中里デンタルクリニック.のお知らせ

シーラントと賢く付き合うポイントについて

みなさん、こんにちは。中里デンタルクリニック.です。

 

今日は前回に続いて、シーラントと賢く付き合うポイントについてお話ししていきます。

 

奥歯の溝にシーラントを入れてもらったら、「あとは放ったらかしで大丈夫」とはいきません。

シーラントを入れてもらったら次の3つに気をつけていく必要があります。

 

1、「入れて終わり」ではありません。

 

歯の詰め物を入れた時と同じように、その後の経過を診てもらう必要があります。

シーラントは、噛んでいるうちに一部が剥がれ落ちて、歯の表面との境目にごく微細な段差ができることがあります。この微細な段差は最近のすみかとなり、そのままだとプラークがたまってそこから虫歯になってしまうこともあります。ですから、シーラントを入れたあとは、その後の状態を歯科医院で定期的にチェックしてもらいましょう。剥がれ落ちた部分は、削って段差を無くしたり、シーラントを補充したりします。

定期受診の際に、シーラントを入れた部分も見てもらうのが一番いいと思います。

 

 

2、第二大臼歯にもシーラントを!

 

6歳ごろに第一大臼歯にシーラントを入れてもらってひと安心。しかしそのあとに忘れられがちなのが、第二大臼歯の存在です。

第二大臼歯は、個人差がありますが小学校6年生〜中学校1、2年生の頃に生えてきます。この第二大臼歯にも深い溝があることが多く、シーラントが必要なことがあるのです。

ところが、中学生になると歯科受診が極端に減ります。中学校に入ると部活や塾で忙しくなるからです。この時期を「魔の中学二年生」と呼んでいます。それまで虫歯がなかった子が、中学三年生の夏休みで部活を引退して来院したときに、「あらら、虫歯が!」となってしまうのです。

ぜひこの時期も定期的に受診して、必要なら第二大臼歯にもシーラントを入れてもらってくださいね。

 

 

3、シーラントに過信は禁物!

 

シーラントで奥歯の溝を詰めたから「虫歯予防はもう大丈夫」と思ってしまうのもよくある勘違いです。虫歯は噛み合わせ面にだけできるものではありません。歯と歯のあいだ(隣接面)にできる虫歯も非常に多いです。

シーラントはあくまで「奥歯の溝」に対する予防処置で、歯と歯のあいだには効果がありません。ですから、定期的に歯科を受診してもらって、専門家の目やレントゲン(エックス線撮影)チェックしてもらう必要があります。

シーラントは「予防の万能選手」ではないのです。

歯と歯のあいだの清掃には、デンタルフロスを使うとよろしいでしょう。

 

ここでフッ素とシーラントの最強コンビについてお話ししていきたいと思います。

シーラントは奥歯の溝を塞いで物理的に虫歯を予防するものの、それ以外の部分には効果がありません。一方、歯みがき剤などに含まれるフッ素(フッ化物)は歯の表面全体に効果を及ぼすものの、奥歯の溝の中には届きません。

 

フッ素とシーラント、この2つを併用すると、カバーできない部分を互いに補い合って、予防効果が高まります。

 

18年連続で日本一子ども(12歳児)の虫歯が少ない県(学校保健統計調査より)である新潟県でも、「フッ素洗口とシーラント」を予防の柱としています。フッ素とシーラントの組み合わせは、子供の虫歯予防のベストパートナーと言えるでしょう。

 

シーラントとの付き合い方

みなさん、こんにちは。中里デンタルクリニック.です。

 

今日はシーラントについてお話ししていきます。

みなさん、シーラントってご存知ですか?歯ブラシが届かない奥歯の溝を樹脂などで塞いで虫歯になりにくくする処置です。

お子さんの虫歯予防のために昔からよく使われている処置ですが、「入れてもらいさえすれば、放ったらかしで大丈夫」ではないのです。いまシーラントを入れているお子さんや、これから入れてもらうつもりのお子さん、そして保護者のかたに、シーラントを入れてもらったあとに気をつけてほしいことをご紹介していきます。

 

なぜ奥歯の溝は虫歯になりやすいのでしょうか?

奥歯の溝をよく見てみると、とても複雑な形をしていて食べカスやプラーク(細菌のかたまり)がたまりやすい場所です。人によっては溝がとても深く、どうやっても溝の奥に歯ブラシの毛先が届かないことがあります。

 

入り込んだ食べカスやプラークは、そのままだと虫歯菌の温床になります。そしてさらに悪いことに、お子さんの場合、生えはじめたばかりの歯は歯の質が弱く、虫歯菌の出す酸にとても溶けやすいのです。このため、深い溝がある生えはじめの奥歯は、虫歯になるリスクが非常に高いといえます。

 

そこで、「奥歯の溝をあらかじめ合成樹脂などで埋めて、歯ブラシの毛先が届かない場所に、食べカスや細菌が入り込まないようにしよう」というのがシーラントです。

 

虫歯になったところを削って詰めるレジンなどの詰め物と違い、虫歯になる前から、なりそうなところに詰めます。歯を削らないでできる処置です。

「コクラン・レビュー」という世界的な学術機関の研究発表でも、シーラントの予防効果は認められています。今の子供達に虫歯が減っているのも、ひとつにはこのシーラントのおかげだと思われます。

また、シーラントの材料には、歯の修復を促したり、歯の質を強くするフッ素(フッ化物)が含まれているものもあります。そうしたタイプのシーラントでは、シーラントが唾液に触れると徐々にフッ素が唾液中に放出(リリース)されるほか、歯科医院でフッ素塗布を受けたときに、フッ素がシーラントに再補填(リチャージ)されるものもあります。

 

ここまでシーラントという処置についてや特性についてお話ししてきましたが、シーラントが奥歯の虫歯予防に有効とはいえ、歯科では奥歯に溝があればとにかくシーラントを入れるわけではありません。

 

奥歯の溝の深さだけでなく、他に虫歯があるか、歯みがきはきちんとできているか、食生活はどうかなど、お子さんの虫歯になりやすさを総合的に考えて、シーラントを入れた方がいいかを判断します。

極端に言えば、たとえ溝が深くても歯みがきがしっかりできていてプラークが溝に残らないようなら、シーラントは必要ありません。

 

ちなみに、奥歯の溝が浅くシーラントが必要ないお子さんに、「予防のため安心だから」とあえて入れるのはおすすめできません。というのも、溝が浅いと、詰めたとしても外れやすいのです。詰めたシーラントの一部が剥がれて段差になると、そこにプラークがたまり、逆に虫歯になりやすくなってしまいます。

 

ですから、シーラントを入れるときには歯科医院で歯をよく見てもらい、入れても大丈夫かどうかを判断してもらってから行うと良いでしょう。

 

次回は、シーラントと賢く付き合うポイントや、よくある疑問にもお答えしていきます!

月別アーカイブ