届くとよいのですが、この狭さではなかなかむずかしいのが現実です。そのため隣接部は、汚れが溜まりやすくしかもたいへんお掃除しにくい、むし歯や歯周病の危険地帯です。おまけに、トータルするとけっこうな面積を占めるのです。

 

以上のことからも隣接面のケアが重要だと言うことがお分かりになるかと思います。

では、隣接面をどのようにケアしたらよいのか?そのことについてもお話ししていきます。

 

洋画や海外のテレビドラマを見ていると、日常シーンにフロスが登場することがよくあります。出かける前にフロスをする主人公。生活の中にフロスが定着している様子がうかがえます。

 

ひるがえって日本を見てみると、生活の中にフロスが定着しているとはまだまだ言えないでしょう。小林製薬が「糸ようじ」という絶妙のネーミングで売り出し、テレビコマーシャルでも大々的に宣伝されて以来、その存在は日本でも一般に知られるようになりました。ただ、多くの人がお使いかどうか。残念ですが、まだそこまでの存在にはなっていないのではないかと思います。

 

笑ったときに見える歯の表側、そして舌で触れることのできる裏側、口を開けると見える歯の噛み合わせ面。これらについては、みなさん子供の頃から習慣的に毎日歯ブラシでお掃除をしておられるでしょう。前歯がヤニで茶色くなっていないか鏡を覗いて確かめたり、ときどきは虫歯ができていないかと、噛み合わせ面のデコボコに目を凝らすこともあるでしょう。

 

でも、口を開けても見えず、触れることもできない歯の隣接面はどうでしょう?「ふだんその存在を忘れている」という方も少なくないのではないでしょうか。

 

ところがこの「隣接面」、私たち歯科の専門家から言わせていただくと、歯の健康を維持するためとくにケアしていただきたい「トラブル多発地帯」なのです。というのも、少し前にもご説明したとおり隣接部の汚れは、くちびるや頬の粘膜と擦れて落ちるようなことがまずありません。狭い歯間には唾液がたっぷりとは流れません。こうして自浄作用が弱いため、プラークや食べかすなどの汚れは、溜まったままになりがちです。

 

そのうえ、見えない場所ですので、溜まった汚れに私たちが目で見て気づくということはまずありません。そして歯ブラシの汚れが届きにくいだけに、溜まった汚れがそのまま残りやすいのです。早いうちに取り除けば比較的容易に取り除くことができる汚れも、溜まったまま時間が経つうちにしつこいバイオフィルムとなり、細菌たちの居心地のよい棲み家となって、むし歯や歯周病のトラブルの温床になってしまいます。

 

しかもこの隣接面の面積、トータルすると、みなさんが意識している以上に、歯面全体のなかでも広い範囲を占めているのです。

 

とはいえ、「フロスを使いましょう」とただお伝えするだけでは、「使いこなすのが難しい」「面倒だ」とお困りの方も多いかもしれませんね。

 

そこで歯科医院でのブラッシング指導で、隣接面のお掃除の大切さをお伝えするとともに、よく工夫されていて使いやすい歯科専売のフロスをご紹介し、フロスに慣れていないかたでもラクにケアできる方法もお伝えしたいと思っています。

 

セルフケアにフロスを取り入れると、ケアのクオリティが格段に向上します。無理なく続けれられるようなご提案をさせていただきますので、ぜひ役立ててみてください。

月別アーカイブ