中里デンタルクリニック.のお知らせ

口腔がんを見逃さない!!

みなさんこんにちは。中里デンタルクリニック.です。いよいよ平成が終わり、令和の時代がやってきますね。そして今年は10連休のGWがあります。長期休暇になりますので、体調には気をつけてください。当院も長期休暇に入ります。お休み中もしっかり歯磨きよろしくお願いします!

 

今年大きな話題になった口腔がん。今回はその口腔がんについてお話したいと思います。

 

口腔がんとは、直接見たり触ったりでき、早期に発見しやすいがんです。ところが残念なことに、実際には、発見の遅れる例があとを絶ちません。それはなぜでしょうか。

大きな理由としては、2つ挙げられると思います。一つは「単なる口内炎だろう」と、患者さん自身が自己判断してしまうことがあるということです。粘膜の病気は多様ですので、歯科医師がしっかりと診察し、必要な場合は専門的な検査もして判断しないと、本当のところ、その原因は明らかになりにくいのです。

二つ目は、口腔がんはよほど進行しないと痛くないということです。そのため、できた場所によっては気づくのが遅れたり、口の中に「できもの」を見つけても「痛くないから大丈夫」と放置してしまうかたがおられるのです。

 

「口内炎」と一般に呼ばれているアフタは、食べるときにしみて痛み、とてもつらいものですね。でも、塗り薬を歯科でもらったり、薬局で買ったりしてつけるとわりとすぐに痛みが止まってラクになるのではないでしょうか。薬を塗って1週間もすると、白いポツポツが徐々に消えてくると思います。

一方口腔がんの場合、よほど進行しない限り、その見かけのわりに不思議なほど、通常痛みはありません。そして、口内炎の薬を塗っても、カンジダ用の抗真菌薬を塗っても、ちっとも治りません。「痛くない」「ちっとも治らない」という特徴は、口腔がんを疑う時の重要なヒントになります。

 

口腔がんの形や色には、赤くただれていたり、白く盛り上がっていたり、コブやしこりがあるなどの特徴があります。ただし、その姿は、入れ歯で擦れたり、歯に当たるなど変化しやすく、がんなのか良性腫瘍なのか、あるいは、まだがん化はしていないけれど将来がんになる可能性のある「前がん病変」なのか正確な判断は、視診では不可能です。疑わしいときには、口腔外科でがん治療の専門医による組織検査を受けましょう。

 

ところで皆さんは、お口の粘膜に「できもの」ができたとき、何科を受診しますか?内科を受診しても、よい塗り薬をもらえますし、対症療法は可能でしょう。しかし、もしも歯が粘膜を傷つけていることがトラブルの原因なら、その原因自体を取り除かなければ本当の解決になりません。口腔がんのできる年齢層は幅広く、さまざまな年齢層の患者さんがおられますが、患者さんが増えていく年代は、だいたい65歳くらいからでしょう。そこで少なくとも50歳を超えたら、ぜひ定期的に歯科のメインテナンスを受け、専門家にチェックしてもらって、もしものときに早期がんを見逃さないよう努めましょう。

 

歯科医院なら近くにあるけれど、口腔外科となると、どこにあるのかわからないという場合、まずはお近くの歯科医院にご相談ください。専門治療を行っている口腔外科をご紹介することができます。ふたりに一人ががんに罹るという時代。がんは、誰しも避けては通れない病気です。毎日をほがらかに、健康的過ごすとともに、日頃からお口のなかに興味を持ち、早期発見を心がけていきましょう。

治療の連鎖を断ち切りましょう!

こんにちは。中里デンタルクリニック.です!新年度も始まり、新しいことを始める人も多いのではないでしょうか。暖かくもなって桜が満開になるのが楽しみですね!

 

さて、ここからはお口のお話をしていきたいと思います。皆様はいま歯の治療をしていたり、痛いところはないですか?そういった方は歯医者に通っていることかと思います。ただお口の中が健康な人は歯医者に通うことがないのでしょうか?実は痛くなくても歯医者に行くことは大事になってきます。

 

治療が終わった後、「治療後の経過を定期的に診てケアのお手伝いをさせていただきますので、メンテナンスにおいでくださいね」と説明を受けたことはありませんか?

 

メンテナンスとは、治療が終わって快適になったお口をより長く維持するために行われている、診察と検査、そしてクリーニングがセットになった歯科のケアシステムのことです。定期検診とも言われ、歯が特に悪くなっていなくても、3ヶ月に一度、あるいは半年に一度など、患者さんの症状に合わせた間隔で、歯科医院においでいただきます。

 

このメンテナンスの診察/検査、クリー二ングを行うのは歯科衛生士です。患者様のお口に困ったことが起きていないかを診て、検査し、ホームケアが十分にできているかを確認し、患者様に合ったケア方法をご提案します。こうして衛生面から患者様を支えるとともに、なにか問題があったら、ひどくならないうちに歯科医師にバトンタッチをしてフォローすることができます。お口のトラブル予防と軽減に、定期的なメンテナンスは大きな成果を上げています。

 

なかでもメンテナンスの一環として行なわれるPMTCは、一度その気持ちよさを体感すると「繰り返し受けたい」と希望なさるかたが多く、人気の処置となっています。痛くなくても「メンテナンスのために」と来院したくなるきっかけ作りに、そして質の高いホームケアを続けていただくためのモチベーションアップにと、大いに貢献しています。

 

ところで、ここに「定期的にメンテナンスを受けていた人と、痛いときだけに来院していた人では、10年間で失う歯の本数がどれくらい違うか」を示した興味深い調査結果がありますのでご紹介します。

 

50代、60代は歯の健康の曲がり角です。放っておくといちばん歯を失う年代でもあります。痛いときにだけ歯医者に来院していた患者様はなんと10年間で11本近い歯を失うという結果が出ています。口内環境を根本的に改善することなく痛いときにだけ治療を受け、それを繰り返すうちに、多くの歯を失うことになります。だからこそ痛くなくても定期的にメンテナンスに通っていただき、一本でも多くご自身の歯でお食事できるように予防することをお勧めします!

歯茎から出血

みなさんこんにちは!!
4月に入り、新生活がスタートした方もいらっしゃるのではないでしょうか?新生活が始まり慣れない環境や、忙しさから歯磨きが怠っていませんでしょうか ?なかには歯磨きを
すると、血が出てしまうから歯茎を傷めないように、磨かずそっとしておこう・・・。と思っている方もいらっしゃるのではないのでしょうか?
そこで今回は歯磨きをすると血が出てしまう原因をお伝えいたします。
歯磨きで血が出るというのは、ずばり歯周病でしょう。よほど毛先が硬かったり、毛先が鋭角にカットされた粗悪な歯ブラシを使わない限り、歯磨きで健康な歯茎から血が出るということはまずありません。つまり歯茎に炎症が起きている証拠です。

 

炎症が無ければ、歯茎はそんなに簡単に血が出るものではありません。硬い根菜をバリッとかじろうが、肉の固まりを食いちぎろうが、リンゴをガリッと丸かじりしようが、なんてことありません。だから、歯磨きすると出血するというのは「歯周病じゃないかな?」とセルフチェックできる重要ポイントでもあります。
しかし困ったことに、歯磨きすると歯ブラシに血が付くのが気持ち悪いからといって歯磨きを止めてしまう方がいらっしゃいますが、これでは全くの逆効果。ますます血がでやすくなってしまいます。
炎症の原因はプラーク(歯垢)のなかに潜んでいる歯周病菌なのです。プラークはしつこく、殺菌剤の入ったうがい薬を使ったとしても取り除けるものではありません。歯ブラシでこすり取ってきれいにしないと、ますます炎症が進んでしまいます。
たしかに、「歯茎を怪我させないようにしなくては」と思うかもしれませんが、この出血の根本的な原因は、歯ブラシの刺激ではありません。たとえばもし、皮膚の周りが汚れてばい菌が入って腫れていたら、まず汚れを取り除いて炎症を治さなくては!!と思いますよね?汚れをそのままにしておいて「怖いからこのまま触らないようにしておこう」なんて思わないはずです。口の中だってそれと同じです。
若いうちからそんな状態のまま放っておいたら、10年もすると歯周病がますます広がってしまうかもしれません…。また、せっかく通い続け入れた被せ物や入れ歯やインプラントも何らかの症状が出る可能性もあります。
歯ぐきがやせて歯が長くなったり、口臭が強くなったり、歯がぐらついたりしはじめる前に、中里デンタルクリニック.でプラークと歯石を取って、子供の頃に習ったっきり忘れてしまった上手な磨き方を衛生士が伝授いたします。

月別アーカイブ