中里デンタルクリニック.のお知らせ

子供の歯のケガについて

皆さんこんにちは、中里デンタルクリニック.です。

 

今日はお子さんの歯のケガについてお話ししていきます。

 

お子さんが転んだりして、歯をぶつけて「血が出ている」「痛いと泣いている」という場合、保護者の方は迷いなく歯科を受診されると思いますが、そうではない場合、「出血がない」「痛みがすぐに治まった」という場合は、「たいしたことないのかな?」「歯科医院に連れて行くほどのケガかな?」と迷うこともあるようです。

 

ですが、実はこうしたケースは要注意。血が出ていなくても、歯の根っこ(歯根)や、歯の周りの組織(歯周組織)にダメージが及んでいることがありますし、しばらく時間が経ってから痛みが生じることもあります。

 

また、お子さんが歯をぶつけて乳歯が抜けてしまったときに、「どうせ少ししたら生え替わる乳歯だから、歯科医院に行かなくていいかな」と考える親御さんもたまにいらっしゃるのですが、これは絶対にNGです。

 

というのも、歯が抜けるほどのケガというのは、相当な力が歯と歯周組織にかかっています。そのため、乳歯の奥で成長している永久歯の芽に、そのダメージが及んでいることも多々あるのです。

 

歯の根っこや歯周組織、顎の骨、永久歯の芽といった、見えない部分へのダメージは、X線写真などを用いた専門家による検査が不可欠です。

ですから、出血や痛みがない場合も、ぜひ歯科を受診して、検査を受けてもらえればと思います。速やかに歯科医院を受診していただくと、その分治療がうまくいく可能性も高まります。

 

ここまでのお話で、歯をぶつけたらそのままにしておいてはいけないというお話をさせていただきましたが、では、歯をぶつけたとき、お口の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか?

 

歯をケガしたとき、お口の中では何が起こっているのか、おおまかに言って、ダメージは次の部位に及んでいるおそれがあります。

①歯の表面(歯冠)

②歯の中(神経「歯髄」)

③歯の根っこ(歯根)

④歯の周りの組織(歯ぐき・歯根膜・歯槽骨)

⑤永久歯の芽(永久歯胚)

実際のお子さんのお口で①〜⑤全てが起こることはまれですが、複数の箇所に同時にダメージが及んでいるケースはよくあります。

 

①へのダメージのうち、歯が欠けた、折れた、抜けたといったものは、患者さんの目にも明らかです。しかし、歯の表面や内部に、微細な亀裂が入ってしまっていることもあります。また、それ以外の②〜⑤へのダメージは、歯科医院でエックス線撮影検査をしないことにはわかりません。

 

しかも、こうしたダメージは、ケガをした直後には現れず、何日間、あるいは何週間、何ヶ月と時間が経つにつれ表に出てくるものも多いです。

 

時間をおいて出てくるトラブルを正しく判断するには、歯にケガをした当初から、歯に揺れや痛み、エックス線写真の所見などの変化を時間をかけて比べていくことが必要となります。

 

ですから、お子さんが歯をケガしたら、できるだけ速やかな歯科受診をお願い致します。

歯のケガは、目に見えるものだけが全てではないのです。

妊娠と虫歯の深い関係

みなさん、こんにちは。中里デンタルクリニックです。

 

今日は、妊娠と虫歯の深い関係についてお話ししていきます。

 

「妊娠後に歯が悪くなった」という話を出産経験のある女性から聞いたことはありませんか?実は妊婦さんのお口が虫歯になりやすいというのは本当のことです。

 

ただしその原因は、よく言われる「カルシウムを赤ちゃんに取られてしまうから」ではありません。赤ちゃんを育てるために妊婦さんのからだに起きる変化が大きく関わっています。

 

お口のトラブルを起こしやすくなる変化として、よく指摘されるのが「つわり」です。歯ブラシや歯磨き剤を口に入れるだけで吐き気がしてしまう方もおられ、ていねいな歯磨きが難しくなるからです。

 

味の好みも変わります。甘いもの、酸っぱいものが好きになり、虫歯菌の大好物の砂糖や、歯のカルシウムを溶かす酸性度の強い食べ物(柑橘類など)をとる機会が増えるのです。しかもお腹が大きくなると胃が押され、少しずつしか食べられません。

間食が必須なので、虫歯菌はそのたびエサをもらえて大喜びです。

 

また、妊娠中はホルモンの影響で唾液が減ります。すると、お口の中を洗い流す自浄作用も、歯を修復する再石灰化作用も弱まるのです。

 

普段よりも虫歯になりやすくなる妊婦さんのお口。でもこれは、赤ちゃんのため、自然に起きる変化ですから、虫歯になりやすいからといって止められるものではありません。だからこそ、こういう時は歯科検診を受け、プロのサポートを得て大切な歯を守っていきましょう。

 

それから、歯周病についてもお話ししていきます。

 

なぜ、妊婦さんは歯周病になりやすいのか?その疑問についてもお話ししていきます。

 

子宮やおっぱいを大きくし、胎児が元気に育つように体を変化させる女性ホルモン。歯周病菌の仲間にはこのホルモンを栄養源とするものがいて、女性ホルモンが豊富な妊婦さんの歯ぐきが大好きです。さかんに増殖し活発に活動します。

 

そのため妊娠中は、ふだん歯ぐきが腫れない人も歯周病の初期症状「歯肉炎」になりやすく、歯周病(歯周炎)の方は病状が進行しやすいのです。歯周病の炎症は低体重児出産(早産)と関連するといわれ、赤ちゃんの成長に影響を与えかねません。早期に歯科検診を受けて、歯周病を治療&予防しましょう!

 

歯肉炎になってしまったら、プラーク(歯垢)と歯石をきれいに取れば、1〜2週間で腫れが引き、すっかり元通りに治ります。またセルフケアの指導を受けることも大事です。

出産した後は子育てで忙しく、自分の通院は後回しになり、症状を悪化させてしまいがちです。妊娠したらぜひ歯科検診を受け、悪いところは妊娠中に治してしまいましょう!

もちろん、妊娠する前にきちんと治しておくことはもっと大事ですね!

月別アーカイブ