中里デンタルクリニック.のお知らせ

いまだから知りたい!歯科のエックス線

皆さんこんちには!中里デンタルクリニック.です!
今日はレントゲンについてお話ししていきますね。皆さんは歯医者さんでレントゲン写真を撮ったことがありますか?目で見るだけではわからない病巣の検査と診断に、そして治療計画の立案に、治療後の経過観察にと、歯科治療のあらゆる場面で用いられています。

歯科の病気は、患者さんから症状をお聞きし、お口のなかを覗くだけで発見できると思われがちなのですが、実は、問診と視診だけで病状の全体像を把握できるケースはほんの一握りです。実際、エックス線写真を撮ってみないとわからないことも多く、正確な診断を下し、余分な侵襲を避けて、できるだけ小さな治療で治すには、エックス線検査は必須の検査方法になっています。

歯科で用いられるエックス線写真には大きく3つあります。
一つ目は、デンタルエックス線写真です。小さなフィルムを使い、1回の撮影で3〜4歯を撮影することができます。シャープな画像が持ち味で、部分的に詳しく診る際に用いられています。小さな歯の中に隠れた虫歯、細くて複雑に分岐した根管、歯槽骨の減り具合や骨密度の様子、歯茎の奥に溜まった歯石まで写し出し、歯とその周囲という微細な部分を扱う歯科にとっては、欠くことのできない検査方法です。
二つ目は、パノラマエックス線写真です。患者様の歯や歯の周りの歯槽骨だけでなく、顎の骨格から顎関節、上顎洞などを含めたお口周辺までを1枚の写真に写し出したものです。お口がどのような状態なのかを一望できることによって、患者様のお口の状態や病態を総合的に把握することができます。デンタルエックス線写真と組み合わせて用いることもあり、気づきにくく放置されがちなお口の病気も、見落とすことなく診断することができます。
三つ目は、CTです。限られた部分に放射線を照射しスキャンする装置で、患者様の顎を立体的に写し出し、立体画像や、あらゆる角度から断層写真を見ることができます。3次元的な画像のおかげで、歯や歯槽骨から顎の骨格や神経、血管、腫瘍などの形と位置などをより正確に、容易に知ることができます。

エックス線写真はいま緊急に治療するべき状態なのか、あるいは、いまのところは介入をせず経過観察していくべきなのかなど、将来のお口を予測しながら検討することができます。そして、治療後の経過観察にも役立っています。治療した歯がよい状態のまま維持されているのかどうかを確認するために、メインテナンスに定期的においでいただいた際に、必要に応じて撮影させていただきます。こうすることで、患者様のお口の健康をしっかりと見守っていくことができるのです。

インプラントを可能にする骨造成術

こんにちは!中里デンタルクリニック.です。
先日はバレンタインデーでしたが、皆さんはチョコレートを食べた後、しっかり歯磨きしましたか??
当院でも、スタッフから院長にチョコレートが贈られました♪

さて今回は『インプラントを可能にする骨造成術』というテーマでお話していきますね。

まず「インプラント」とは、歯を失った場所に歯をつくるために、人工の歯根を歯槽骨に
埋め込む治療のことです。
そのため、インプラントを支える『歯槽骨』が十分に存在していなければ、
インプラント治療を受けることができません。

歯槽骨が足りないとはどういうことでしょうか?原因として多く挙げられるのは、
① 歯周病や歯根部にできた病巣を放置してしまい、炎症が起きて歯槽骨が溶け出した
② 噛む力が強くて歯槽骨が溶け出した
③ 外傷で失った
④ もともと歯槽骨が少ない部位である           …ということです。

でもご安心ください!インプラントにしたいのに歯槽骨が足りないと診断されてしまった患者様のために、
現在は「ご自身の骨や人工骨を用いて歯槽骨を増やす手術」が行われています。それが『骨造成術』です。
骨造成術の中でも代表的なのが、「GBR法」です。その手順は、
① 歯槽骨が足りずに露出してしまった人工歯根(インプラントの柱)の表面に人工骨or自家骨を置く。
② 置いたところを人工膜で覆い、歯茎で閉じる。
③ 半年後に人工膜を取り除く。
その他にも、サイナスリフトやソケットリフトなどの方法があります。
患者様のお口やインプラントを入れたい部位など様々な条件をみて、最適な方法で行われることになります。
そのためには、CT撮影などでの診断が欠かせませんね。
当院にもCT撮影装置やレントゲン撮影装置がありますので、まずはご相談ください!

『骨造成術』を受けた後の注意点は??
① 毎日丁寧に歯磨きをしてお口の清潔を保ちましょう。
② 歯科医院で定期的にメンテナンスを受けて、噛み合わせや骨の状態をチェックしてもらいましょう。
③ 骨造成術やインプラント治療の術後に歯茎の腫れや違和感があるときは、すぐに歯科医院に連絡し受診しましょう。
  たとえ違和感程度であっても、症状があることは危険なサインの可能性があります。必ずご相談ください。

インプラント治療に終診はありません。インプラントを良い状態で維持するため、
患者様と歯科医院の新しいお付き合いがはじまります。
おいしく快適に食事ができるお口を、二人三脚で末永く守っていきましょう!

電動歯ブラシを上手に使うには?!

こんにちは。中里デンタルクリニック.です!
最近は雪も降ってきて寒くなってきていますね。皆さま体調崩されてはいませんか?歯の具合はいかがですか?
今日は電動歯ブラシについてお話ししていきますね。

 
 現在、様々な機種の電動歯ブラシが販売されています。どれもとても魅力的に見えますから、何を選べばよいのか迷われるのも無理はないと思います。どれが合うのか、使い勝手はどうなのかなどをひとりで判断するのは大変ですよね。決して安い買い物とは言えませんし、できれば長く使えるものを選びたいものです。
 

 電動歯ブラシは、残念ながら、買って使いさえすればお口の中が綺麗になるわけではありません。効率がいいだけに歯に当たっていれば、手用歯ブラシでは時間のかかるツルツル感を短時間で味わえますが、万遍なく当たっていなければ、手用歯ブラシ同様、みがき残しができてしまいます。毎日同じようなところをみがき残してしまうと、虫歯や歯周病の原因にもなります。また、間違った使い方をして、歯茎などを傷めてしまっても困りますよね。つまり、使いこなせるかがとても大切になります!
 

 電動歯ブラシこそ、単なる家電製品として購入なさるのではなく、歯科医院でご相談していただき、適切な使い方の指導を受けてお使いいただきたいと考えています。
 電動歯ブラシは、使いこなせばとても効率のよい便利な道具です。そこで、定期的なメンテナンスにおいでいただく際に、きれいにみがけているかどうかのチェックや、歯みがきのサポートをさせていただきたいと思います。みがき残しがあるなら、なぜそこがみがき残しになったのかを知っていただくことで、ブラッシングのテクニックがグッとステップアップします。

 また、忙しい朝や昼には電動歯ブラシで手っ取り早く爽快感を味わっているものの、細部のケアがいまひとつというかたなら、夜は手用歯ブラシを使い、昼間はなかなかできないじっくりみがきで歯間や奥歯のミゾをケアするなど、歯ブラシの使い分けをご提案することもできます。みがき残しを減らすには歯の面に沿って、グルリと1周していくといいです。歯間や、歯と歯ぐきの境目、奥歯のデコボコなどは汚れが溜まりやすいので、特に気を配ってケアしていきたいところです。
 『うまく使いこなせなくて』と、しばらく使った後洗面台の扉の奥にしまいこんだまま、なんていうもったいないこともなくなることでしょう。

 歯科専売の高機能電動歯ブラシは、歯みがきを快適に、楽しく続けていくためのひとつのルーツです。お使いになりたいかたは、当院まで予約していただき、お気軽にご相談いただきたいと思います。お待ちしております。

歯周病のせいで糖尿病が悪化!?

Q…糖尿病だと歯周病になりやすいだけでなく、逆に、歯周病で糖尿病が悪くなるというのは本当ですか?
A…まだナゾも多いのですが、近年の研究では歯周病になると血糖値のコントロールの邪魔をする毒素がでることが分かってきました。どうやら歯周病と糖尿病は悪さをし合っているようです。

糖尿病と歯周病はとても密接な関係にあり、歯周病は糖尿病の合併症の一つでもあるのです。
ところが最近になって、糖尿病と歯周病には、さらに深い関係があることが徐々にわかってきています。まだ完全に解明されたわけではなく、ナゾも多いのですが、どうやら「歯周病になると糖尿病が悪くなる」という、関係についても明らかになっています。
歯周病菌が免疫機能と戦って死んだ死骸からは「内毒素」という毒素がでます。
その毒素が血液中に入って血糖値を悪化させているのではないか、というのです。血液中の毒素は、内臓脂肪や肝臓を刺激して「TNF-α(腫瘍壊死因子)」という物質を産生させます。このTNF-αは、インスリンの働きを鈍らせ、細胞がブドウ糖を取り込んで消費する邪魔をしてしますのです。この結果、ブドウ糖が血液のなかに余ってしまい、血糖値が上がります。つまり、歯周病にかかると、血糖値のコントロールが難しくなり、糖尿病を悪化させている可能性があるのではないか、というのです。実際に歯周病を患っている糖尿病の患者さんが歯周病の治療をしたら「血糖値が下がった」という研究結果も報告されています。
じつは、歯周病や、歯周病菌の出す毒素が、私たちの観光に甚大な悪影響を与えているのではないか、という研究結果は、これまでにも多く報告されています。糖尿病に関わらず、心筋梗塞、動脈硬化、肺炎、低体重児出産など、さまざまな全身疾患との関係が取りざたされているのです。
歯周病は、炎症の起きた歯茎から血液の中に入り、血液の流れに乗って全身を巡り、私たちのからだに悪さをしているのではないかと考えられています。歯周病が私たちの健康を損ねるばかりか、命に関わる全身疾患を悪化させるとしたら・・・・・・。
治療をしないで放っておくと、歯周ポケットはどんどん深くなり、細菌の生産工場のようになってしまいます。歯周ポケットができてしまうと、歯ブラシの毛先は、残念ながらその奥にはほとんど届きません。その為にプロの技術が必ず必要になるのです。
ぜひ当院でプラークや歯石をしっかりと取り除いて治療して、歯と歯茎と体の健康を取り戻しましょう。

月別アーカイブ