中里デンタルクリニック.のお知らせ

フッ素の力!!

こんにちは!

中里デンタルクリニック.です。

 

テレビのCMなどでも「フッ素配合」「むし歯予防」とよく耳にしますが、具体的にどんなものなのか、どうしてむし歯を予防に効くのかはっきりと分からないですよね。

今日はそんな「フッ素」についてお話ししていきます。

 

まず、「フッ素」は「天然のミネラル元素」なのです。地中や海中に含まれています。

具体的には、陸地で育つ植物、つまり草花や樹木、野菜や穀物・果物、海に生きる魚や貝・海藻にももちろん含まれています。

そして、そうしたものを食べて育つ動物の体内にも、私たち人間の体内にも含まれています。

つまり、地球上で育まれるあらゆる生き物の中に、あまねく存在しているのです。

 

次に、「フッ素はなぜむし歯予防に効くのか?」についてお話しします。

(ちなみに、「フッ素」は元素名で水や食品中のフッ素は「フッ化物」と呼ばれます。以後「フッ化物」と表現いたします。)

「フッ化物がむし歯予防に効く」というのは、どうしてなのでしょうか。実際に使ってはいても、どんな作用をするのかをご存知の方は少ないかもしれませんね。それでは説明していきましょう。

 

フッ化物は、3つの大切な働きをします。

①適量のフッ化物があると、唾液の中に溶け出したミネラルが菌に取り込まれやすく、歯が修復されるスピードが速くなってその分修復される量も多い。

 

②フッ化物の助けによって修復された歯の結晶は、元の歯の結晶より硬くバージョンアップするので、その分むし歯になりにくい歯になる。

 

③フッ化物には、抗菌作用があり、むし歯菌の働きを抑えるのでむし歯になりにくくなる。

 

つまり、修復する速さも量も増す上、修復した部分がもとの歯よりも丈夫になり、さらにはむし歯菌が活躍しないように邪魔までしてくれるという、すぐれた効果があるのです。

もう少し詳しくお話しすると、歯のエナメル質は、カルシウム、リン酸などが化合してできたハイドロキシアパタイトという結晶でできています。

ところがこの結晶はむし歯菌の出す酸に弱く、唾液の酸性度が増すと唾液のなかに溶け出して(脱灰)、歯の密度が低くなります。このままの状態が続くとむし歯になってしまうのですが、フッ化物はカルシウムとリン酸が歯に戻るように促し(再石灰化)、一緒にフルオロアパタイトという、前よりも安定した硬い結晶になってくれるのです。

 

こうして、フッ化物が一定量、なるべく長い間唾液のなかに存在すると、歯をより早く、より多く再石灰化され、再石灰化された歯は前よりも丈夫になり、むし歯菌が活躍しにくくなるというトリプル効果が持続します。

これが、「フッ化物を使いましょう」といわれる理由です。

 

そのため歯磨きには、フッ化物配合の歯磨き剤をオススメします。

そして、特にお子様は、これから先何十年と長い間使う歯を大事に保っていくために、定期的に歯科医院でフッ素を歯に塗布することをオススメします。

 

 

 

 

 

 

「血液サラサラ」のお薬を飲んでいる患者様へ!!

みなさん、こんにちは!!
中里デンタルクリニックです‼︎

 

卒業のシーズンですね。皆様のお子様やお孫さんのご卒業を、心からお祝い申し上げます。卒業は、新たなスタートでもあります。気持ちよく新学期・今季を迎えられるように、お口の定期検診を受けてみませんか?

 

そんなお子様・お孫さんをお持ちの方々で、「血液サラサラ」の薬を飲んでいる患者様はいらっしゃいませんか?

 

「血液サラサラ」の薬とは、血栓ができやすく、血管がつまりやすい方の血液を、固まりにくくサラサラにする抗血栓薬のことです。高血圧や高脂血症などの生活習慣病や高齢になると進みやすい動脈硬化などの影響で血管に血栓ができると、脳梗塞、心筋梗塞、心不全などの重篤な病気を発症しかねません。血管を詰まらせないためには、薬を欠かさずに飲むことが肝心。現在日本で認可されている抗血栓薬は、代表的なものだけで数十種類。大変多くのかたに飲まれているポピュラーな薬です。

 

抗血栓薬を飲んでいる患者様の血液は、サラサラで止まりにくいという特徴があります。そのため、「抜歯を安全に進めるためには一定期間服用を休まざるを得ない」と、歯科でも医科でも考えられていました。「残せないほど悪くなっている歯を、抜いて治療できない」という状況ほど、つらいものはないと思います。腫れていたりうずいていたりしていては、食事もままならないでしょう。炎症がさらに広がってしまう前に、しっかりと治療したいですね。でも、もしも休薬のために血栓ができてしまったら?!
そこで近年では、適切な検査を行って休薬せずに抜歯し、歯科と医科と連携で、安心・安全な治療が可能になっています。

 

血栓とは呼んで字のごとく、血管を栓のようにふさいで詰まらせてしまう血のかたまりのこと。血液には本来「固まる」という大切な働きがありますが、血管のなかに血液のかたまりができてしまうと血管が詰まり、さまざまな障害ができてしまいます。
血栓ができるきっかけは、高血圧やドロドロした血液によってできる血管のキズ。傷ついたところには血液が集まり、その中にある血小板が止血のために働きます。するとその場所には、かさぶたのように血栓ができて血管が狭くなってしまいます。コレステロールや脂肪の多いドロドロの血液だと、流れにくいためますます血管が詰まりやすく、脳梗塞や心筋梗塞などの原因になってしまうのです。そこで、血管を詰まりにくくするための治療と予防に大活躍しているのが抗血栓薬です。すぐれた効果を発揮するのですが、一方で困った問題も起こします。というのは、サラサラと流れやすくなったり血小板が働きにくくなる分、当然ながら血液の重要な働きである「固まる」力が弱まって血が止まりにくくなってしまうのです。

 

そこで「血液サラサラ」のみならずお薬を服用されている患者様にお願いしたいのが、歯科医院においでになった際の問診票の記入です。必ず持病とその治療歴、服用している薬などについてご記入をお願いいたします。歯科医師が問診の際にもお尋ねしますので、なるべく詳しくお話しください。服用中のお薬を来院時に持参いただくのもたいへん助かります。歯科治療に影響を与える薬がいくつもありますので、安心・安全な歯科治療のため、ぜひご協力をお願いします。

ストップ ザ 歯周病!

こんにちは、中里デンタルクリニック.です。

暖かくなったと思いましたら、また雪が降ってしまいました。春先の雪は重く、雪かきに大変苦労されることと思いますが、春はもうすぐそこですので頑張っていきましょう!

今日は歯周病についてお話ししていきます。

皆さんは歯周病が細菌による感染症だということをご存知でしょうか?
歯周病の原因は、歯にベッタリと付くプラーク(細菌の塊で歯垢ともいう)です。
その中に潜む歯周病菌が引き起こす炎症によって歯を支える歯周組織が破壊され、最終的には歯が抜けてしまうという怖い病気なのです。また、一旦破壊されてしまうと回復させるのが難しい点でも、大変やっかいです。

歯周病が普通の感染症と違うのは、病気の原因菌が普段から私たちの口の中にいる常在菌だということ。お母さんの産道を通って生まれて来る時に感染するのではないかと言われていて、私たちと歯周病菌の付き合いは、生まれると同時にはじまっているのかもしれません。ただし、感染したからといってすぐに歯周病菌になるわけではありません。常在菌である歯周病菌と人間は、本来、平和に共存しているのです。

しかし、歯磨きをサボったり、磨き方が雑だったりして、プラークが蓄積し熟成するにつれて、歯周病菌は口の中で猛烈に増殖します。すると、それまで保たれていた共生バランスが崩れ、炎症が起きます。これが歯周病の始まりです。

歯周病の進行を止めるには、とにかく歯周病菌を徹底的に追い出すこと。空気にあたると死んでしまう嫌気性細菌である歯周病菌は、歯周ポケットの奥深くや軽石状の歯石の中が大好き。温かで空気のない恵まれた環境の中に潜んでいます。
そこで、歯周病菌を減らすには、歯面だけでなく、歯周ポケットのなかおスケーリング&ルートプレーニング(SRP)でしっかりと掃除します。それでも取れなければ、歯茎を切り開いてデブライドメント(プラークや歯石、汚染された組織の除去)をします。

歯面のプラーク除去ももちろん重要で、歯科医院のプロフェッショナル・クリーニングであるPMTC、そして患者さんご自身のの丁寧な歯磨きで歯周病菌を徹底的に減らします。毎日の歯磨きも、歯周病菌を減らすための立派な「治療」なのです。

歯科の実態調査で、日本人の約8割になんらかの歯周病の症状があることがわかっています。あなたにとっても人ごとではないはず。痛くないからと放置せず、病状が悪化する前に歯周病の治療を始めましょう。

月別アーカイブ