中里デンタルクリニック.のお知らせ

お薬手帳は大事!

皆さん、こんにちは。中里デンタルクリニック.です。

 

今日は、「お薬手帳」についてお話していきます。

突然ですが、皆さんの中で病院や薬局に行くときはお薬手帳を持っていくけれど、「歯科医院ではいらないだろう」を思っている方はいませんか?

実は、歯科もお薬手帳をお持ちいただけるととても助かるのです。

 

からだやお口の中のことは、別物と思われがちです。

しかし実際には、患者さんの持病や持病の治療薬が歯科に与える影響はたいへん大きいのです。たとえば、血液サラサラの薬を飲んでいる患者さんが、それを歯科に知らせず抜歯を受けたら血が止まらず大変です。

そのため歯科では、治療を安全に行うためにも、患者さんの持病や服用しているお薬について、できるだけ正確な情報がほしいと切実に思っています。

 

ただ、そうは言っても、正確に申告していただくことは容易ではありません。

病院を掛け持ちし、いろいろなお薬を飲んでいる方も珍しくなく、受けている治療をご自分ですべて把握しておられるとは限りません。

 

そういう時に頼りになるのが「お薬手帳」。

少なくとも、医科で治療中の方に関しては、受けている治療、飲んでいるお薬が歯科医師に正確に伝わります。患者さんに配慮して治療ができますし、大事な注意事項もあらかじめお伝えできます。

 

たくさんある持病の中でも、今回は「糖尿病」と「高血圧」を中心に、歯科治療への影響についてお話していきます。というのも、このふたつは血栓症、動脈硬化、腎不全などの合併症が起こるきっかけとなる病気で、さまざまな病気に関係しているからです。

それぞれの病気が、「歯科治療にどう影響するのか」「何に注意すればよいか」について知り、歯科で治療を受ける際にぜひお役立てください。

 

「糖尿病が及ぼす影響と注意点」

⑴歯周病になりやすい

炎症が起きやすく、治りにくいという傾向があります。定期的にメインテナンスを受け、歯周病から歯を守りましょう。

 

⑵傷が治りにくく、感染しやすい

手術後の傷が治りにくく感染しやすいです。抗生物質などは歯科の指示通りに飲みましょう。

 

⑶低血糖発作を起こすことがある

抜歯前などに、「気分が悪くなるといけないから」と食事を抜く方が時々います。しかし、糖尿病は血糖値を自分でコントロールできなくなる病気。食事をとって、飲み薬やインスリンなどで血糖値のコントロールをして体調を整えて、治療にのぞみましょう。

 

「高血圧が及ぼす影響と注意点」

⑴出血しやすい傾向がある

血圧のコントロールがされていないと、クリーニングしたり、抜歯などの外科処置を行ったりした時に、出血しやすい傾向があります。止血処置を念入りに行いますのでご安心ください。

 

⑵血圧が上昇しやすい

治療中に血圧が急上昇してめまいやふらつきが起きては危険です。休薬をせずに、血圧を十分にコントロールして受診しましょう。当院でも、事前に血圧を測ってから治療に入るようにしています。

 

⑶歯茎の炎症が起きやすい

血管を広げるお薬のカルシウム拮抗薬による副作用(歯茎の膨張)は、口の中に歯垢がたっぷりある方に起きやすいです。日頃から丁寧に歯磨きをして清潔を保ちましょう。

 

今回は、二つの病気についてのお話でしたが、この他にも気をつけなければならない持病、お薬、症状などがたくさんあります。

初診時にお薬手帳を見せたとしても、歯科への通院中に持病のお薬が変わったり、増えたりすることも少なからずあるでしょう。

そうしたときの強い味方になるのが、「お薬手帳」です!

歯科で治療を受ける際には、ぜひ保険証とお薬手帳をセットで受付に見せるように、ご協力をお願いいたします。

スポーツ外傷への対処法って対処法って?!

こんにちは!!中里デンタルクリニック.です。

噛む力と運動能力の関係を科学的に研究しているのが『スポーツ歯学』という分野です。じつは近年の研究結果で、歯の健康や噛み合わせが体のバランスや筋力、動体視力などの運動能力に深く関わることがわかってきました。お子様のパフォーマンスがアップする歯学のスポーツ・サイエンスをご紹介します。

 

スポーツデンティストって知っていますか?
知らない方も多いと思います。それでは、「スポーツドクター」という言葉からは、どんな仕事を想像されるでしょうか?
プロ野球の選手が故障した時に、アメリカの高名なスポーツドクターの元に渡って手術を受けた後、苦しいリハビリの期間を経て現役に復帰したという話がよくテレビでも取り上げられているので、ご存知の方が多いかもしれません。
「スポーツドクター」とは、スポーツでケガをした選手の治療はもちろん、ケガから復帰するためのリハビリの指導をしたり、あるいはケガをしないための日常の健康管理の指導、さらには練習メニューに助言などを行う医師のことで、幅広い知識を求められます。

 

同じように「スポーツデンティスト」も、歯や口の周囲にケガをした選手の応急処置、治療、そしてスポーツ選手が歯と口を健康に保つための日常の口腔管理と指導、さらにはスポーツによる歯や口の外傷予防のためのマウスガードの提供などが仕事になります。スポーツデンティストとは、選手の健康とよりよいパフォーマンスを口腔内から支える歯科医のことです。
転倒、打撲、殴打などによるスポーツ外傷への対応は、スポーツデンティストの重要な仕事です。歯が脱臼したり抜けたとき、歯の再植がうまくいくかどうかは、ケガから再植処置までの時間と、その間の歯の保存状態にかかっており、現場での適切な対応がカギを握っています。

 

そのため、パフォーマンスを支える大切な歯を守るために、外傷歯の治療やマウスガードによる予防のみならず、外傷を負ったときの応急処置についての、選手・コーチやマネージャーなどへの教育指導も、スポーツデンティストの重要な仕事です。

 

歯の再植を成功させる応急処置とは?!
抜けた歯が元通りにしっかりと再植されるには、あごの骨と歯をつないでいる歯根膜という線維が変質せずに保存されていることがもっとも重要です。歯が抜けると歯根膜は歯の根っこのほぼ真ん中ぐらいでプツッと切れてしまうと言われていますが、それでも変質させずに保存されていれば、歯が抜けてから30分以内なら、再び機能させることが可能で、その再植の成功率は90%以上にもなります。

 

ところが、歯根膜は乾燥に弱い上に、脱落した歯が地面に落ち、歯根膜線維に土や砂などがついてしまった時に30秒以上水洗いしてしまうと、歯根膜の持っている性質が変わってしまい、再植したとしても、再び機能させることは難しくなってしまうのです。歯根膜を守るには、20〜30秒以内の水洗いで土や砂などをサッと取り除き、抜けたもとの場所にそっと戻して歯科医院に連絡し、駆け込むことが肝心です。(戻せない状況下では、脱落した歯を牛乳、もしくは歯の保存液に保存し処置をしてもらうこと)もし、脱落したまま2時間以上も経ってしまった場合は、歯の再植はほぼ不可能となります。素早く適切な処置をすれば、選手の大切な歯を助けることができるのです。

 

スポーツは、安全に行われてはじめて意味をもちます。しかし、プレー中に歯のケガをしてしまったとき、適切な処置ができるかどうかは、選手の将来の健康とパフォーマンスに大きな影響を与えるということをぜひ知っていただきたいと思います。

知覚過敏について

皆さん、こんにちは。中里デンタルクリニック.です。

 

今日は知覚過敏についてお話ししていきます。
知覚過敏とは、外界の刺激から歯を守ってくれているエナメル質(歯の表面)のどこかが失われたり、ヒビ割れたりすることで起こる症状です。

歯ぎしり・くいしばりや噛み合わせの影響で強い力が歯に加わるとエナメル質がタイルのようにポロポロ剥がれます。また、歯磨きの力が強すぎることでエナメル質が削れてしまったり、酸っぱい飲食物で歯が溶けエナメル質が薄くなる場合もあります。

 

そうすることで、エナメル質に守られていた内部の象牙質がむき出しになり刺激を受けると、その刺激が神経にと届いてしまいます。

「キーン」と頭を突き抜けるような鋭い痛みが特徴ですが、いつの間にか痛みが消えてしまうことも少なくありません。
確かに、軽度の知覚過敏は、「放っておいたらいつの間にか治った」というものがほとんどです。
軽度の知覚過敏では、歯に炎症がほとんど起こっていないので、ただ単に象牙質に刺激が加わらなくなれば、ピタリとしみなくなるのです。

 

軽度の知覚過敏の痛みが自然に治るのは、神経への伝達経路になっている象牙細管が、唾液や、血液の成分の沈着、あるいは、正しいブラッシングによって狭くなったりふさがったりするからです。

 

軽度の知覚過敏は自然に治ることもあるため、「知覚過敏は病気ではないから」と安心している方も多いですが、実は歯が壊れかけていたり、痛みがのちに慢性化して病的な痛みに移行することもあるので、油断は禁物です。

 

では、知覚過敏はどのように治療をしていくかお話しします。

まずは、先ほどのように自然に治った場合は経過をみていきますが、症状が改善しない場合は次のような方法があります。

 

⑴歯の表面をコーティングする・・・コーティング剤を塗って象牙細管を塞ぎます。
⑵削れているエナメル質を覆う・・・削れている部分に材料(レジン)を詰めて覆います。
⑶神経をとる・・・歯の中の炎症が重度の場合は神経を取ります。

 

そして、歯ぎしり・くいしばりがある方はその改善、歯磨きの力が強い方は正しい歯磨きの方法を身につけること、そして食生活の見直しも大切です。
また、知覚過敏の痛みだと思っていたら、むし歯や歯周病の痛みだったということもあります。

 

気になる症状がございましたら、お早めに歯科医院を受診しましょう。

歯の変色はなぜ起こる?

皆さん、こんにちは。中里デンタルクリニック.です。

 

今日は歯の変色についてお話ししていきます。

歯の「変色」とは、着色物質が歯の表面につく「着色」とは違い、歯の内部が濃い色に変わることです。神経(歯髄)が死んだり、治療のために神経を取ると、象牙質の変色が起こりやすくなります。これは、歯の血液循環が無くなるためで、特に象牙質にたっぷりと含まれているコラーゲンは、時間が経つにつれて変色し、色が濃くなっていきます。この濃い色が半透明のエナメル質を通して見えるのが歯の「変色」です。このほか、抗菌薬(抗生物質)の副作用や、治療に使った金属の影響で起きるものもあります。

 

ここで、象牙質と神経(歯髄)について、ちょっとお話ししていきます。

 

象牙質の中にはコラーゲンがたっぷりと含まれ、その体積は、象牙質の約4分の1を占めるほどです。神経を失うと血液循環が無くなるため、コラーゲンは古くなり、時間が経つうちに変色して、象牙質の色が濃くなってしまいます。その色がエナメル質に透けて見えているのが「変色歯」です。

 

神経(歯髄)とは、歯への刺激や細菌の侵入に警報を出して、歯の健康を守る大切なセンサーです。神経のなかの血管には、肝臓に匹敵するほどの血流があり、歯に栄養を届けています。神経を失うと、歯はみずみずしさを失います。

 

皆さんは、鏡でご自分の歯を見たときに、虫歯になっていないし、本来なら健康できれいな歯のはずなのに、いつの間にかある歯だけが周りの歯よりも黒っぽく目立ってきてしまうことがあります。治療した歯にこうしたことが起こる場合、原因として考えられる代表的なものが「歯の打撲」です。

 

前歯は特にぶつけやすく、しかも根っこは1本で衝撃に弱いです。

そのため、転んだり、スポーツの試合中に強くぶつけたりしたときに、そのショックで歯の神経が死んでしまうことがあります。

 

ぶつけたときに歯が欠けたりグラグラしたりすれば、緊急に歯科医院で診てもらうでしょうが、ぶつけたときだけの痛みでは、なかなか歯科医院にはかからないでしょう。歯の色が黒く変わってきてはじめて受診して、「神経が死んでいる」と知って驚くかたも少なくありません。

 

こうした神経の死んだ歯を、私たちは「失活歯」と呼んでいます。歯の失活による変色は、失活してすぐに始まるとは限らず、何年もかかって徐々に進むことも多いのが特徴です。では、なぜこんな変色が起こるのでしょうか?

 

神経の中には血液が流れていて、歯に栄養を届けています。意外かもしれませんが、神経の周りにある象牙質には水分やコラーゲンがたっぷりと含まれています。失活すると血液循環が無くなるため、このコラーゲンなどが古くなり変性します。そして時間が経つうちに変色を起こし、象牙質の色が濃くなってしまうのです。その色がエナメル質に透けて見えてしまうのが「変色歯」と呼ばれる状態です。

 

同じような象牙質の変色は、打撲して神経が死んでしまった歯だけでなく、虫歯などの治療のために神経を取り除いた歯にも起こります。やはり血液循環がなくなり、象牙質が変性することが原因です。

 

例えば、神経をとってクラウンを被せた歯の歯茎が下がったときに、クラウンと歯茎の境目あたりが黒っぽく見えてしまうことがあります。これは、失活して変色した歯根が見えるためです。

口元の美しさを損なう変色歯で悩む方は少なくないでしょう。でも、「神経が死んでいるからダメだ」とあきらめず、まずは歯科医院でしっかり検査をしてもらいましょう。そして、改善するための方法がいくつかありますので、ご相談いただきたいと思います。

 

 

月別アーカイブ